【未解決事件】群馬県赤城神社主婦失踪事件 強姦目的で連れ去りか?

【群馬県赤城神社主婦失踪事件】

 

群馬県赤城神社主婦失踪事件は、1998年(平成10年)に群馬県宮城村で発生した失踪事件である。

1998年5月3日、千葉県白井市に住んでいた主婦の志塚法子さん(当時48歳)が、夫・娘・孫・叔父・叔母・義母と一緒に、群馬県宮城村三夜沢(現在の前橋市三夜沢町)にある赤城神社にツツジ見物に訪れた。

この日は、あいにくの雨だったため、夫と叔父以外は駐車場に停めてある車で待つ事になった。

しかし、しばらくして法子さんは「折角だから賽銭をあげてくる」と財布から賽銭用の金を101円だけ取り出し、1人で神社への参道を登っていった。

その時の法子さんの格好は、ピンクのシャツに黒のスカート、赤い傘という目立つ格好だった。

法子さんの娘は、駐車場から100mほど離れた境内とは別方向の場所で佇む法子さんの姿を目にしている。

娘は、境内とは別方向だったため不思議に思ったが、数十秒ほど目を離した間に法子さんの姿は消えていた。

これが家族が見た法子さんの最後の姿となってしまった。

 

戻らない法子さんを心配した家族は辺りを捜したが、見つける事ができなかったため、警察へ通報した。

その後、10日間で延べ100人余りで付近一帯を捜索したが、法子さんを見つける事はできなかった。

参道は山道だがよく整備されており、崖などの危険な場所や道に迷う箇所もなかった。

また、ゴールデンウイーク中で神社には大勢の人が訪れていたが、不審な人物や物音を聞いた人はいなかった。

群馬県警には20件ほどの情報が寄せられたが、法子さん発見に結び付くような有力な情報はなかった。

 

失踪から7ヶ月後、失踪当時に赤城神社で偶然撮影されたホームビデオが、撮影者によってテレビ局に提供され、そこには何者かに傘を差し出すような法子さんらしき人物が小さく映っていた。

しかし、傘を差し出されていた人物からの申し出などはなかった。

また、失踪後、法子さん宅に無言電話が数回掛かってきており、その局番は大阪と米子だった。

家族は必死に法子さんを捜し、テレビ番組にも出演したが、法子さんを発見する事はできなかった。

失踪から10年後の2008年には、群馬県警が法子さんの顔写真などを掲載したビラを500枚配り情報提供を呼び掛けたが、同年6月、法律上の死亡扱いとなる失踪宣言がなされた。

 

 

「テレビ番組「奇跡の扉 TVのチカラ」による捜査」

番組では、超能力者ゲイル・セントジョーン氏による透視捜査が行われた。

ゲイル氏は、アメリカで事前に透視を行い、その後、来日して透視捜査を行った。

ゲイル氏は、法子さんが失踪した赤城神社に向かい、「彼女は亡くなっている」と断言した。

 

ゲイル氏の現場での透視

法子さんは娘に目撃された場所で、2人の人と会い、何か会話をしている。

ここを少し下った拝殿に繋がる道で、若い男が法子さんに「手を貸して下さい」と声を掛けた。

この時、男達は木の陰に隠れていて、娘には見えていなかった。

そして、法子さんは手を貸しながら、ここを下りて行き、山に入る道を進んだ。

助けようとして男達に言われるままに行った。

 

そして、ゲイル氏は女性が歩いて行ったという道を歩いている途中で立ち止まり、「混乱している」と言い、「2人の男性、車という声が聞こえるが、車はたぶん彼らの車だと思う、もしここを下りたとして。」というところまで話をし、結局拝殿まで戻って来た。

ゲイル氏は再び感じるがままに山に入って行き、二股の道までたどり着いた。

そして、滝がある場所に行き、「あそこにあるような岩は沢山あるか。」と岩を気にしていた。

ゲイル氏は、何を意味しているかというスタッフの問いに答えず、舗装されたところまで山を下って行った。

駐車場から200mほど離れた場所に出たゲイル氏は、「3人は、山からこの場所に出てきた。そして男達の車があった。」という透視を伝えたが、その後については「そこで終わる。見えなくなる。私が感じていた暗闇を、ここで感じる。」と言い、自分の透視が混乱している事を伝えた。

その理由としてゲイル氏は、「時間差がある。彼女は一度この場所から離れてまた戻っている。そんな感じがする。」と述べた。

ゲイル氏は透視を一時中断し、失踪翌日に目撃情報があった不動大滝の林道へ向かい、「彼女はここに来ていない。」と言った。

その後、「落ちるは水ではない、落ちるという感覚は神社の近くにしか感じない。」と神社付近に注目した。

 

ホテルに戻ってからのゲイル氏の透視

ホテルに戻ったゲイル氏は、透視を行い、次のようなものが見えたと伝えた。

・女性が車に乗る直前に、殴られて連れ去られた姿。

・気を失った女性を車に乗せ、その場を立ち去った。

・腕を縛られている。そして、何か目隠しをされている。

・そして、そのまま男達のアジトへ連れて行かれた。

・殺害目的ではない。金品目的でもない。目的は暴行だ。

・男達に暴行を受けた後、鉄の重りのようなもので頭を殴られた。ここで殺されてはおらず、翌日の夜、神社近くの道路で解放された。

・おそらく女性は、自分が誰なのか分からなくなっていた。そして、森に迷い込んで息絶えてしまった。

・水の流れ。水を感じる。そして崖。

・8分の3マイル以内。普通は、ある場所を中心に半径いくらと透視を行うが、今回は円ではないのかもしれない。

・あのエリアで、他に女性が被害に遭っているはず。彼女がいなくなってから3、4年後。

 

その後、付近で聞き込み調査を行ったところ、22~23年前に72~73歳くらいのおばあさんが引きずり倒され、強姦された事件が22~23年前にあった事が分かった。

2002年7月には、女子高生が連れ去られ、殺害される事件が発生し、犯人は逮捕されたが、本事件との関連性はなかった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です