【衝撃】フィギュア・ソチ五輪銅のデニス・テン、暴漢に襲われ死亡!

2014年に開催されたソチオリンピック大会・男子フィギュアスケートで銅メダルを獲得した、カザフスタンのデニス・テン(25)さんが19日、暴漢に襲われ死亡しました。

カザフスタンの地元アルマトイ市内で、車のミラーを盗もうとしていた2人と揉み合いになり、足を刺され失血死したようです。

ソチオリンピックでは、フリーで圧巻の演技をして、羽生結弦、パトリック・チャンに次ぐ銅メダルを獲得していました。

テンさんは、カザフスタンにフィギュアスケートで初めてメダルをもたらした英雄でした。

近く、記者会見を開き、事件の詳細について説明するようです。

 


【デニス・テン経歴】

 

・デニス・テンの顔写真

デニス・テンの顔写真
出典:THE ANSWER

 

 

 

 

 

 

 

・生年月日:1993年6月13日

・年齢:25歳没

・出身地:カザフスタン・アルマトイ

・身長:168cm

 

5歳でスケートを始める。9歳の時にエレーナ・ブイアノワ(元コーチ)と出会う。

その後、ブイアノワの奨めで、母親と一緒にロシアに移住して、モスクワでブイアノワとタチアナ・タラソワ(元振付師)に本格的な指導を受ける。

2010年~2011年シーズンにコーチをフランク・キャロル(元コーチ)に変えて、モスクワからロサンゼルスに拠点を移した。

2014年、ソチオリンピック(オリンピック初出場)に出場する。

ショートプログラムでは、9位と出遅れたが、フリーで圧巻の演技を披露し、羽生結弦、パトリック・チャンに次ぐ、銅メダルを獲得した。

この銅メダルによって、カザフスタンにフィギュアスケートで初めてメダルをもたらす。

2018年、平昌オリンピックに出場。ショートプログラムで、上位24人に入れず、フリー進出を逃す。

2018年7月19日、カザフスタン・アルマトイで車のミラーを盗もうとしていた2人と揉み合いになり、刺殺される。25歳没。

 


【羽生結弦とのエピソード】

 

2016年、ISU世界フィギュアスケート選手権のショートプログラムを控えた3月30日、羽生結弦の曲をかけた練習中に、デニス・テンがリンク中央でスピンを続け、羽生の練習を妨害する形になってしまった。

それに対し羽生は、「それはねえだろ、お前」と激怒したそうだ。

デニス・テンは故意に妨害したのではないかと言われている。

その後、2人は握手して和解している。

 


【ネットの反応】

 

・衝撃が大きすぎて言葉が出ない。

 

・早すぎる。
 ご冥福をお祈りします。

 

・そんなに軽いニュースじゃないでしょ⁈
 さらっと流してるけど酷い事件。
 御冥福をお祈りします。

 

・なにこれ?
 ありえない。
 まだまだ若いのに。
 残念すぎます。

 

・今年1番びっくりしたかもしれない

 


【最後に】

 

ネットでは、驚きと悲しみのコメントが多数寄せられているようです。

カザフスタンの英雄である、まだまだ未来ある選手が、地元でこんな事件に巻き込まれて命を落とすなんて本当に残念です。

ご冥福をお祈りします。

 

 

紅蘭妊娠、結婚は?逮捕歴のある彼氏はどんな人?草刈正雄の反応は?

俳優の草刈正雄(65)さんを父に持つ、ダンサーの紅蘭(28)さんが妊娠したことを発表しました。

どうやら今年中に生まれる予定だそうです。

紅蘭さんは、昨年の11月にラッパーのRYKEY(リッキー)さんと交際していることを告白していました。

今後、この2人はどうなるのか、交際相手のRYKEYさんとは一体どのような人物なのか、そして草刈正雄さんの反応は、どのようなものなのでしょうか。

 


【紅蘭プロフィール】

 

・紅蘭の顔写真

紅蘭の顔写真
出典:デイリー

 

 

 

 

 

 

 

・名前(本名):草刈 紅蘭(くさかり くらん)

・生年月日:1989年8月30

・年齢:28歳

・出身地:東京都

・所属事務所:バービィオフィス

・職業:ダンサー、タレント

・身長:166cm

・血液型:A型

 

父親は俳優の草刈正雄、母親は元モデルの大塚悦子、弟は元ズットズレテルズのドカットカット、妹は女優の草刈麻有(まゆう)。

父親である草刈正雄がハーフのため、紅蘭はクォーターである。

アパレル関係の会社を経営する友人からモデルに誘われたことがきっかけとなり、芸能活動を始める。

2013年に「有吉反省会」に出演したことで、ブレイクする。

初めは、本名の草刈紅蘭で活動していたが、有吉反省会の禊で草刈を名乗れなくなり、それからは紅蘭として活動している。

 


【RYKEYプロフィール】

 

・RYKEYの写真

RYKEYの写真
出典:KAI-YOU

 

 

 

 

 

 

 

・名前:RYKEY(リッキー)

・生年月日:1987年12月12日

・年齢:30歳

・出身地:東京都

・職業:ラッパー

 

父親が日本人、母親がケニア人のハーフ。

28歳の時に、Pretty Jones(プリティー・ジョーンズ)というアルバムをリリースし、デビューする。

2010年に、強姦致傷で逮捕され、2年間の服役を経て出所する。

その後2016年にも、覚せい剤と暴行容疑で逮捕され、同年7月に出所している。

 


【草刈正雄の反応は?】

 

草刈正雄さんは、周囲の人たちに「幸せになってほしい」と言っているようですね。

草刈さんは昔、紅蘭さんに彼氏が出来たことを知って、ショックで家出したことがあるようです(笑)

それくらい紅蘭さんのことを溺愛してるんで、初孫が出来るとなれば、かなり嬉しいんじゃないでしょうか。

 


【まとめ】

 

2人の出会いや交際のきっかけについては、分かりませんでした。

ラッパーとダンサーなんで、共通の知人がいて、その人の紹介か何かで知り合ったのかもしれませんね。

 

しかし、RYKEYさんは、二度も逮捕歴があるんですね!!

しかも二度目の逮捕は、紅蘭さんと些細なことで喧嘩になって、暴力を振るい、紅蘭さんが警察に相談しに行ったことがきっかけのようです。

その後、薬物反応も出たようで、紅蘭さんは、かなりショックを受けていたみたいです。

でもそれ以上に、RYKEYさんが覚せい剤でおかしくなってしまわないように、自分がRYKEYさんを支えないといけないと思ったようですね。

紅蘭さんと生まれてくる子供のためにも、RYKEYさんには二度と覚せい剤に手を染めてほしくないですね。

 

最後に、2人が結婚するかどうかは、まだ分からないようです。

どうなるんでしょうか。

 

 

2020年に全面施行!受動喫煙防止法、東京都は更に厳しい規制、違反者には罰則も!電子タバコはどうなる?

受動喫煙を防止するための、改正健康増進法が18日の今日、参議院の本会議で成立しました。

施行されるのは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される前の、2020年4月です。

そしてどうやら違反したものには罰則が科せられるようです。

東京都に関しては、先月の都議会で既に成立しており、国より厳しい規制があるようです。

では、改正健康増進法とはいったいどんな法案なのか、早速見ていきましょう。

 


【改正健康増進法の概要】

 

・多くの人が利用する施設内は原則禁煙です。

既に営業している小さな飲食店などは、喫煙を認める例外も設けられています。

ただし、資本金が5千万円以下、客席面積が100平方メートル以下の既存の店、20歳未満のお客・従業員の出入り禁止という条件付きになっていて、店頭に喫煙可の表示をすれば店内での喫煙が認められます。

しかし、この例外規定で飲食店の55%が喫煙可になる試算が出ており、規制は骨抜きではないかと批判の声も多いようです。

 

・行政機関、病院、学校、保育所などの屋内では全面禁煙になります。

しかし、屋外ならば、喫煙所を設置ことが許可されています。

 

・タクシー、バス、電車、航空機なども全面禁煙で、職場やホテルの客室以外の場所も原則禁煙となります。

 

違反者には、最大30万円の罰金、施設の管理者には最大50万円の罰金が科せられるようになります。

 

東京都においては、従業員を雇う全ての店が規制の対象になっていて、80%以上の飲食店で喫煙が出来なくなります。

ただし、タバコの煙が外に漏れないようになっている喫煙専用室を設ければ、そこでの喫煙は可能となります。

喫煙専用室を設ける場合は、設置費の9割(上限300万円)を東京都が補助してくれます。

 


【電子タバコはどうなる?】

 

アイコスやグロー、プルームテックなどの加熱式タバコも規制の対象になります。従来の紙巻タバコと同様、喫煙所以外の場所では喫煙出来ません。

ただ加熱式タバコは、健康への影響が解明されておらず、紙巻タバコよりは規制が軽いらしく、加熱式タバコ専用の喫煙室を設ければ、喫煙できるようです。

 


【まとめ】

 

罰則付きのかなり厳しい規制になるようですね。

バスやタクシー、航空機、電車、病院などは、今でもほとんどの所が禁煙になっていると思うので、個人的にはあまり気になりませんが、既存の小規模の飲食店は例外があるにしても、今回の規制で死活問題になる店もあるんじゃないでしょうか。

パチンコ店は一気にお客が減ったりしないんでしょうか?喫煙者のお客が減った分、非喫煙者のお客は増えるんでしょうが、どうなるんでしょうか。

いずれにしても、愛煙家には厳しい規制になりそうです。

 

八王子ナンペイ事件、犯人の新情報が明らかに!事件の真相は?

23年前、八王子のスーパーナンペイの事務所で、女性従業員が3人も殺害されるという事件がありました。

その事件の新情報が7月17日、警視庁のホームページで公開されました。

警視庁は、この新情報について、情報提供を呼び掛けています。

しかし、23年も前の事件なのに、時効は成立していないのでしょうか?

その真相に迫っていきましょう。

 


【事件の真相】

 

1995年7月30日の午後9時頃、八王子市大和田町のスーパーナンペイ和田店の2階にあった事務所で、拳銃を所持していた何者かによって、3人の女性従業員が殺害されました。

殺害されたのは、当時47歳だったパート従業員の女性、そして16歳、17歳だった2人の女子高生アルバイト従業員の3人です。

女子高生の2人は、口に粘着テープを貼られ、お互いの右手と左手をそれぞれ縛られ、動けなくされた状態で至近距離から後頭部を拳銃で1発づつ撃たれました。即死状態だったようです。

パート従業員だった女性は、体を縛られてはいなかったようですが、拳銃で殴られた後に、金庫の前に突き飛ばされ、左右の額に銃口を押し付けられて殺害されました。

犯行時間は、数分間だったらしく、犯人は何も取らずに逃走しています。

強盗説と怨恨説の2つの説があるのですが、捜査本部は強盗説の方を重視して捜査していました。

そして犯人を逮捕できないまま15年近くが経過し、時効となる2010年7月まで、あと数か月となっていました。

しかし、同年4月27日に殺人などの凶悪犯罪の公訴時効の廃止や延長を盛り込んだ、改正刑事訴訟法が施行されたことにより、この事件の時効は廃止になりました。

2015年2月には、現場に残されていた粘着テープから採取した、犯人のものと思われる指紋が、既に死亡している日本人男性の指紋とほぼ一致したと報じられています。

しかし、粘着テープから採取された指紋は完全な状態ではなかったため、この2つの指紋は完全には一致しないことと、この既に死亡している日本人男性が、犯人ではないという情報も出てきているので、捜査本部はこの日本人男性が犯人であるとは断定しておらず、捜査は今現在も続いています。

 


【公開された新情報】

 

現場に残されていた足跡から、犯人が履いていた可能性があるスニーカーのレプリカを2種類作製し、その画像を警視庁のホームページで公開しました。

更に、事務所にあった灰皿に、たばこの吸い殻が残されていたことも公表しています。吸い殻の一部には、口紅が付着しており、従業員や店の関係者のものではない女性のDNA型が検出されたそうです。

 


【まとめ】

 

女子高生の2人を1発で殺害しているところを見ると、犯人は拳銃を使い慣れた人物なのではないでしょうか。

パート従業員の女性だけ、殺害方法が違うことも気になりますね。

今回の新たな情報公開によって、事件に進展があればいいのですが。

原田実里さん殺害事件被告、起訴内容認めた!事件の真相は?

14年前に茨城大学農学部の女子大生が殺害された事件がありましたが、その事件の被告人の裁判員裁判の初公判が17日の今日、水戸地裁で行われました。

被告人の名前は、ランパノ・ジェリコ・モリ(36歳)。フィリピン国籍の男です。

モリ被告は、起訴内容について「間違いありません」と答えたそうです。

判決は、25日だそうです。いったいどのような判決が下されるのでしょうか。

そして、共犯の男たちはどうなったのでしょうか。

 


【モリ被告について】

 

・モリ被告の顔写真

ランパノ・ジェリコ・モリの顔写真
出典:産経ニュース

 

 

 

 

 

 

 

・名前:ランパノ・ジェリコ・モリ

・年齢:36歳

・国籍:フィリピン

・元職業:自動車関係の工員

・住所:岐阜県瑞穂市祖父江(そふえ)

・家族:妻、息子、娘、義母の7人

 

近所では子煩悩の父親で通っていて、評判は良かったみたいです。家族仲も良く、家の前でバーベキューをしたり、子供とビニールプールで遊んだりもしていたそうです。

人付き合いも良く、あいさつもきちんとしていたようです。そんな人間がどうしてこのような凶悪な事件を起こしたのでしょうか。。。

 


【事件の真相】

 

2004年1月31日、モリ被告は茨城県阿見町(あみまち)で同国籍の男2人と共謀し、当時21歳だった茨城大学農学部2年の原田実里(はらだみさと)さんを車に無理やり連れ込み、暴行に及んだ。

その後、原田さんの首を絞め、同県美浦村(みほむら)の清明川(せいめいがわ)付近で原田さんを刃物で刺すなどして殺害したとされる。

そして、原田さんは変わり果てた姿で発見されることとなってしまった。

その後、なかなか犯人の特定には至らなかった。そして事件から13年を迎えた2017年、原田さんの友人や県警の捜査員たちはチラシを配り、情報提供を呼び掛けた。

モリ被告は事件後、周囲の人間に自分が事件に関わっているような事を話していたという。そして情報提供を呼び掛けていた甲斐あって、そうした内容の情報が寄せられた。

そして付着物から検出されたDNA型がモリ被告のものと一致し、それが決め手となって、同年9月2日に逮捕された。

 


【共犯の男たちは?】

 

共犯とされているのは、当時19歳と21歳だった2人の男だ。

この2人の男たちは、事件から3年後の2007年に逮捕されることを恐れて、海外へ逃亡している。

この2人の容疑者に対しては、既に逮捕状を取っており、現在、国際手配中になっていると思われる。

 


【まとめ】

 

原田さんは、3人の男に襲われて本当に怖い思いをしたと思います。全く抵抗出来なかったのではないでしょうか。

自分より弱い1人の女性に対して、自分の欲求を満たすために3人で襲い掛かり、命をも奪ってしまった。

かなり悪質な犯罪ですよね。絶対に許されることではありません!

モリ被告には、自分の犯した罪の重さを心から反省し、身を以て罪を償ってもらいたいです。

共犯の2人の容疑者も早く逮捕されることを願っています。

 

 

サッカー日本代表の柴崎岳と真野恵里菜がついに結婚!出会いのきっかけ、そして結婚までの経緯は?

サッカー日本代表の柴崎岳(26)選手と女優の真野恵里菜(27)さんが結婚を発表しました。

美男美女カップルの誕生ですね!

全く別のジャンルで活躍している2人が、どのようにして出会い、結婚に至ったのでしょうか?

その前に、真野さんのことをあまり知らないという人もいると思うので、少し紹介したいと思います。

 


【真野恵里菜プロフィール】

 

・真野恵里菜の顔写真

真野恵里菜の顔写真
出典:真野恵里菜オフィシャルブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

・名前:真野 恵里菜(まの えりな)

・生年月日:1991年4月11日 (27歳)

・職業:歌手、女優、元アイドル

・出身地:神奈川県

・事務所:ジャストプロ所属

・身長:159cm

・血液型:B型

・性格:負けず嫌い、泣き虫、頑固、マイペース

 


【2人の出会いのきっかけ】

 

柴崎さんと真野さんは、2016年に共通の知人の紹介で出会ったようですね。

共通の知人って、よく耳にしますが、誰なんでしょうか?とても気になりますね。

長友佑都さんと平愛梨さんの時もそうでしたね。本当に誰なのか気にまります!

少し話がそれましたが、そこから真剣交際が始まったようです。

真野さんは、ハロープロジェクトに所属していたアイドルだったんですが、そのハロープロジェクト時代にフットサルチームに所属していたこともあり、柴崎さんと共通の話題も多いようです。

そういった所も恋愛に発展した要因ではないでしょうか。

どちらから告白したかは分かりませんでした。

その後、柴崎さんは当時所属していた鹿島アントラーズから、2017年にスペインリーグに所属することになり、2人は遠距離恋愛をすることになるんですね。

そんな環境にも負けることなく、真野さんが海外で仕事がある時は、会うなどして愛を育んでいったようですね。

 


【結婚までの経緯】

 

前々から、今回のロシアワールドカップが終わったら結婚すると周りの人には話していたようです。

ワールドカップ中は、真野さんも柴崎さんのことを考えてロシアに応援に行かず、柴崎さんも試合に集中していたようです。

そして、あの歴史に残るであろうベルギーとの一戦で惜しくも敗れた後、日本に帰国し、お互いの実家にあいさつに行ったようですね。

まだ挙式の予定などは決まっておらず、妊娠もしていないみたいですね。

結婚後も真野さんは仕事を続けていくようで、しばらくはこれまでのように日本とスペインを行き来するような生活になるようです。

 


【ネットの反応】

 

・おめでとうございます!

 

・今大会で最も評価が上がった選手の一人
おめでとう

 

・御結婚おめでとうございます。
今回の柴崎の活躍の裏にも、きっと真野さんの存在はあったはず。
これからは家族として、末永くお幸せに。

 

・マスコミ先行なのがかわいそう。
でもおめでとうございます!

 

・仕事続けるなら苦労する事もあるけどすれちがいに注意やね
頑張って下さい

 

・柴崎選手もこれで一層飛躍してくれたらいい。

 

祝福のコメントが多数寄せられているみたいですね。

本当に幸せになってほしいですね!

私も陰ながら応援させてもらいたいと思います。

 

 

地下鉄サリン事件実行犯の林郁夫受刑者が死刑を免れた4つの理由とは?

地下鉄サリン事件などで計29人もの犠牲者を出したオウム真理教による一連の事件をめぐり、死刑が確定していた麻原彰晃こと本名・松本智津夫死刑囚を含む13人の内、7人の死刑が7月6日に執行された。

しかし、実行犯でありながら唯一死刑を免れた人物がいるのである。

それは林郁夫受刑者という人物である。林郁夫受刑者とは一体どんな人物だったのか?

そして、死刑を免れることが出来た4つの理由とは?

林郁夫受刑者の出生から現在に至るまでの人生を紐解いていこうと思う。

 


【生い立ち】

 

・林郁夫受刑者の写真

林郁夫受刑者の写真
出典:産経ニュース

 

・名前:林郁夫(はやし いくお)

・生年月日:1947年1月23日

・年齢:72歳

・出身地:東京都品川区

・ホーリーネーム:クリシュナナンダ

 

1947年、品川区で父親が医師、母親が薬剤師の開業医の家に生まれる。幼少の頃から思いやりのある優しい子だと言われ、人助けがしたくて医師になることを志す。

専門は心臓血管外科で、慶応義塾大学医学部を卒業後、アメリカに渡り病院で勤務する。

その後、退職して日本に戻り栃木県済生会宇都宮病院、国立療養所晴嵐荘病院、慶応義塾大学病院などに務め、同病院での勤務時代には心臓外科の名医として石原裕次郎の手術チームの一員でもあった。

臨床医として癌などの死病患者と接するうちに、現代医学や科学が乗り越えられない「死」に対して深く考えるようになる。その後、阿含宗の正式な信徒となり12年在籍したが、修行の成果が出ないと悩んでいた。

そして心臓病などはストレスと深くかかわっていると認識し、患者にヨーガ、瞑想法、呼吸法などを紹介していた。

1987年、麻原元死刑囚の著書と出会い、修行メニューの具体的な成就記事に強く衝撃を受け、傾倒していき、オウム真理教に入信する。

1990年、妻、子と共に出家信者となった。その際、目黒に所有していたマンションを売った額を含めた全財産8,000万円と車2台をお布施として寄付した。

その後、教団付属病院の院長に就任し、1993年、池田大作サリン襲撃未遂事件でサリン中毒になった新実智光を治療したことがきっかけで、オウムがサリンを保有していることを知る。そしてその後、あの有名な地下鉄サリン事件に至るのである。

 


【地下鉄サリン計画を実行そして逮捕】

 

1995年3月20日、地下鉄サリン事件の実行犯として営団地下鉄千代田線にサリンを撒布し2人を殺害、231人に重軽傷を負わせた。

その後、潜伏先の近くで林郁夫受刑者の部下が石川県警察の職務質問を受け逮捕されたことで、貸し別荘から逃亡し、石川県金沢市方面に向かう途中で、警察官に発見され、職務質問で自転車の盗難が発覚し、占有離脱物横領罪で逮捕された。

 


【全面自供のきっかけ】

 

林郁夫受刑者は、麻原元死刑囚が、

「地下鉄の騒ぎでオウムが疑われるのは心外だ」

(Wikipedia)

と発言した事と、逮捕後の麻原元死刑囚の

「シヴァ神にポアされて良かったね。マントラを1万回唱えなさい」

(Wikipedia)

という発言に不信感を持ったと言われ、これが原因で全面自供の伏線になったと言われている。更に、林郁夫受刑者の取り調べに当たった警察官は、オウム問題に詳しい滝本太郎弁護士の元を何度も訪れ、洗脳状態にある信者に対する接し方のアドバイスを受け、麻原元死刑囚を呼び捨てにしない、元医師であった林郁夫受刑者に対しては「先生」と呼ぶよう徹底していたことも全面自供に繋がったとされている。

 


【林郁夫受刑者が死刑を免れた4つの理由】

 

① 遺族・被害者側が「改悛の情がある」として、必ずしも死刑を求めなかったこと。

② サリン散布の実行犯であることを捜査側が十分に関知していない段階で自ら告白したこと。

③ 罪の呵責に喘いでいたこと。

 

この3つの点を考慮した検察は、林郁夫受刑者の全面自供で地下鉄サリン事件の全容が明らかになったことが、自首に相当するとの判断を下し、死刑ではなく無期懲役を求刑した。

更に、地下鉄サリン事件で亡くなった地下鉄職員の妻が証人として出廷した際に、林郁夫受刑者のことを「許してもいい」という証言をしたことも死刑を免れた大きな要因とされている。これが④つ目の理由である。

 


【最後に】

 

無差別大量殺人事件の実行犯に対し、検察側が自発的に求刑を軽減するのは極めて異例のことである。

彼は、「文藝春秋」に手記を発表し、手記の印税などは被害者への救済金に充てられている。
そして彼は事件で亡くなった被害者の名前を毎日念仏で唱えているそうだ。

2018年7月の今現在も林郁夫受刑者は服役中である。

 


【ネットの反応】

 

・上祐氏が死刑囚ではなく、今は普通に生活している事の方が解せない。

 

・犯罪行為は決して許される事では無いですが、この人が医者だった時期にうちの父親は命を助けて貰った事は忘れる事が出来ない。
あんなに素晴らしい医者だったのになぜこんなカルト集団に取り込まれてしまったのかと思います。

 

・林受刑者は優秀な医者だったらしいから死刑にならなかったのかと思ってた
奥さんも医者でインテリ夫婦な感じだった

 

・オウムに入らなければ、医者として多くの人を救ってたはず。
巡り合わせで人生が大きく変わるのか。

 

・死刑判決にならなかったのは遺族が極刑を望まなかったからでは?

 

・拉致監禁された逃げようともがく女性の後頭部を殴打したり麻酔薬を打ったりした人物。
更にサリンを撒いた無差別大量殺人の実行犯。
自首による減刑があったとしても極刑が相当ではないだろうか。