【未解決事件】坂東市長須女子高生殺人事件 白い車の女は誰なのか

【坂東市長須女子高生殺人事件】

 

坂東市長須女子高生殺人事件は、2004年(平成16年)に茨城県坂東市で発生した殺人事件である。

2004年6月20日午前6時50分頃、茨城県坂東市長須の利根川沿いにある排水路脇の草むらで、坂東市(旧猿島町)に住んでいた県立高校生の平田恵里奈さん(当時16歳)が、うつ伏せで倒れているのが発見された。

発見したのは車で通り掛かった男性で、平田さんは意識不明状態だったが息はあったため、その後、病院に搬送された。

しかし、間もなく死亡が確認され、死因は首を絞められた事による窒息死だった。

平田さんは靴は履いていなかったが、靴下は汚れておらず、着衣にも乱れはなかったが、財布と携帯電話が無くなっていた。

また、発見時の服装は、黒色の半袖ジャケットに青色の半袖Tシャツ、ジーンズのハーフパンツ姿だった。

 

平田さんは20日午前0時頃、1人でファミリーレストランに入り、友人女性にメールをし、友人女性が来てから一緒に1時間ほど食事をしながら話し、午前1時36分(レシートに記載)に店を出た。

その後、平田さんはファミリーレストランの向かいのコンビニに入り、プリペイド携帯のカードを購入しようとしたが、店に置いていなかったため公園に向かった。

公園では、友人女性と一緒にもう1人の知人を1時間ほど待っていたが、来なかったため再びコンビニに戻り、午前4時頃、友人女性と別れた。

そして、午前4時8分頃、平田さんはコンビニで、おにぎり・缶コーヒー・キーホルダー型工具などを購入したが、この後、午前4時22分と42分に店を出入りする姿が防犯カメラで確認されている。

午前5時前、平田さんは店員に棚の前で座り込んで携帯をいじっているのを注意されたため、コンビニを出た。

 

午前5時45分頃、平田さんのプリペイド携帯電話から「財布をすられたみたいなので、最寄の警察署の電話番号を教えて欲しい。」と110番通報が2回あったため、警察は最寄の境警察署の電話番号を教えた。

また、この同時刻に、平田さんがコンビニの前で白い軽自動車に乗った若い女性と一緒にいるところが目撃されており、この女性が事件の真相を知っている可能性が高いと見られている。

 

平田さんが居たコンビニから約600m離れた別のコンビニ前で、平田さんの自転車が見つかっている。

しかし、このコンビニの開店時間は午前6時からで深夜営業はしていなかったため、平田さんは別のコンビニまで移動し、その後、事件に巻き込まれたと見られている。

また、平田さんがキーホルダー型工具などを購入している事から、公園で待ち合わせをしていた知人とのトラブルを予め予想し、護身用に購入した可能性もあると見られている。

 

その後、6月22日に、平田さんにプリペイド式携帯電話と1万円以上の課金カードを買い与えたというスリランカ人男性が警察に「携帯電話を買ってあげたのは自分である。」と出頭してきた。

このスリランカ人男性は、不法残留だったため逮捕され、平田さん殺害の関与も疑われたが、この男性はそれを否定し、後に犯人でないとされた。

 

「白い軽自動車に乗っていた若い女性」

ある番組で目撃証言を元に、白い軽自動車に乗っていた女性の似顔絵を作成し、全国に情報を呼び掛けたところ、地元の視聴者から「事件前にも20代女性が運転する白い軽自動車から降りてくる平田さんを見かけた事がある。」という有力な情報が寄せられたが、この女性が誰なのかを特定する事はできなかった。

しかし、平田さんの友人を辿っていくと、当時の恋人を知っているというYさんに辿り着いた。

Yさんによると、当時の恋人は隣町に住む18歳の社会人だという。

この男性について地元で取材を進めると、「(警察に聞いた話では)犯人はトラック運転手で、事件後に失踪している。」という証言を得る事ができた。

その後、トラック運転手が務めていた運送会社で話を聞くと、彼は事件当日、仕事を休んでおり、事件の2日後以降、行方不明になっているという。

 

番組が総力を上げ取材すると、失踪した元トラック運転手の居場所を特定する事ができた。

この男性は、同じ茨城県内の友人の家に住んでおり、別の仕事に就いていた。

この男性に直接話を聞くと、平田さんとは面識もなく事件とは全く無関係だという。

失踪したのは以前から仕事を辞めたいと思っており、たまたま時期が重なっただけという事だった。

事件当日の20日は、家で寝ていたという。

 

「情報提供」

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、境警察署はこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

境警察署

電話:0280-86-0110

茨城県警察本部 捜査第一課

電話:029-301-0110

フリーダイヤル:0120-006-475

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です