廿日市女子高生殺人事件 偶然見かけワイセツ目的で侵入

【廿日市女子高生殺人事件】

 

廿日市女子高生殺人事件は、2004年(平成16年)に広島県廿日市市で発生した殺人事件である。

2004年10月5日、広島県廿日市市上平良(ひろしまけん はつかいちし かみへら)に住んでいた高校2年の北口聡美(きたぐち さとみ)さん(当時17歳)が、自宅で男に刃物で刺され死亡した。

聡美さんはこの日、試験のため普段より早く帰宅し、夕方からのアルバイトに備え、離れにある自分の部屋で仮眠を取っていた。

その後、離れから聡美さんの悲鳴と階段を駆け下りる音を聞いた祖母と妹は、離れに駆け付け、離れの扉を開けた。

すると、そこには血まみれで倒れている聡美さんと刃物を持った男が立っていた。

祖母と妹に気付いた男は祖母を刺し、その後、逃走した。

妹は近くにある園芸店に逃げ込み、無事だった。

聡美さんと祖母は共に10ヶ所以上刺されており、その後、病院に搬送され、祖母は一命をとりとめたが、聡美さんは出血多量で間もなく死亡が確認された。

聡美さんには殴られたり乱暴された形跡はなく、部屋を荒らされた形跡もなく、財布や携帯電話も残されていた事から、警察は土地勘と間取りを知る、聡美さんに恨みを持った人物による犯行と見ている。

 

「事件当日の経過」

・午後1時過ぎ

聡美さんは試験のため、普段より3時間ほど早く下校し、午後1時過ぎに帰宅した。

この時、両親は仕事に出ており、自宅にいたのは祖母と小学生の妹だけだった。

 

・午後2時過ぎ

聡美さんは夕方からのアルバイトに備え、一旦離れにある自分の部屋に仮眠を取りに向かった。

自宅は母屋と離れに分かれており、離れの1階は物置で、2階が聡美さんの部屋になっていた。

 

・午後3時過ぎ

離れから聡美さんの悲鳴と階段を駆け下りる音を聞いた祖母と妹は、離れに駆け付けた。

そして、離れの扉を開けると、そこには血だらけで倒れている聡美さんと刃物を持った男が立っていた。

祖母と妹に気付いた男は、刃物を振りかざして襲い掛かり、祖母を10ヶ所以上刺して逃走した。

その後、祖母は深い傷を負いながらも母屋に戻り、警察に通報したが、その直後、意識を失った。

妹は、自宅から約50m離れたところにある園芸店に裸足で飛び込み、「お姉ちゃんが刺された」と何度も繰り返したという。

聡美さんと祖母は、共に10ヶ所以上刺されていた。

聡美さんと祖母は病院に搬送され、祖母は何とか一命をとりとめたが、聡美さんは出血多量で間もなく死亡が確認された。

 

「犯人の手掛かり」

犯人が道路がある右に逃走したのか、畑がある左に逃走したのかは分かっておらず、目撃情報も1件もなかった。

しかし、犯人は現場に様々な手掛かりを残していた。

 

・手掛かり1:靴跡

廿日市女子高生殺人事件の犯人の靴
引用:最強FBI緊急捜査SP

 

靴跡から犯人が履いていた靴が特定された。

ダンロップ製のスニーカーで、サイズは26~27cm。

 

・手掛かり2:指紋

現場から犯人の指紋が採取された。

 

・手掛かり3:犯人の顔

廿日市女子高生殺人事件の犯人の似顔絵
引用:最強FBI緊急捜査SP

祖母と妹は、犯人の顔を目撃していた。

上の画像は、2人の証言をもとに作製された犯人の似顔絵。

 

・手掛かり4:犯人の特徴

祖母と妹の証言による犯人の特徴は、年齢20歳くらい、身長165cmくらい、小柄でガッチリ型、細く鋭い眼、頬にニキビ跡、ツンツンと立った髪の毛。

 

多くの証拠があったため、当初、事件は早期解決かと思われた。

しかし、なかなか犯人の逮捕には至らなかった。

懸賞金300万円を懸けても有力な情報は得られず、事件は風化しつつあった。

警察は、約4万人の関係者に事情を聴いたが、聡美さんに恨みを持つ人物なども見つからなかった。

 

「プロファイリングで犯人に迫る」

事件から約11年後に、「最強FBI緊急捜査SP」という番組で、元FBI行動分析課・特別捜査官のメアリー・オトゥール博士のチームによるプロファイリングが行われた。

プロファイリングとは、犯罪捜査において犯罪の性質や特徴から行動科学的に分析し、犯人の特徴を推論する事。

オトゥール博士は、この事件を解決するために自分のBAU(行動分析室)を作り、そこに行動科学や鑑識の専門家を集めた。

 

<犯罪学的アプローチで捜査>

元FBI行動分析室・特別捜査官のトーマス・ニア氏による現場の捜査が行われた。

 

・聡美さん宅前の駐車場

聡美さん宅前には、向かいのアパートの駐車場があるが、事件発生と同時刻の午後3時頃には、車が1台も停まっていない状態になる事が分かった。

ニア氏は、犯人がこの事を事前に知っていた可能性があり、以前から聡美さんを監視していたのではないかと推測した。

 

・軒下の洗濯物

事件当日、離れの前の軒下には洗濯物が干されており、犯人の姿を隠す死角になっていた。

 

・近所へ聞き込み

近所に聞き込みを行ったところ、事件当日の事件発生時刻に、聡美さん宅から大きな声や音は聞こえなかった事が分かった。

ニア氏によると、これは犯人が計画的に聡美さんに近付いた証拠で、聡美さん宅に侵入するまで確定的な殺意を持っていなかった可能性があるという。

 

・日本警察の捜査手法を調査

ニア氏は、プロファイリングをより正確なものにするため、日本警察の捜査手法を調べた。

協力してくれたのは、元滋賀県警・鑑識課捜査官の坂本啓一氏。

坂本氏は、地元広島のテレビ局の依頼で、聡美さんの事件を何度も調査している人物だ。

坂本氏によると、事件当時、不審者情報があり、その不審者がバイクを隠しているところを目撃した人がいるという。

不審者が目撃された場所は現場から約150m離れた地点で、小さいバイクを隠すように停めていたという。

 

<被害者学からアプローチし犯人像を絞り込む>

被害者学は、なぜ被害に遭ったのかという事に注目し、被害者の性格や生活環境から事件を読み解くもの。

ニア氏は、被害者学の観点からアプローチし、犯人像を絞り込むために、聡美さんの父親に聞き込みを行った。

Q:聡美さんの部屋に誰かが泊まりに来たり、遊びに来たのを知っていた?

A:頻繁には来ていないが、何回かは遊びに来ていて、親しい友達はたぶん1、2回泊まりに来ていた。

 

Q:彼氏はいた?

A:私の知る限りではいない。逆に高校2年生だから、そろそろ男の子作れよと言った。

 

ニア氏は、両親が聡美さんの全てを知らないと睨み、友人に聞き込みを行う事にした。

事情聴取に応じてくれたのは、聡美さんの高校時代の親友Aさん。

Q:聡美さんと仲が良かった友人は何人くらいいた?

A:高校1年と2年の時、クラスが同じで、常に私といる事が多かったので、私の知らない聡美は塾に通っている聡美だけだった。

 

Q:彼氏はいた?

A:いなかった。

 

Q:聡美さんの秘密の面は?

A:秘密の面というか、本人が秘密にしていたかどうかは分からないが、聡美には当時、好きな人がいて、付き合ってはいなかったが、それに近いところはあって、メール交換して「下着姿の写真を送ってくれ」とか言われていた。

聡美が好きだったので応援はしていたけど、今考えると止めれば良かったと思う。

それが一番気になるところだった。

 

Q:2人はどこで会っていた?

A:聡美の部屋だったように思う。

 

当時、警察は聡美さんと付き合っていたと思われる、この男性について捜査したが、事件への関与は認められなかった。

 

<導き出した犯人像>

・聡美さんが離れに住んでいた事を知っていた人物

・事件当日、聡美さんがいつもより早く帰宅する事を知っていた人物

・何らかの理由で聡美さんに殺意を抱いていた人物

 

<BAUが作製した新たな犯人像>

BAUは、犯人は当時20歳くらいではなく同級生だと指摘している。

また、BAUが作製した新たな犯人像が下の画像。

BAUが作製した廿日市女子高生殺人事件の新たな犯人像
引用:最強FBI緊急捜査SP

 

「容疑者を逮捕」

鹿嶋学
引用:THE SANKEI NEWS

 

広島県警は2018年4月13日、別の暴行事件で任意捜査対象になっていた山口県宇部市の会社員・鹿嶋学容疑者(事件当時21歳)のDNAや指紋が、現場で採取されたものと一致した事から、鹿嶋容疑者を殺人容疑で逮捕した。

鹿嶋容疑者は、「ワイセツ目的で聡美さん宅に侵入した」という趣旨の供述をしており、廿日市市に居住歴はないが、「以前務めていた会社を解雇され、自棄自暴になった。通りすがりに犯行に及んだ。」などと供述している。

鹿嶋容疑者は事件当日、山口県宇部市から広島県廿日市市の犯行現場までバイクで向かい、信号待ちをしている時に、聡美さんが離れに入るのを偶然目撃し、侵入したという。

そして、侵入後、持っていた折り畳みナイフで脅迫したが、乱暴する前に逃げられたため、胸や腹を多数回刺して殺害したという。

 

鹿嶋容疑者は、十数年前から宇部市内にある土木建築会社で働いており、社長は「無断欠勤などはなく、仕事態度は真面目だった。」と評価しており、口数は少なくて大人しかったという。

鹿嶋容疑者の父親は、「気は弱いし、引っ込み思案の性格」と述べている。

しかし、2018年4月上旬に、イラついたという理由で後ろを向いていた部下の左足上部大腿部を走り寄って蹴り上げた事で警察に通報された。

その際に、山口県警察本部に指紋を採取され、本事件遺留物の指紋と照合したところ、指紋が一致したため、逮捕となった。

同年5月3日には、聡美さんの祖母に対する殺人未遂罪で再逮捕され、5月24日に殺人罪と殺人未遂罪で起訴された。

 

「裁判」

2020年3月3日に、鹿嶋学被告の裁判員裁判の初公判が予定されている。

広島地裁によると、3月3~5日と10日に審理があり、18日に判決が言い渡される予定。

 

「北口聡美さん」

北口聡美さん
引用:最強FBI緊急捜査SP

 

・名前:北口聡美(きたぐち さとみ)さん

・当時の年齢:17歳(高校2年生)

・住所:広島県廿日市市上平良

 

 

【津山市小3女児殺人事件】14年後の逮捕劇!

【津山市小3女児殺人事件】

 

津山市小3女児殺人事件は、2004年(平成16年)に岡山県津山市で発生した殺人事件である。

2004年9月3日午後3時35分頃、岡山県津山市総社に住んでいた小学3年の筒塩侑子(つつしお ゆきこ)ちゃん(当時9歳)が、自宅で殺害されているのが発見された。

発見したのは学校から帰宅した高校生の姉(当時15歳)で、侑子ちゃんはお腹から血を流し、うつ伏せで倒れていた。

司法解剖の結果、侑子ちゃんは何者かに胸や腹などを幅の狭い凶器で数ヶ所刺されていた事が分かり、死因は失血死か窒息死と判明した。

衣服に乱れは全くなく、手に防御創もなく、首を絞めた跡や、口や鼻を抑えた形跡もなかった。

室内に物色した形跡はなかったが、キャビネットの上にあった飴だけが床に落ちていた。

犯人の指紋や足跡、目撃情報もなく、犯行の動機も全てが不明だった。

警察は、2005年9月までの時点で、約13,500人の捜査員を投入し捜査をしていたが、犯人の手掛かりを掴む事はできなかった。

 

「事件当日の2つの不可解な事」

・不可解な事1:カギを掛けたはずの玄関のカギが開いていた

午後1時45分頃に、母親の智子さん(当時39歳)は玄関のカギを掛けて外出した。

しかし、その10分後、宅配便業者が家を訪れており、その時、カギを掛けたはずの玄関のドアが開いていた。

宅配便業者は何度か呼び掛けたが、家の中から応答がなかったため、玄関にメール便を置いて帰ったという。

カギを掛けたはずの玄関のドアが、僅か10分後に開いていたとはどういう事なのだろうか。

また、宅配便業者が置いていったメール便は、倒れていた侑子ちゃんの体の下から発見されている。

 

・不可解な事2:怪しい男の目撃情報

侑子ちゃんが帰宅したのは、午後3時5分頃と見られているが、その5分前の午後3時0分頃に、自宅の南西100mのところにある高架下で怪しい男が目撃されている。

筒塩侑子ちゃん宅の近くにある高架下
引用:最強FBI緊急捜査SP

この高架下は、自宅から学校までの通学路上にある。

目撃された男の特徴は、年齢30代、身長160~170cm、小太り、髪はボサボサ、黒っぽい服装で、笑みを浮かべていたという。

 

「事件当日の経過」

・午前7時30分頃

朝食を終えた侑子ちゃんは、母親の智子さんに「お母さん、行ってきます。」と言い、学校に行くために家を出た。

この時、母親の智子さんは侑子ちゃんに「今日、学校から帰ってきて居なかったら、仕事に出掛けてるからカギを開けて入っていなさい。」と告げる。

 

・午後1時45分頃

母親の智子さんが家を出た。

当時、筒塩家では最後に家を出る人がカギを掛け、カギは牛乳瓶受けの中に入れておくというルールがあったため、智子さんはいつものようにカギを牛乳瓶受けの中に入れ、外出した。

 

・午後2時40分頃

帰りの会を終えた侑子ちゃんは、友達と一緒に下校した。

自宅までの距離は約1.2kmで、徒歩で20分ほどかかった。

侑子ちゃんは、学校から約400mの地点で友達と別れ、1人で自宅に向かった。

この1人で帰っている侑子ちゃんの姿を2人の住民が目撃している。

筒塩侑子ちゃんの学校から自宅までの地図
引用:最強FBI緊急捜査SP

 

・午後3時5分頃

家に着いた侑子ちゃんは、牛乳瓶受けの中からカギを取り出して玄関のカギを開け、家に入ったと見られる。

 

・午後3時35分頃

高校生の姉が自転車で帰宅した。

家に入った姉は、お腹から血を流し、うつ伏せで倒れている侑子ちゃんを発見し、母親に電話をした。

 

・午後3時47分頃

母親の智子さんが119番通報した。

 

・午後3時53分頃

救急隊が自宅に到着し、侑子ちゃんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 

「プロファイリングで犯人に迫る」

事件から約12年後に、「最強FBI緊急捜査SP」という番組で、元FBI行動分析課・特別捜査官のメアリー・オトゥール博士によるプロファイリングが行われた。

プロファイリングとは、犯罪捜査において犯罪の性質や特徴から行動科学的に分析し、犯人の特徴を推論する事。

 

<家族への聞き込み>

オトゥール博士は先ず、侑子ちゃんの事を知るために家族に聞き込みを行い、次のような質問をした。

Q:侑子ちゃんを会った事のない人に紹介するとしたらどんな風に言う?

A:明るくて活発な子です。動く事が好きな子。

 

Q:お母さんは、侑子ちゃんに何と呼ばれていた?

A:お母ちゃん

 

Q:侑子ちゃんは、学校で嫌な事があったり、心配事があったり、悩んでいるような事はあった?

A:学校から帰ってきたら、今日何があったっていうのは話してくれていたので、そういう事は別になかったと思う。

 

Q:侑子ちゃんは、知らない人とはどのように接していた?

A:知らない人でも、お喋りはできる方だと思う。

 

Q:もし、学校帰りに知らない人に話しかけられたら?

A:たぶん、無視はしないと思う。立ち止まって話を聞いて、返事くらいはすると思う。付いて行くとか、そういう事はないと信じている。

 

次にオトゥール博士は、「玄関のカギの置き場所を誰かが知っていたのではないか?」という可能性を調べるために、当時の玄関の状況などを家族に確認した。

Q:この辺りの住人は、カギを外に置く習慣がある?

A:うち以外ではそれはないと思う。

 

Q:牛乳瓶受けにカギがある事を家族以外に知っていた人は?

A:(父親の友達関係で)10人くらいは知っていたと思う。

 

両親が感じた犯人の影

当時、筒塩家には父親と母親の2台の車があったが、事件前、母親の車の前輪右側のボルトが何者かに外されており、事件後には、父親の車の後部のワイパーが折られていた。

狙われていたのは侑子ちゃんではなく、両親だった可能性も考えられる。

Q:(車に悪戯をした)犯人に心当たりはある?

A:ない。

 

もう一つの犯人の影

父親は、事件発生の1ヶ月くらい前に、すぐ北側の近所で変質者が出るのを聞いた事があった。

Q:当時、近所で泥棒に入られたり、未遂で終わった事件などを聞いた事はある?

A:(誰に聞いたか定かではないが)事件の少し前に、すぐ北側の近所で下着泥棒か覗きがあったのを聞いた事がある(父親は当時、これは事件後に聞いた噂話だったので警察に確認するような事ではないと思っていたという)。

 

<小学校への聞き込み>

オトゥール博士は次に、侑子ちゃんが通っていた小学校へ行き、校長先生に聞き込みを行った。

Q:当時、小学校の近辺で変質者が出るという噂を聞いた事はある?

A:全く心当たりはない。もし、そういう人が校舎に入ってきた場合は、退去してもらうか、警察に通報するが、当時、そういう事をした記憶はない。

 

しかし、当時、隣の小学校に通っていた侑子ちゃんの幼馴染から驚きの証言が得られた。

侑子ちゃんの幼馴染の証言:(当時)学校では不審者情報というのがちょくちょくあったので、「班で帰りなさい」というのが多かった。

Q:侑子ちゃんの家から見て、その場所の方角は?

A:北。

 

<自宅周辺の状況を調査>

オトゥール博士は次に、事件発生とほぼ同時刻に自宅周辺の状況を調査した。

筒塩家の北側を歩き、しばらくすると、人が誰もいない事に気付き、犯人にとって好都合の状況だという事が分かった。

オトゥール博士は周辺の状況から、「犯人は土地勘があり、家族の行動を知り得る人物としか思えない。」と語った。

オトゥール博士によると、事件当日、犯人は家に誰もいない事を知っており、カギの保管場所も知っていた可能性があるという。

 

<遺体の状態を調査>

オトゥール博士は、遺体の状態から凶器や事件の真相が見えてくるのではないかと思い、法医学から事件にアプローチする事にした。

協力してくれたのは、杏林大学医学部名誉教授・佐藤喜宣氏。

佐藤氏には、現場となった自宅を事前に確認してもらっていた。

また、当時、侑子ちゃんを搬送した救急隊員にも、侑子ちゃんのケガなどの状況を詳しく聞いた。

オトゥール博士は、刺された状況と凶器の特定が、犯人に迫る最も重要な証拠の一つだという。

なぜなら、そこから怨恨なのか偶発的なものなのかが分かり、凶器の種類によって職業や殺意の有無も分かるからだという。

Q:救急隊に連絡がきた時、どのような内容だった?

A:子供が自宅内で倒れて意識がない。その後、刺されているという第二報が入った。

 

Q:(現場に向かった時に)何を見た?

A:先着隊の隊員がAEDを装着し、CPR(心肺蘇生法)を行っていた。

 

Q:防御創があったかどうか覚えている?

A:外傷などはなかったと思う。手が(血で)汚れていた記憶もない(防御創や苦しんだ様子はなかったという)。

 

Q:血液は?

A:血液の量は、そんなになかった。肉眼で見えるような大出血ではなかった。

 

Q:刺された傷は何ヶ所?どこにあった?

A:それは分からない。傷は現認できていない。AEDのパットを貼っていたからかもしれない。(傷は)あったとしても小さかったと思う。

佐藤氏によると、包丁とかなら傷が開いてしまい、出血が多くなるため、凶器は細いものが考えられるという。

 

・最初に対応した救命士に連絡

最初に対応した救命士なら、もっと詳しく知っているのではないかと思い、連絡を取った。

救命士によると、「AEDのパット付近に、ひっかき傷のようなものが何ヶ所かあった。」という。

佐藤氏によると、「(犯人は)致命的な傷を与えようとしている人で、よく分かっている人。どこを狙ったら一番効果的か知っていて、そこを集中的にアタックした。」という。

 

<犯人の行動を予想>

オトゥール博士は、玄関から居間までの間取りを再現し、犯人の行動を予想した。

オトゥール博士は、「侑子ちゃんが帰宅した時点で、既に犯人が家の中にいた可能性が高い。そして、顔見知りという可能性、なぜなら、部屋には逃げ回った跡が全くなかった。もし、家に帰ってきて知らない人がいたら全力で逃げるはずだ。でも、それがないという事は警戒心がなかったという事だ。」と語った。

これは、傷の状況からも裏付けられるという。

もし、侑子ちゃんが逃げ回っていたら、防御創ができるか、腰とか背中、お尻を刺される可能性が高いが、左胸だけが集中的に刺されている。

オトゥール博士は、「被害者に対して怒りを持つ犯人であれば、体の傷はもっと激しいものになるはずだ。かなり冷静に的確に心臓を刺した。侑子ちゃんが抵抗できないくらい大きな人間に素早く殺された。」と語った。

これから考えられる凶器は、幅が10mmくらいで長さが4~10cmくらいのもので、推測される凶器は、千枚通し・ドライバー・ノミ・先の細い刃などで、ポケットに入る大きさのもの。

オトゥール博士は、「この事件は、侑子ちゃんがターゲットになっていたと考えるのが自然。現時点では犯人は男性。これは計画的な犯行だ。家の中の状況や家族構成、いつ何時に行けば誰もいないか把握していた。そして、侑子ちゃんが叫んだり逃げたりしない方法を考えて、犯行に及んでいる。その日にパッと考えて出来るような衝動的な犯行ではない。」と語った。

 

<オトゥール博士が導き出した現時点での犯人像>

・男性

・侑子ちゃんと面識のある人物

・侑子ちゃんをターゲットに犯行を計画していた

・事前に家の中に侵入し、背後から凶行に及んだ

 

 

「容疑者逮捕」

勝田州彦被告
引用:KSB瀬戸内海放送

事件発生から14年近くが経った2018年5月29日、別の事件で服役している当時39歳の受刑者の男が殺害を認めたため、警察は30日に男を殺人の疑いで逮捕した。

男の名前は、勝田州彦(かつた くにひこ)。

勝田容疑者は、侑子ちゃんを「偶然見かけて後をつけ、玄関で声をかけて家に入り、騒がれたので首を絞めた。顔色が悪くなったので怖くなって逃げた。」と説明している。

捜査関係者によると、勝田容疑者は事件当日、「鳥取市にある鳥取砂丘に車で向かう途中に津山市に寄り、車を止めて侑子ちゃんの小学校近くを歩いた。」と供述しているという。

また、「かわいい子だった。」とも供述している。

 

勝田容疑者の前科

・2000年に女児6人の腹部殴打、下腹部を触るなどの暴行や強制わいせつの罪で、執行猶予付きの有罪判決を受けている。

 

・2009年に姫路市や三木市、太子町などの路上で女児ら計5人に対し、腹を殴るなどの暴行を加え、重傷を負わせるなどをした罪で、懲役4年の判決を受けている。

 

・2015年5月に出所後、姫路市の路上で面識のない帰宅途中の中学3年の女子の胸や腹を、ナイフで刺した殺人未遂容疑で兵庫県警に逮捕されている。

その後、2016年5月に懲役12年の判決を受けたが、大阪高裁で懲役10年の短縮した判決を受け服役していた。

 

勝田容疑者は、このような犯罪を「これまでにトータル100回以上繰り返した。」と供述しているようだ。

 

「勝田被告の現在の状況」

2019年9月12日に岡山地裁で、第1回公判前整理手続きが行われた。

勝田被告の弁護人は「事件当時、被告が現場や津山市にいた事を裏付ける証拠が示されていない」などとして、無罪を主張する方針のようだ。

勝田被告は逮捕直後、侑子ちゃんの首を絞めた事は認めたものの、殺害については否認している。

その後の調べで、刃物で刺した事を認める供述をしていたが、一転して、「嘘の供述をした」と話しているという。

 

「筒塩侑子ちゃん」

筒塩侑子ちゃん
引用:最強FBI緊急捜査SP

 

・名前:筒塩侑子(つつしお ゆきこ)ちゃん

・当時の年齢:9歳(小学3年生)

・住所:岡山県津山市

・家族:父親(当時45歳)、母親(当時39歳)、姉(当時15歳)、兄(当時13歳)