【未解決事件】千葉市女子中学生誘拐事件

【千葉市女子中学生誘拐事件】

 

千葉市女子中学生誘拐事件は、1991年(平成3年)に千葉県千葉市で発生した誘拐事件である。

1991年10月27日午前1時頃、千葉県千葉市若葉区にある千葉東金道路大宮インター近くの一戸建てが集中する閑静な住宅街にあるアパートに住んでいた中学1年の佐久間奈々さん(当時13歳)が、補導員を装った中年の男に千葉市若葉区多部田町の路上で誘拐された。

前日26日の午後7時頃、佐久間さんの家には3人の友達が遊びに来ていた。

その後、27日午前0時過ぎに友達3人と一緒に自宅から4km離れた小倉台のコンビニに夜食を買いに自転車で出掛けた。

そして、約30分かけてコンビニに到着し、佐久間さんは缶入りのウーロン茶やポテトフライ、ピザを買いビニール袋に入れた。

 

午前1時頃、買い物を終え帰宅中だった佐久間さんは台風の影響で歩道に倒れたままになっていた木にぶつかり転倒した。

そこに後ろから歩いてきた男に「こんなところで何をしているんだ。16歳未満の者が11時過ぎに歩いていると犯罪になる。普通なら警察に連絡するが話を聞くだけで許してやる。お前が代表でついてこい。」と言われ、佐久間さんだけを連行し、後の3人には「お前たちは帰れ」と言い残し、佐久間さんを連れて細い道の方に消えていった。

3人は佐久間さんの家に着き、玄関前で佐久間さんの帰りを待っていたが、佐久間さんはなかなか帰って来なかった。

そこにたまたま2人の同級生の男子生徒が通りかかり、これまでの経緯を説明すると男子生徒は「おかしい」と思い、親に連絡した。

親たちは手分けして佐久間さんを探したが見つからず、午前4時20分に警察に通報した。

身代金目当ての誘拐の可能性も考えたが、佐久間さんの家に身代金を要求する連絡はなかった。

佐久間さんの行方は現在も分かっておらず、千葉東警察署はこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

千葉東警察署

電話:043-233-0110

 

「千葉東警察署が作成したチラシ」

千葉市女子中学生誘拐事件のチラシ
出典:千葉東警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です