【未解決事件】ドン・キホーテ環八世田谷店放火事件

【ドン・キホーテ環八世田谷店放火事件】

 

ドン・キホーテ環八世田谷店放火事件は、2004年(平成16年)に東京都世田谷区で発生した放火事件である。

2004年12月26日午前1時40分頃、東京都世田谷区八幡山にある量販店「ドン・キホーテ環八世田谷店」から出火し、鉄筋2階建て延べ約1,290平方メートルのうち、2階部分の約630平方メートルが焼けた。

出火当時、店内には客約50人と店員21人がいたが、全員避難して無事だった。

2階衣料品売り場にあるジャンパーから煙が出ているのを客や店員が目撃しており、警視庁捜査一課と成城署は放火の疑いがあると見て捜査を開始した。

 

出火の数十分前、店員にニヤニヤしながら「これから火をつけるから気をつけろ」と犯行を予告するような話をしていた中年の男がいた事が判明しており、出火直前に現場付近から立ち去る黒っぽい服を着た中年の男も目撃されている。

調べによると、出火場所は2階の衣料品売り場で、吊るしていたジャンパーの下部から煙が出ているのを男女の2人の客が発見し、店内を巡回していた男性店員(当時48歳)に通報した。

そして、発見後、すぐに店員数人が消火器で消火活動を行ったが、火の勢いは強まり、出火から約10分後の同日午前1時50分頃、同店の男性店長(当時32歳)が119番通報した。

 

現場は、京王線八幡山駅から南西に約200mのところにある環状八号線内回り沿いで、周囲にはファミリーレストランや店舗が並んでいる。

この火事の影響で26日午前7時半過ぎまで、環状八号線内回りが通行止めとなった。

今回の火災について、ドン・キホーテは「お客様や地域の皆様にご迷惑をかけた事を深くお詫びする。13日の火災以来、防火体制の改善を実行中だったが、その中での火災発生は残念。防犯、防火対策をより強化し、信頼回復に向けた施策に全力を注いでいく。」とコメントしている。

 

成城警察署は、出火直前まで現場付近を徘徊していた放火犯と見られる人物の行方を追っているが、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、この事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

成城警察署

電話:03-3482-0110(署代表)

 

「犯人と見られる人物の情報」

犯人と見られる人物の画像

ドン・キホーテ環八世田谷店放火事件の犯人と見られる人物画像
出典:成城警察署

 

犯人と見られる人物の特徴

・当時の年齢:40~60歳くらい

・髪型:頭頂部が薄い

・当時の服装:黒っぽいダウンジャケット

 

「現場の地図」

ドン・キホーテ環八世田谷店放火事件の現場地図
出典:成城警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です