【未解決事件】府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件

【府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件】

 

府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件は、2005年(平成17年)に東京都府中市で発生した殺人事件である。

2005年2月14日午後11時50分頃、東京都府中市宮西町1丁目5番にある多摩中央信用金庫(現在の多摩信用金庫)府中支店の駐車場で、営業課長をしていた後藤博樹さん(当時39歳)が、男に包丁で腹などを刺され殺害された。

男はその後、京王線府中駅の方向に逃走したが、現場には後藤さんと揉み合った際に男が落としたと見られる「GUESS(ゲス)」というブランドの腕時計が残されていた。

付近の防犯カメラには逃走する男の姿が映っており、その際、3人の自転車に乗った人が逃走する男とすれ違ったと見られるが、警視庁はいずれも特定できていないという。

また、現場付近の雑居ビルの中の居酒屋で、若い学生たちが飲み会をしていたという情報もあるため、警視庁は広く情報提供を呼び掛けているが、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られていない。

警視庁は、2005年2月14日(バレンタインデー)の深夜に、「現場付近で男同士の争う声を聞いた」・「現場付近から府中駅方向に走って行く男とすれ違った、ぶつかった」などの情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

警視庁 府中警察署

「府中市宮西町信用金庫職員に対する殺人事件」特別捜査本部

電話:042-360-0110(署代表)

 

 

「犯人の情報」

防犯カメラに映った犯人の画像

警視庁は、事件発生から10年経った2015年に、京王線府中駅方向に逃走する犯人の防犯カメラ画像を公開した。

府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件の犯人画像1
出典:府中警察署
府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件の犯人画像2
出典:府中警察署
府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件の犯人画像3
出典:府中警察署

 

犯人の特徴

府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件の犯人の特徴
出典:府中警察署

・当時の年齢:20~40歳くらい

・身長:170~180cmくらい

・体格:痩せ型

・血液型:O型

・当時の服装など:黒い上着(ジャンパー)、青っぽいジーパン、白いスニーカー、黒っぽい帽子

・遺留品:100円ショップで販売されていた包丁と血のついた使い捨てゴム手袋、「GUESS」というブランドの腕時計

・逃走方向:現場から京王線府中駅方向へ逃走

 

犯人が付けていた時計と同種の時計

府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件の犯人が付けていた腕時計1
出典:府中警察署
府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件の犯人が付けていた腕時計2
出典:府中警察署
府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件の犯人が付けていた腕時計3
出典:府中警察署

この腕時計は、「GUESS」製の1995年モデルのウォータープロ(ダイバー型クロノグラフ)という時計で、1995~1999年頃まで販売されており、定価は当時8,000円くらい。

犯人は、販売時に付いていたバンドを、伸縮性のあるステンレス製のバンドに交換している。

また、3回くらい電池交換をしている。

 

「現場の地図」

府中市多摩中央信用金庫職員殺人事件の現場地図
出典:府中警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です