【未解決事件】普代村6歳女児行方不明事件 計画的誘拐か?

【普代村6歳女児行方不明事件】

 

普代村6歳女児行方不明事件は、1997年(平成9年)に岩手県普代村で発生した行方不明事件である。

1997年6月29日、岩手県普代村(ふだいむら)に住んでいた金子恵理(かねこ えり)ちゃん(当時6歳)が、自宅付近で行方不明になった。

恵理ちゃんはこの日、自宅裏にある沢で1人で遊んでいた。

午後4時30分頃までは遊んでいる声を母親が聞いていたが、午後5時頃から姿が見えなくなった。

 

この日は日曜日で、午前8時頃から父親と母親、恵理ちゃんの3人で車で約100km離れた青森県八戸市に買い物に出掛け、午後3時頃に帰宅した。

父親はその後、裏山に山菜を採りに行き、帰ってきてから昼寝をしていた。

恵理ちゃんは着替えた後、いつものように家の前で遊んでいた。

そして、午後4時55分頃、目を覚ました父親が恵理ちゃんが居ない事に気付き、母親と祖父と一緒に恵理ちゃんを探したが、どこにも見当たらなかった。

自宅周辺の約1kmが恵理ちゃんの行動範囲になっており、1人で遊んでいても、いつもきちんと帰ってきていたという。

父親が山に連れて行ってはぐれた時も、山のふもとに停めていた車に1人で戻り、車内で待っていた。

家の周りにある雑木林にも「入るな」と日頃から教えており、それもきちんと守っていたので、自宅周辺で迷子になる事は考えにくいという。

恵理ちゃんは現在も見つかっておらず、久慈警察署は恵理ちゃんの写真や当時の服装などの情報を公開し、情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

久慈警察署

0194ー53ー0110

 

「目撃情報」

・自宅周辺の雑木林の車道沿い付近で、近所の住民が女の子の声を聞いている。

警察が警察犬で捜索した時も、女の子の声が聞こえた辺りで警察犬が止まったという。

 

・恵理ちゃんが行方不明になる数日前に、男が運転する白い不審車両が目撃されている。

 

・恵理ちゃんが行方不明になる数日前に、自宅周辺の雑木林に自衛隊のジープが停まっていたのが目撃されており、車の近くには自衛隊の服を着た男が立っていたという。

その辺りに自衛隊の演習場などがない事から、父親は不審に感じたという。

 

「恵理ちゃんの情報」

行方不明になった金子恵理ちゃんの写真
出典:久慈警察署

 

 

 

 

 

 

 

 

・名前:金子恵理(かねこ えり)ちゃん

・当時の年齢:6歳

・当時の身長:115cmくらい

・当時の体型など:体重約24kgのぽっちゃり型

・当時の服装:青色の長袖シャツ(胸に2匹の犬の絵有り)、オレンジ色の長ズボン(左膝部分に茶色の膝当て有り)、白色とピンク色の長靴

・特徴やクセなど:鼻の下に小さなホクロ有り、左腕より右腕が少し太い、バイバイする時に手の甲を向けて手を振るクセがある

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です