【未解決事件】花巻市で発生した小原キミ子さん行方不明事件

【花巻市で発生した小原キミ子さん行方不明事件】

 

小原キミ子さん行方不明事件は、2001年(平成13年)に岩手県花巻市で発生した行方不明事件である。

2001年11月13日、岩手県花巻市高木地内に住んでいたパート従業員の小原キミ子さん(当時48歳)が突如、自宅から姿を消した。

13日午前10時過ぎ、小原さん宅から小原さんと思われる女性の悲鳴が近所に漏れ聞こえており、それを聞いた近所の主婦が友人らと共に小原さん宅に駆け付けた。

そして、駆け付けた主婦らが最初に目撃したのは、玄関扉のガラス4枚の内の2枚が砕けた光景だった。

砕けた2枚の内の1枚はひし形に砕け、もう1枚は完全に粉々になっていた。

これを見て驚いた主婦らは、午後1時過ぎに花巻署矢沢駐在所に通報した。

自宅内には既に小原さんの姿はなく、失踪したと見られていた。

後日、花巻市内にある病院の駐車場で小原さんの乗用車が発見されたが、小原さんの姿はなく、小原さん発見に繋がる手掛かりを掴む事もできなかった。

小原さんの知人男性によると、小原さんには2人の子供がいるが、いずれも溺愛していたため、子供を置いて出て行く事は考えられないという。

小原さんは夫と別居しており、2人の子供と3人暮らしだった。

 

溺愛していた子供たちを置いて出て行く事は考えにくいし、玄関扉のガラスが割れていた事や、小原さんらしき女性の悲鳴を近所の主婦が聞いている事などから考えると、やはり何者かが小原さん宅に侵入し、連れ去った可能性が高いのではないだろうか。

花巻警察署は、何らかのトラブルに巻き込まれた可能性もあると見て、現在も捜査を続けているが、未だ小原さんの行方は分かっていない。

同署は、小原さんに関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

花巻警察署

電話:0198-23-0110

 

「小原さんの情報」

小原キミ子さん
出典:花巻警察署

 

 

 

 

 

 

 

 

・名前:小原キミ子さん

・当時の年齢:48歳

・身長:145cmくらい

・当時の髪型:黒髪のショートカット

・特徴など:黒っぽい服を好んで着ていた

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です