【未解決事件】阪急南茨木駅前路上強盗殺人事件

【阪急南茨木駅前路上強盗殺人事件】

 

阪急南茨木駅前路上強盗殺人事件は、2001年(平成13年)に大阪府茨木市で発生した強盗殺人事件である。

2001年5月1日午前8時過ぎ、大阪府茨木市の阪急南茨木駅前にあるスーパーマーケット「阪急共栄ストア南茨木店」の東側の路上で、この店の店員をしていた男性が倒れているのが発見された。

発見したのは別の店の店員で、男性は左胸を鋭利な刃物で刺されていた。

直ぐに病院に搬送されたが、出血多量でその後死亡が確認された。

被害男性が勤めていたスーパーの開店時間は午前10時からで、被害男性は開店前に店の東側にある商品搬入用出入り口付近の歩道で作業中をしていた。

目撃者の話によると、犯人と被害男性が店の外で口論になり、犯人が被害男性の腕を掴んだので、それを振りほどいて店内に逃げ込もうとした被害男性を更に捕まえて外に引きずり出し、いきなり被害男性を刃物で刺したという事だ。

茨木署は、店内に物色した形跡がある事から、強盗殺人の疑いもあると見て捜査を続けているが、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、凶器の刃物も見つかっていない。

<連絡先>

茨木警察署

電話:072-622-1234(内線:341・342)

 

「不審者の目撃情報」

・事件直前、スーパーと同じビルの2階の事務所付近で、男性店員が犯人と思われる男に壁に押し付けられていたのを別の店員が目撃している。

しかし、犯人と思われる男の方から「おはようございます。」と挨拶してきたので、出入り業者と思ったという。

 

・犯人と思われる男と男性店員が、スーパーから南に約50m行った所にある別のビルの従業員用更衣室辺りの廊下を一緒に歩いていたのを店長が目撃している。

 

「犯人と思われる男の似顔絵と特徴」

目撃者が多いため、似顔絵も複数あるようだ。

阪急南茨木駅前路上強盗殺人事件の犯人の似顔絵1
出典:茨木警察署
阪急南茨木駅前路上強盗殺人事件の犯人の似顔絵2
出典:茨木警察署

 

犯人と思われる男の特徴

・当時の年齢:30~50歳くらい

・身長:165~170cmくらい

・体型:ガッチリ型

・当時の髪型:白髪混じりのオールバック

・当時の服装:黒色か紺色のジャンパー、黒色のズボン

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です