冷え性の改善には漢方の服用が効果的?

漢方治療は、体の働きを良くして症状を抑制していく事を目的としており、熱を作る機能が低下している冷え性には効果的な治療法と言える。

冷えのメカニズムには、体温調節に関わる自律神経が関係している。

人間の体は発汗や毛穴の開閉、エネルギー代謝、筋肉の震えなどにより寒い時には熱を作り出し、暑い時には熱を放出している。

こうした働きによって体温を一定に保っているが、この熱の調節を行っているのが交感神経と副交感神経からなる自律神経だ。

しかし、この自律神経が何らかの理由で乱れると体温調節が行われにくくなり、冷えが起こってしまう。

自律神経の乱れの原因には、食生活の乱れやストレス、不摂生、冷暖房の使い過ぎなどが挙げられるが、特に問題なのが夏場の冷房だ。

冷房が効いている室内と外気とでは温度差が10℃以上になる事もあり、室内と外を行き来する事が多くなれば頻繁に熱の生産と放出を繰り返さなければならなくなるため、自律神経に負担が掛かってしまい、結果、体温調節機能が低下し、冷え性が起こってしまう。

夏場の冷房以外にも、冬場に薄着でいたり、冷たい物を摂り過ぎると自律神経の調節機能を低下させてしまう。

 

西洋医学には「冷え」という概念がないため、冷え性と診断される事はないが、血液検査などで自律神経失調症や低血圧、貧血が考えられる場合は、これらの治療を行う事がある。

 

・自律神経失調症

自律神経失調症はその名の通り、交感神経と副交感神経の調整が乱れている病気で、血管の拡張・収縮がうまく行えなかったり、血液循環が悪くなるため、冷えの症状が起こる。

 

・低血圧

低血圧は血液を送る力が低下している状態なので、血液循環が悪くなり、冷えの症状が起こる。

 

・貧血

貧血は血液が薄くなった状態なので、体がエネルギー不足を起こし血行も悪くなるため、冷えの症状が起こる。

 


【漢方医学】

 

西洋医学には「冷え」という概念がないため、治療の対象にはならないが、漢方医学では治療の対象となっている。

漢方医学には、「気・血・水(き・けつ・すい)」という概念があり、冷え性の原因はこれらの異常によって起こると考えられ、「血が足りない状態(血虚)」や「血がとどこおっている状態(お血)」、「水分が溜まっている状態(水毒)」、「気が不足している状態(気虚)」などがある。

 

・気虚(ききょ)

エネルギー不足により熱の生産がしにくくなっている状態で、疲れやすい・風邪を引きやすい・寒がりなどの症状も現れる。

 

・お血(おけつ)

うっ血や血行障害などが起こり、熱が運ばれにくくなっている状態で、便秘・月経痛(生理痛)・肩こり・肌荒れなどを伴う。

 

・水毒(すいどく)

体の水分量が多かったり、偏ったりしている状態で、水分が溜まっている所に冷えが起きており、頭痛・頭重感・むくみ・耳鳴り・頻尿などを伴う。

 

漢方医学では、こうした状態や体質、冷えに伴う他の症状などを考慮して、その人に合った漢方薬が決定される。

但し、冷え性は長い時間を掛けて少しずつ進行していくものなので、短期間で症状がなくなる訳ではなく、長い時間を掛けて治療していく必要がある。

そのため、冷え性の改善には漢方の服用だけでなく、食生活やストレス、不摂生、冷暖房の使い過ぎなどを改善していく事も大切となる。

 


【冷え性に効果的な代表的な漢方】

 

・気虚(ききょ)に効果的な漢方

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)、人参養栄湯(にんじんようえいとう)

 

・お血(おけつ)に効果的な漢方

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)、温経湯(うんけいとう)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

・水毒(すいどく)に効果的な漢方

苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

・ストレス改善に効果的な漢方

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、香蘇散(こうそさん)、抑肝散(よくかんさん)、抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)、四逆散(しぎゃくさん)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です