【未解決事件】東日暮里3丁目路上殺人事件 背後から刺して逃走か

【東日暮里3丁目路上殺人事件】

 

東日暮里3丁目路上殺人事件は、2011年(平成23年)に東京都荒川区で発生した殺人事件である。

2011年11月28日午後10時25分頃、東京都荒川区東日暮里3丁目28番先の路上で、背中から血を流している男性が発見された。

発見したのは通り掛かったタクシー運転手で、血を流している男性がタクシーを呼び止め、運転手に「病院に連れて行ってほしい」と話し、運転手が「どうしたんですか?」と尋ねたところ、「刺された」と言ってそのまま倒れたため、運転手が110番通報した。

被害男性は病院に搬送されたが、刺し傷が心臓近くまで達していたため、搬送された時には既に心肺停止状態になっており、そのまま死亡が確認された。

手などに身を守る際にできる防御創がなかった事から、背後から背中をいきなり刺されたものと見られている。

その後の警察の調べで、被害男性は近くに住んでいた太田康治さん(当時24歳)と判明し、刺された現場は太田さん宅まで僅か15mのところだった。

 

太田さんは事件当夜、勤務先を出て自宅の最寄り駅であるJR日暮里駅に、午後9時35分頃に到着している事が駅の防犯カメラの映像から分かっている。

そして、その後、徒歩で約1km離れた自宅方向に向かっているが、自宅近くの角を曲がらずそのまま直進し、コンビニに立ち寄っている事がコンビニの防犯カメラで確認されている。

買い物を終えコンビニを出たのが午後10時20分頃で、その後、自宅方向に向かったと見られている。

発見時、太田さん宅の目の前にはコンビニ袋が落ちており、辺りにはコンビニで買ったポテトチップスが散乱していた。

凶器は発見されておらず、太田さんの携帯電話や財布には手を付けられていなかった。

また、自宅前から約15mのところにあるT字路付近には大量の血痕が残されており、ここが犯行現場となった可能性があり、太田さんはここから大通りまで逃げ、通り掛かったタクシーに助けを求めたと見られる。

しかし、大量の血痕が残されていたにも関わらず、犯人の足跡がなかった事から、犯人は太田さんと逆方向に逃走した可能性が高い。

 

太田さんがタクシーに助けを求めたと思われる同時刻頃、太田さん宅の1本裏にある路地の防犯カメラに1人の男が商店の角を曲がった様子が映っており、その先には太田さんが襲われた現場がある。

荒川署は、この男が犯人の可能性が高いと見ている。

また、男がJR鶯谷駅がある南の方角に向かった事も判明しており、南に約400mのところでも不審な男が防犯カメラに映っていた。

この不審な男が犯人と見られる男と同一人物であると断定はされていないが、同署は何らかの事情を知っていると見て行方を追っている。

更に、犯行時刻頃、現場付近で男性同士が言い争っているのを近所の住民が聞いており、その中でも特に、とても怒った様子の中年男性の声が聞こえていたという。

 

太田さんは、温厚で明るく社交的な性格で、周辺にトラブルなどもなく、人柄もいい好青年だったという。

同署は、犯人と見られる男の身元特定に全力を挙げているが、未だ男に結び付くような有力な情報は得られておらず、現場付近で、

・言い争う声を聞いた

・服に血のついた人を見た

・不審な人物を見た

・駐車していた不審車両を見た

などの情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

警視庁 荒川警察署

「東日暮里三丁目先路上刃物使用殺人事件」特別捜査本部

電話:03-3801-0110(署代表)

 

「男の情報」

防犯カメラに映った男の画像

東日暮里3丁目路上殺人事件の犯人と見られる男の画像
出典:荒川警察署

 

男の特徴

・黒っぽいジャンパー、白っぽいズボンを履いていた

 

「現場の地図」

東日暮里3丁目路上殺人事件の現場地図
出典:荒川警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です