【未解決事件】平塚市タクシー強盗殺人事件 生きたまま放火か?

【平塚市タクシー強盗殺人事件】

 

平塚市タクシー強盗殺人事件は、2010年(平成22年)に神奈川県平塚市で発生した強盗殺人事件である。

2010年5月20日午前3時30分頃、神奈川県平塚市横内の新幹線高架下でタクシーが燃えているのが発見された。

タクシーのトランクからは、このタクシーの運転手をしていた男性(当時62歳)の遺体が発見され、首にはカッターナイフのような薄い刃物で刺された跡があり血を流していた。

その後、GPSなどの解析から、タクシーが高架下に行くまでの間に信号以外の数ヶ所で停車していた事が判明した。

また、男性は高架下とは別の場所で刃物で切りつけられた後にトランクに閉じ込められ、運転席につけられた火の煙が充満した事で一酸化炭素中毒になり死亡した事も判明した。

タクシー内にあった売上金は無くなっており、料金メーターは2,240円で精算される状態になっていた。

タクシーの周辺には血痕がなく、男性の携帯電話がタクシー発見現場の数百メートル手前に落ちていた事などから、他の場所でトラブルになり、犯人が人目につきにくい高架下でタクシーを乗り捨てた可能性があると見て走行経路などを調べている。

犯人は現在も逮捕されておらず、平塚警察署は情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

平塚警察署 特別捜査本部

電話 0463-31-0110

 

「タクシーの情報」

・タクシーが出発した場所

タクシーは午前2時20分頃に平塚駅北口から出発している。

平塚市タクシー強盗殺人事件のタクシーが出発した場所の地図
出典:神奈川県警察

 

・タクシーが発見された場所

タクシーはこの場所に午前2時40分頃に停車している。

平塚市タクシー強盗殺人事件のタクシーが発見された場所の地図
出典:神奈川県警察

 

・被害に遭ったタクシーと同型の車両

平塚市タクシー強盗殺人事件で被害に遭ったタクシーと同型のタクシー写真
出典:神奈川県警察

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です