【未解決事件】堀切4丁目荒川河川敷殺人・死体遺棄事件

【堀切4丁目荒川河川敷殺人・死体遺棄事件】

 

堀切4丁目荒川河川敷殺人・死体遺棄事件は、2012年(平成24年)に東京都葛飾区で発生した殺人・死体遺棄事件である。

2012年10月25日午後8時30分頃、東京都葛飾区堀切4丁目の荒川河川敷に釣りに来ていた男性から、「人の遺体のようなものがある」と110番通報があった。

駆け付けた警察官が確認したところ、腐乱した遺体が発見された。

遺体には頭と足から、それぞれ5、6枚の黒いポリ袋が被されており、膝を折り曲げるような姿勢で体の大部分がポリ袋に入っており、手足には紐が巻かれ、腹部には複数の刺し傷があった。

また、遺体は川の水が引いたところに打ち上げられていたが、死後相当期間が経過していると見られ、発見時、着衣や所持品などはなかった。

警視庁捜査1課は、何者かが死体を遺棄したと見て、死体遺棄事件として捜査を開始した。

 

その後、DNA鑑定を行った結果、遺体の身元は東京都足立区西保木間在住の無職の邊見義光(へんみ よしみつ)さん(当時62歳)である事が分かり、司法解剖の結果、死因は腹部を刺された事による失血死と見られた。

邊見さんの長男(当時35歳)によると、邊見さんは足立区の団地で10年ほど1人暮らしをしていた。

そして、2012年9月頃から、邊見さんの親族が郵便受けに新聞が溜まっているのを不審に思い、部屋の中を確認したところ、行方不明になっている事に気付き、葛飾署に届け出ていた。

行方不明に気付いた当時、邊見さん宅の玄関は施錠されており、室内に争った形跡も見られなかった。

 

その後の調べで、2012年10月18日午前0時頃、遺体発見現場の葛飾区堀切の河川敷から上流に約4km上った西新井橋(足立区本木)から、大きな物が川に落ちて水しぶきが上がったのを、近くで釣りをしていた男性が目撃していた事が分かった。

この釣りをしていた男性によると、何が落ちたのかは分からず、不審な人物にも気付かなかったという。

同署は、犯人が水面まで約10mの高さのこの橋から邊見さんの遺体を川に投げ入れ、その後、下流の発見現場まで流されたと見ている。

 

未だ犯人は逮捕されておらず、犯人に結び付くような有力な情報も得られていない。

同署は、

・邊見さんを知っている

・邊見さんの知り合いだった人を知っている

・邊見さんによく似た人を知っている、見かけた事がある

・橋の上や河川敷から、荒川に黒っぽい大きな物を捨てるのを見た

・事件の関与を自慢げに話したり、異常に興味を示す人を知っている

などの情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

葛飾警察署

電話:03-3695-0110(署代表)

 

「邊見さんの情報」

邊見義光さん
出典:葛飾警察署

 

 

 

 

 

 

 

 

・名前:邊見義光(へんみ よしみつ)さん

・当時の年齢:62歳

・当時の住所など:都営西保木間4丁目アパート(足立区)で1人暮らし

・職業:元左官職人で当時は無職

・行方不明時期:2012年(平成24年)9月頃

・身長:168cmくらい

・身体の特徴:左眉毛にイボ有り

 

「現場の地図」

堀切4丁目荒川河川敷殺人・死体遺棄事件の現場地図
出典:葛飾警察署

 

現場は、東京都葛飾区堀切4丁目の荒川左岸河川敷内。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です