【座間市で起きた男女9人殺害事件の概要】女性被害者全員に性的暴行

神奈川・座間市のアパートで、男女合わせて9人の遺体が見つかった事件。

逮捕されたのは、白石隆浩(27)容疑者という人物である。

この事件の概要、殺害された被害者について、そして白石容疑者の現在について迫っていこうと思う。

 

白石隆浩の顔写真
出典:デイリー新潮

 

 

 

 

 

 

 

(白石隆浩容疑者の写真)

 


【事件概要】

 

白石容疑者は、事件現場となった座間市緑ケ丘の木造2階建てアパートを、2017年8月18日に内覧し契約、この時、1人目の被害者となった女性も部屋の内覧に同行していた。

19日には不動産会社にも同行し、白石容疑者と共に賃貸契約を進めていた。

このアパートは、契約の際に銀行口座に、ある一定の額を所持している必要があったため、1人目の被害者となった女性に51万円を振り込ませていた。

アパートの入居手続きは白石容疑者の父親が済ませたが、アパートの管理人の話によると、その際とても慌てていた様子だったという。

そして白石容疑者は、22日にアパートに入居した。

その後、Twitterで「一緒に死のう」などのメッセージを送った女性らを自宅に招き、酒や睡眠薬を飲ませた後に、部屋のロフトから垂らしたロープで首を吊り殺害した。

1人目の被害者を探していた男性が現れた時も同様の方法で殺害した。

白石容疑者は、アパート入居前からノコギリを購入して、遺体解体の準備をしていた。

1人目の女性殺害後には、解体した遺体を収納する箱の結束に使用していた結束バンドも購入している。

遺体解体は、アパート自室の風呂場の浴槽で行っており、頭部以外の部分は密封容器に入れて、証拠隠滅のためアパートから離れた2ヵ所のゴミ捨て場に捨てていた。

2017年9月27日、福島市の女子高生が行方不明になり、その家族が福島県警に捜査願いを出した。

依頼を受けた福島県警が、携帯電話の電波の発信記録を調べたところ、翌日の9月28日の午後に、神奈川県座間市緑が丘の携帯電話基地局が電波を検知していたことが分かった。

この情報を受け、9月28日に福島県警から神奈川県警に捜査要請、神奈川県警の所轄警察署の座間警察署は、署員4人を導入して3時間捜索を行った。

10月2日には、埼玉県警から神奈川県警に対し、福島県警と同様の少女の捜索要請があった。

この捜索要請の背景には、埼玉県警が捜索願を受諾した少女の携帯電話の最終発信地点が、9月30日に緑ケ丘で記録されていた事実があった。

この時点で神奈川県警は異なる地域で捜索願いが出された少女2人が、同一地域で消息不明となった経緯を把握し、2つの行方不明の事件を結びつけ、集団自殺ではないかと考え、捜索範囲を更に拡大し、自殺者が集まりそうな場所や山中へ捜索範囲を広げるなどの対処をしていた。

そして、最後の被害者となったのは、八王子市内に住んでいた女性である。

この女性は、10月21日に勤務先の同僚がこの女性宅に訪れたのを最後に、行方が分からなくなっていた。

しかし、10月23日にJR八王子駅と白石容疑者のアパートに近い、小田急小田原線相武台前駅の防犯カメラに、2人が映っていたことが分かった。

10月24日には被害者の兄が高尾警察署に捜索届を提出しており、高尾警察署は捜査を開始していた。

この際に逮捕時におとり役をした女性が、被害者の兄に白石容疑者の情報をTwitterで提供していた。

そして10月30日、被害者の兄に情報提供をした女性が白石容疑者を誘い出した。

その隙に白石容疑者のアパートに捜査員が踏み込み、室内で遺体の一部が入った多数のクーラーボックスを発見した。

これが証拠となり、10月31日に白石容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。

 


【被害者9人の詳細】

 

・1人目の被害者:神奈川県厚木市の当時21歳だった女性

8月23日頃、被害女性から借りていた現金36万円の返済を免れるために、女性の殺害を計画。女性に性的暴行を加えた後に、自宅アパートでロープで首を絞めて殺害した。更に現金数万円を奪った。

 

・2人目の被害者:群馬県邑楽郡邑楽町の当時15歳だった女子高生

8月28日頃、自宅アパートで性的暴行を加えた後に、ロープで首を絞めて殺害した。更に現金数千円を奪った。

 

・3人目の被害者:神奈川県横須賀市の当時20歳だった男性

8月30日頃、動機は、この男性と面識があった1人目の被害女性を殺害したことがバレるのを恐れたためだった。そして、自宅アパートでロープで首を絞めて殺害。更に現金数千円を奪った。

 

・4人目の被害者:埼玉県所沢市の当時19歳だった女子大生

9月16日頃、自宅アパートで性的暴行を加えた後に、ロープで首を絞めて殺害した。更に現金数百円を奪った。

 

・5人目の被害者:埼玉県春日部市の当時26歳だった女性

9月24日頃、自宅アパートで性的暴行を加えた後に、ロープで首を絞めて殺害した。更に現金数千円を奪った。

 

・6人目の被害者:福島県福島市の当時17歳だった女子高生

9月28日頃、自宅アパートで性的暴行を加えた後に、ロープで首を絞めて殺害した。更に現金数千円を奪った。

 

・7人目の被害者:埼玉県さいたま市の当時17歳だった女子高生

9月30日頃、自宅アパートで性的暴行を加えた後に、ロープで首を絞めて殺害した。更に現金数千円を奪った。

 

・8人目の被害者:神奈川県横浜市の当時25歳だった女性

10月18日頃、自宅アパートで性的暴行を加えた後に、ロープで首を絞めて殺害した。更に現金数百円を奪った。

 

・9人目の被害者:東京都八王子市の当時23歳だった女性

10月23日頃、自宅アパートで性的暴行を加えた後に、ロープで首を絞めて殺害した。更に現金数百円を奪った。

 


【逮捕後から現在】

 

10月31日に逮捕されてから、殺人容疑、死体損壊容疑、死体遺棄容疑などで再逮捕を繰り返し、合計10回の逮捕となり、2018年3月22日に、ようやく被害者9人全員に対する殺害行為が立件された。

そして、2018年4月から精神鑑定が行われていたが、刑事責任能力があるとの鑑定結果が出たことにより、東京地検は拘留期限の2018年9月上旬にも起訴する方針を固め、そして9月10日に起訴した。

起訴内容は、強盗・強制性交、殺人などの罪である。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です