撃墜認めたイラン国内で抗議デモ!イランはどう責任を取るのか?

ウクライナ旅客機の撃墜を認めたイラン指導部に対して、国内外で批判が高まっている。

イラン国内では、首都テヘランやシラーズ、イスファハーン、ハマダーン、オルーミーイェなどの複数の都市で指導部への抗議デモが発生し、英国大使がデモをあおったとして、当局に数時間拘束される事態となった。

英国のラーブ外相は、「根拠や説明なく我が国の大使を逮捕したのは、言語道断の国際法違反だ。」という声明を発表し、「政治的、経済的に国際社会から孤立する道を歩み続けるのか、緊張緩和に動いて外交的な道を歩むのか、イランは岐路に立っている。」と主張した。

 

米国のトランプ大統領は、ツイッターに「抗議活動を注意深く見ている。あなた方の勇気に触発されている。」と投稿し、デモ参加者を支持する考えを示した。

更に、トランプ大統領は「イラン政府は、人権団体が抗議活動の現場で起きている事実を報告することを許可すべきだ。平和的な抗議活動を再び虐殺してはならないし、インターネットを閉鎖してはならない。世界が見ている。」とも投稿した。

一方、旅客機に57人の国民が搭乗していたカナダや英国、ウクライナは誤射を認めた事は重要な一歩だとし、カナダのトルドー首相は記者会見で「イランが認めたことは非常に深刻だ。民間機を撃ち落としたのは恐ろしい事態だ。イランは全面的に責任を負わなければならない。」と述べた。

 

イランのファルス通信はデモ参加者数を千人と伝え、デモ参加者たちはウクライナ旅客機の犠牲者を悼むため、テヘランの大学の近くに集まったが、道路をふさいだため、警察に解散させられる事態となった。

その際、催涙ガスが使われたという情報もあるようだ。

デモ参加者たちは、米軍に殺害された革命防衛隊ソレイマニ司令官の写真を破り、「嘘つきには死を」などと叫び、最高指導者であるハメネイ師の退陣を求める声も上がった。

また、米国との緊張が高まっている時に、当局がウクライナ旅客機の離陸を許可した事を疑問視する声も上がっている。

 

ウクライナ大統領府は、イランのロウハニ大統領がウクライナのゼレンスキー大統領に対し、「ウクライナ機撃墜の関係者らを処罰する。」と伝えた事を明らかにした。

ウクライナ大統領府によると、ロウハニ大統領はゼレンスキー大統領に「この空の惨事に関わった者全員を裁きにかける。」と伝え、「我が国の兵士の過ちが招いたこの悲劇を十分に認識している。」と謝罪したという。

ゼレンスキー大統領は、旅客機撃墜で死亡したウクライナ人11人の遺体送還を、1月19日までに実現できるようイラン政府に求め、ウクライナ外交官らが「補償問題の解決」に向け、工程表を作成している事を報告した。

イラン側はこの問題について、ウクライナ側に合意しているという事だ。

 

ロウハニ大統領は、「この空の惨事に関わった者全員を裁きにかける。」と言っているが、誤射に関わった関係者の処罰だけで済むのだろうか。

革命防衛隊を指揮する最高指導者のハメネイ師が、責任を取るべき問題ではないだろうか。

是非とも、被害者遺族や国際社会が納得できる厳重な処罰をお願いしたい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です