【未解決事件】石狩市新港会社員強盗殺人事件 ショベルカーで強盗

【石狩市新港会社員強盗殺人事件】

 

石狩市新港会社員強盗殺人事件は、2005年(平成17年)に北海道石狩市で発生した強盗殺人事件である。

2005年1月13日午前5時52分頃、北海道石狩市新港中央2丁目813-2に所在する砂利運搬会社「有限会社 丸井今井工業石狩営業所」の事務所内で、従業員の新田猛さん(当時56歳)が死亡しているのが発見された。

発見したのは出勤してきた同僚で、頭から血を流して倒れている新田さんを見つけ、110番通報した。

新田さんは鈍器のような物で殴られたような跡があり、床に倒れていたという。

 

北警察署は、遺体発見の約2時間前に事務所にあったショベルカーが盗まれ、ATMのある近くのスーパーの壁が壊される事件が発生した事で、強盗殺人事件と断定し、捜査を開始した。

被害に遭ったスーパーは、新田さんが殺害された現場から約3km離れた同市樽川にある「ビックハウス花川店」で、同日午前4時10分頃にATMの所の壁が、盗まれたショベルカーで壊された。

警備会社への異常通報により署員が駆け付けたため、ショベルカーを運転していた人物は何も取らずに逃走し、ショベルカーは事務所近くに放置されていた。

パトカー3台で犯人を追跡したが、当日は猛吹雪で視界が悪かったため、見失ってしまった。

 

新田さんは会社の除雪作業をするために、通常、午前3時頃に出勤しており、事務所の配車係として採石運搬用のダンプカーなどの手配をしていた。

ショベルカーのカギは、いつも事務所内に保管されていた事から、同署は会社の内部に詳しい者の犯行の可能性があると見ている。

ショベルカーは高さ4m、全長が10mもある大型タイプのもので、犯人はこれを巧みに操っていた事から、こうした機械を操る技術を持っていたと見られる。

 

現場は石狩湾に面した石狩市北部の港湾・鉱工業者の集積地で、付近にはコンテナ置き場などがあり、普段は業者関係者以外の人通りは少ない。

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、北警察署は情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

北警察署

011-727-0110

 

「現場の地図」

石狩市新港会社員強盗殺人事件の現場の地図
出典:北警察署

 

「犯人の遺留品」

ガストーチ・手袋・長靴

石狩市新港会社員強盗殺人事件の犯人の遺留品のイメージ画像
出典:北警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です