【未解決事件】城丸君事件 容疑者の女はなぜ無罪になったのか?

【城丸君事件】

 

城丸君事件(じょうまるくんじけん)は、1984年(昭和59年)に北海道札幌市で発生した男児の失踪・死亡事件である。

1984年1月10日、北海道札幌市豊平区に住んでいた男児・城丸君(当時9歳)が行方不明になった。

母親によると、城丸君は「ワタナベさんの家に行く」と言い残し家を出た後、行方が分からなくなった。

警察は当初、城丸君の家が資産家だったため、身代金目当ての誘拐ではないかと考えたが、身代金を要求する電話などがなかったため、公開捜査に踏み切った。

その後、城丸君が元ホステス(当時29歳)が住んでいたアパートの階段を上がっていたという目撃証言が得られたため、この元ホステスを重要参考人として事情聴取したが、手掛かりになるような有力な情報を得る事はできなかった。

 

1986年12月30日、元ホステスが嫁いでいた新十津川町にある住宅が火事になり、元ホステスの夫が死亡した。

夫には1億円もの保険金がかけられており、元ホステスはその金を保険会社に請求したが、その後取り下げている。

その後、死亡した夫の弟が火事で焼けた家の整理をしていたところ、焼けた人間の骨が見つかった。

警察はその骨をDNA鑑定したが、当時の技術では身元を特定する事はできなかった。

警察は元ホステスを再び事情聴取した。

その際に、ポリグラフ検査(嘘発見器)で特異反応を示し、罪を犯した事を匂わすような発言をしていたが、発見された人骨の身元が判明していなかった事などもあり、これ以上の追求を断念した。

 

1998年、短鎖式DNA型鑑定を用い再度骨のDNA鑑定をしたところ、城丸君の骨である事が判明し、12月7日に元ホステスの女を殺人罪で起訴した。

この時、傷害致死・死体遺棄・死体損壊罪の公訴時効は成立しており、殺人罪の時効成立は1ヶ月後だった。

検察は元ホステスが借金を抱えていた事から身代金目当てで城丸君を誘拐し殺害したとしたが、城丸君の死因を特定できなかったため殺害方法は不明として立件せざるを得なかった。

 

「裁判」

被告人は、一審の罪状認否で「起訴状にあるような事実はない」と主張した以外は、検察側の質問に対し全て「答える事はない」と返した。

弁護側は被告人は黙秘権を行使する意向だとし、被告人質問を実施すること自体に反対した。

検察は多くの状況証拠から被告人が城丸君を殺害したとし無期懲役を求刑したが、弁護側は無罪を主張した。

警察の捜査では被告人が殺害に及ぶ理由を見い出せておらず、被告人は経済的に困窮しておらず、身代金目当てで誘拐する動機がないとされた。

しかし、城丸君の遺体を長期間保管したり焼けた骨を隠したり、当初の事情聴取で犯行をほのめかすような供述をしていた事が事実認定された。

 

そして、2001年5月30日、札幌地裁は被告人の家から見つかった骨が城丸君のものであると認定し、証言などから電話で城丸君を呼び出したのは被告人であるとした。

また、多くの状況証拠から城丸君が被告人の家に居る間、被告人の犯罪行為によって死亡した疑いが強いとし、なんらかの致死行為があった事を認めたものの、殺意があったかどうかは疑いが残ると認定し、被告人の殺人罪について無罪判決を下した。

裁判での被告人の黙秘権の行使に対しては、「被告人としての権利の行使にすぎず、被告人が何らかの弁解や供述をしなかった事をもって、犯罪事実の認定に不利益に考慮することが許されないのは言うまでもない」とした。

この判決に対し検察側は控訴したが、2002年3月19日、札幌高裁は控訴を棄却し、事実上、未解決事件となった。

そして、同年5月2日、元ホステスは札幌地裁に刑事補償1,160万円を求める裁判を起こし、11月18日に札幌地裁は930万円の支払い命令を下した。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です