【未解決事件】鹿児島市亜ヒ酸混入事件 無差別殺人を計画か?

【鹿児島市亜ヒ酸混入事件】

 

鹿児島市亜ヒ酸混入事件は、1999年(平成11年)に鹿児島県鹿児島市で発生した亜ヒ酸混入事件である。

1999年10月7日、鹿児島県鹿児島市西千石町にある「三反田藤男設計事務所」で、給湯室のポットに亜ヒ酸が混入され、そのお湯でお茶などを飲んだ5人の社員が病院に搬送された。

ポットとお湯を沸かしたヤカンを調べると亜ヒ酸が検出されたため、毒物事件として捜査が開始された。

 

事件当日、ポットには2回お湯が給湯されており、1回目の給湯時間は午前8時半で2回目の給湯時間は午前11時半だった。

しかし、1回目に給湯されたお湯を飲んだ社員は特に体に異常がなかったため、警察は1回目の給湯時間の午前8時半から2回目の午前11時半までの間に亜ヒ酸が混入された可能性が高いと見て捜査していた。

亜ヒ酸は白アリ駆除によく使用されるため、亜ヒ酸を取り扱う1,227の白アリ業者の2,715人から事情を聞いたが、物的な証拠や証言を得る事はできなかった。

その後も捜査は続いたが、有力な情報を得る事ができず、2014年10月8日に殺人未遂罪の公訴時効が成立し、未解決事件となった。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です