【未解決事件】不可解な加古川市小学生女児殺人事件の真相は?

【加古川市小学生女児殺人事件】

 

加古川市小学生女児殺人事件は、2007年(平成19年)に兵庫県加古川市で発生した殺人事件である。

2007年10月16日午後6時頃、兵庫県加古川市別府町に住んでいた小学2年の鵜瀬柚希(うのせ ゆずき)ちゃん(当時7歳)が、近所の公園から自転車で帰宅し、自宅の東側に自転車を置いて家に入ろうとした時、何者かに胸などを刺されて殺害された。

家に居た家族4人が、柚希ちゃんの悲鳴を聞いて直ぐに駆け付けたが、既に犯人は逃走した後だった。

柚希ちゃんは、胸と腹部の2ヶ所を正面から刃物で刺されていた。

その後、119番通報を受けて午後6時8分に救急隊員が駆け付け、柚希ちゃんは県立こども病院に緊急搬送された。

救急隊員が搬送中に犯人について柚希ちゃんに尋ねた際、柚希ちゃんは薄れゆく意識の中で「大人の人、男。」と答えたという。

そして、午後7時45分に柚希ちゃんの死亡が確認された。

死因は失血死で、左胸上部を刃物で刺された傷が致命傷となった。

 

「この事件の不可解な点」

・柚希ちゃん宅の玄関は生活道路に面しており、道路の道幅は約4mと広くはないが、東西に真っ直ぐ伸びており、見通しは悪くなく、向かい側にも家がある。

この事件は、誰かに目撃される可能性が高い自宅前で犯行に及んでいる事など、不可解な点が多い。

捜査本部は「跡をつけたにしても、待ち伏せしたにしても、わざわざ自宅前を選んだ理由がわからない。」と述べており、犯人の犯行目的もハッキリしない。

 

「目撃情報」

・柚希ちゃん宅前の市道を西側に約20m行った所に住んでいる女性が、犯行時間帯に路上を見ていたが、不審者は目撃していない。

この女性は午後6時頃、息子を病院に連れて行くため、市道に面した車庫から乗用車を出そうとしていたが、向かいの住民が利用している福祉施設の車が路上に止まっていたため、自分の車を車庫から出す事ができず、自宅から約5分ほど市道を眺めていたという。

また、この女性は路上に止まっていた福祉施設の車が動いたため、自分の車を出そうと玄関を出た直後に、柚希ちゃんの悲鳴や家族の叫び声を聞いているが、市道を不審者が通る事はなかったという。

 

「捜査本部の分析」

・柚希ちゃん宅の近くに住む女性の証言より、捜査本部は犯人が柚希ちゃんを刺した後に西方向に逃げた場合、女性が見逃す可能性は低いため、東方向に逃げた可能性が高いと見ている。

 

・捜査本部は、柚希ちゃんが残した「大人の男」というダイイングメッセージについて、「犯人が女児の顔見知りなら、このような言い方はまずしない。見ず知らずの人間か、犯人が一方的に女児を知っていた可能性がある。」と分析している。

 

・柚希ちゃん宅から市道を眺めていた女性宅までに、市道からの抜け道はないが、東側には北に抜ける路地がある他、身を隠せるような空き地も点在している。

しかし、女性や柚希ちゃんの家族、近所の住民らは車やバイクのエンジン音を聞いていないため、捜査本部は犯人が徒歩や自転車で一旦東方向に逃げ、その後、路地に沿って東か北に逃げた可能性が高いと見ている。

 

「現場の地図」

加古川市小学生女児殺人事件の現場の地図
出典:加古川警察署

 

・柚希ちゃん宅付近の地図

加古川市小学生女児殺人事件の被害者宅付近の地図
出典:加古川警察署

 

「事件当時の柚希ちゃんの服装など」

鵜瀬柚希ちゃんの事件当時の服装と自転車のイメージ画像
出典:加古川警察署

 

「情報提供」

2018年9月末までに約520件の情報が寄せられているが、今のところ有力な情報はないという。

しかし、事件発生から10年以上を経て容疑者が逮捕された事例もあるため、捜査本部は引き続き情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

兵庫県加古川警察署

電話:079ー427ー0110(代表)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です