【未解決事件】亀戸6丁目美人漫画家殺人事件

【亀戸6丁目美人漫画家殺人事件】

 

亀戸6丁目美人漫画家殺人事件は、2000年(平成12年)に東京都江東区で発生した殺人事件である。

2000年9月29日午後1時頃、東京都江東区亀戸6丁目にあるマンションの一室で、吉田陽子さん(当時28歳)が殺害されているのが発見された。

発見したのは国勢調査の調査員で、調査員が吉田さん宅を訪問したところ、応答がなく、カギが開いた状態になっていた。

また、中から異臭がした事で不審に思った調査員が、マンションの管理人に通報した事で事件が発覚した。

吉田さんはベッドの中で首を絞められて殺害されており、Tシャツ1枚だけを着た状態で、顔には白い布が被されていた。

死亡推定日時は、9月19日頃と見られている。

 

吉田さんは、同人誌で有名なアマチュア漫画家で、10年間1人暮らしをしていたが、マンションにはアシスタントや業者などの出入があった。

人気同人作家が大きな収入を得る事もあるという事は、当時の世間では理解されておらず、同人活動の傍ら、高級風俗店に勤務して生計を立てていたとも報じられていたが、金銭には困っていなかった。

発見時、部屋には現金300万円があったが、手付かずのまま残されていた事から、物盗りではなく、怨恨か人間関係のトラブルによる犯行と見られている。

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、城東警察署はこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

城東警察署

「亀戸六丁目マンション内女性殺人事件」特別捜査本部

電話:03-3699-0110(代表)

 

 

「吉田さんの情報」

人気同人作家の吉田陽子さん
引用:「奇跡の扉 TVのチカラ」

 

・名前:吉田陽子(よしだ ようこ)さん

・当時の年齢:28歳

・住所:東京都江東区亀戸6丁目

・職業:同人作家(漫画家)

・ペンネーム:杉崎くうる

 

吉田さんは、「杉崎くうる」というペンネームで活動しており、同人作家の中でもカリスマ的な人気を誇っていた。

中学の頃から同人誌の漫画に興味を持ち、高校時代には自分で漫画を描いたり、同人誌の漫画即売会のイベントに出品したりしていた。

高校卒業後は、近所に住む両親の元を離れ、1人暮らしをしながら、こつこつと漫画を描いていた。

両親の元を離れても、月に1度は必ず両親のところへ泊まりに行き、元気な姿を見せていた。

年内には両親のところへ戻り、同居する予定になっていた矢先の出来事だった。

 

 

「テレビ朝日系「奇跡の扉 TVのチカラ」による調査」

元仲間の漫画家によると、吉田さんには漫画家以外に風俗嬢という別の顔があり、交友関係も広かったようだ。

吉田さんは事件直前、あるイベント会場で「中近東の人間に付きまとわれている」と話していたという。

また、別の友人は、事件直前に吉田さんが書いた手紙を預かり、「読まなくてもいいから預かっておいて。何かの役には立つと思うよ。時期がきたら開けてね。」と言われたという。

下画像はその手紙。

吉田陽子さんが書いた手紙
引用:「奇跡の扉 TVのチカラ」

 

手紙には次のように書かれている。

「私はあと2~3日でたぶん死ぬかもです。

私が狙われてるのは間違いないです。

同じ地域に住むファンに殺されるかもです。

毎日、毎日、手紙などしつこくて嫌なファンです。

日本人ではないからまた怖いかな。」

 

しかし、筆跡鑑定を行ったところ、別人が書いた手紙である可能性が高い事が分かった。

その後の調査で、この手紙を書いたのは、吉田さんから手紙を渡されたという友人だった事が判明した。

その友人を問いただしたところ、人気漫画家だった吉田さんへのやっかみが動機だったと答えた。

 

・クリス・ロビンソン氏が犯人を透視

夢で透視する男で知られるクリス・ロビンソン氏が吉田さんを殺害した犯人を透視し、描いた犯人の似顔絵が下の画像。

クリス・ロビンソンが描いた吉田陽子さん殺害犯の似顔絵
引用:「奇跡の扉 TVのチカラ」

 

以下は、クリス・ロビンソン氏が透視した犯人の特徴や行動。

・年齢:25~35歳くらい

・身長:165cmくらい

・犯人の特徴:南アジア系の彫り深い顔、中肉中背、眼鏡なし

 

犯人は吉田さんを殺害した後、駅に行って青色の電車に乗り、終点で降りた。

その終点の駅が犯人が住んでいる街。

逃げる時、犯人は左足を折り、病院で手当てを受けている。

 

・クリス・ロビンソン氏が透視した人物を特定

番組がクリス・ロビンソン氏が透視した人物を調査したところ、X氏という人物が浮上し、住所は東武亀戸線の終点、曳舟駅周辺である事が分かった。

X氏の当時の年齢は25歳で、似顔絵にもそっくりで透視と一致している。

X氏の知人によると、ケガで病院に行き、仕事を休んでいた時期があったという。

仕事を休んでいた時期も事件発生時期と一致している。

また、X氏は借金をしてまで吉田さんに貴金属などを貢いでいたが、振られてしまい、電話で吉田さんに「ぶっ殺してやる お前 この野郎 てめぇ」などと言っていたという。

その後、X氏は2001年1月から行方不明になっているらしい。

 

「現場の地図」

吉田陽子さんが殺害された現場の地図
出典:城東警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です