【未解決事件】加茂前ゆきちゃん失踪事件 謎の怪文書の内容は?

【加茂前ゆきちゃん失踪事件】

 

加茂前ゆきちゃん失踪事件は、1991年(平成3年)に三重県四日市市で発生した失踪事件である。

1991年3月15日午後2時30分頃、三重県四日市市富田に住んでいた加茂前ゆきちゃん(当時8歳)が、自宅を出た後行方不明になった。

ゆきちゃんはこの日、午後2時頃に友達と別れ帰宅した。

父親の芳行さんは板金工場で夜勤の仕事をしており、いつも夕方6時に家を出て翌朝帰宅する生活をしていたため、ゆきちゃんはいつも寝ている父親を起こさないように、帰宅すると物音を立てないようにしていたため、芳行さんはいつもゆきちゃんが帰宅した事に気付かなかった。

母親の市子さんも当時パートをしており、この日の午後2時30分頃にパート先から家に電話を掛け、ゆきちゃんが家に居る事を確認していた。

その後、小学校6年生の次女が帰宅した時には、ゆきちゃんの姿はどこにもなく、テーブルの上にはまだ温かいココアが残されていた。

ゆきちゃんはココアが好きで、よく自分で作って飲んでいた。

 

午後4時頃、父親の芳行さんが目を覚まし、ゆきちゃんが居ない事に気付いたが、ゆきちゃんはいつも帰宅した後、友達と待ち合わせて遊びに行く事が多かったため、あまり気にしていなかった。

その後、長女や市子さんも帰宅したが、ゆきちゃんは夜になっても帰ってこなかった。

そして、午後8時に警察に通報し、家族や小学校の先生らと一緒に捜索したが、ゆきちゃんを見つける事はできなかった。

 

ゆきちゃんの失踪後、ゆきちゃんの家族は情報提供を求めるビラや看板を作り、テレビ出演もして情報提供を待っていた。

脅迫電話が掛かってくる可能性も考え、自宅の電話には逆探知装置を取り付け待っていたが、脅迫電話は掛かってこなかった。

しかし、無言電話は頻繁に掛かってくるようになった。

 

「不審な点」

・ゆきちゃんは遊びに行く時いつも自転車に乗って出掛けていたが、その日は自転車が家に置きっぱなしになっていた。

・ゆきちゃんが作ったと思われるココアが、そのままテーブルの上に置かれていた。

・当時は3月でまだ寒く、ゆきちゃんはいつもピンク色のジャンパーを着て出掛けていたが、ジャンパーは家に置いたままになっていた。

・ゆきちゃんはこの日、友達の誘いをなぜか断っている。

 

「怪文書」

事件発生から3年後、ゆきちゃん宅に「加茂前秀行様」という間違った宛先(芳行さんの間違い)で、一通の封筒が届いた。

封筒の中には手紙が3枚入っており、内容は以下のようなものだった。

・1枚目の内容

ミゆキサンにツイテ
   
ミユキ カアイソウ カアイソウ

おっカアモアカアイソウ お父もカアイソウ

コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レトオモイマス

股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテシュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウニツトめた

イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ裏口ニ立ツヨウニナッタ

イまハー ケータショーノチカクデ四ツアシヲアヤツツテイル

***

ツギニ

ス丶”カケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロアヤメ一ッパイノ部ヤデ

コーヒーヲ飲ミナガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハアサヤントオもう。

ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きくワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイ

タ。

モウ股割レハ人ヲコえて 一匹のメスにナッテイタ。

感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動い

 

・2枚目の内容

タ。 ソレガ大きな事件トハシラズニ、又カムチャッカノハクセツノ冷タサニシラズニ、ケッカハミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル

モウ春、三回迎エタコトニナル

サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカトオモウ

ダッタン海キョウヲ テフがコエタ、コンナ平和希求トハチガウ

ミユキノハ丶ガカ弱イハネヲバタバタヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、広いダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル

股割れは平気なそぶり

時ニハ駅のカンバンニ眼ヲナガスコトモアル、一片の良心ガアル、罪悪ヲカンズルニヂカイナイ

ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレルオスヲ探しツヅケルマイニチ

 

・3枚目の内容

股ワレワ ダレカ、ソレハ富田で生レタコトハマチガイナイ

キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト

事件ガ大キイノデ、決シテイソグテバナイトオモウ。

○ ヤツザキニモシテヤリタイ股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ

○ 我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番トホトイトキダ

 

このように文章は、カタカナ・ひらがな・漢字を使って書かれており、一度鉛筆で下書きした上から、ボールペンでなぞったような手紙になっていた。

また、所々赤いインクで書かれていた。

内容はなんとなくは理解できるが、意味不明。

「トミダノ」は、ゆきちゃんが住んでいた富田を指していると思われ、「シュンガ」は春画を指し、江戸時代の風俗画を意味しているのではないかと考えられる。

また、「股割レ」は性行為の時の動作を指しているのではないだろうか。

 

「目撃情報など」

・学校のジャングルジムで遊んでいた。

・学校の横にある十四川付近で遊んでいた。

・富田駅にいた。

・自宅から約15m離れた所で、白いライトバンに乗った人物と話をしていた。

 

富田駅辺りに居たという目撃証言が多かったが、事件解決の手掛かりにはならなかった。

ゆきちゃんの行方は現在も分かっておらず、四日市北警察署は情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

四日市北警察署

電話:0593-66-0110

 

「ゆきちゃんの情報」

・名前:加茂前ゆき(かもまえ ゆき)ちゃん

・生年月日:昭和57年5月9日

・当時の年齢:8歳

・当時の身長:130cmくらい

・当時の体重:38kgくらい

・当時の髪型:肩より20cmくらい長い長髪

・当時の服装:水色地に水玉模様の長袖ブラウス、うす茶色のスカート、黒色のビニール靴

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です