【未解決事件】川井村17歳女性殺人事件 冤罪の可能性も

【川井村17歳女性殺人事件】

 

川井村17歳女性殺人事件は、2008年(平成20年)に岩手県下閉伊郡で発生した殺人事件である。

2008年7月1日、岩手県下閉伊郡川井村(現在の宮古市)の山間部で女性の遺体が発見された。

死亡していたのは佐藤梢(さとう こずえ)さん(当時17歳)で、道路工事をしていた作業員によって発見された。

司法解剖の結果、死因は首を絞められた事による窒息死と見られ、死亡推定日時は6月30から7月1日と判明した。

また、何者かに首を絞められた後、瀕死の状態で橋から投げ捨てられた可能性が高いと見られている。

 

6月28日、佐藤さんの知人だった小原勝幸(おばら かつゆき・当時28歳)という人物が、佐藤さんを電話で呼び出していた。

2人はコンビニで待ち合わせをし、佐藤さんはコンビニの防犯カメラに映ったのを最後に消息を絶っていた。

そして、小原氏は7月2日午前10時頃に弟にはメールで、知人には電話で自殺をほのめかすような連絡をしていた事が分かった。

7月3日には、断崖現場から小原氏が所持していた財布やタバコなどが発見されたが、小原氏の遺体が発見されなかったため、警察は偽装自殺と判断し、7月29日に小原氏を佐藤さん殺害の容疑で全国に指名手配した。

小原容疑者は、事件直後に自損事故を起こしており、放置されていた小原容疑者の車の中からは血痕や遺留品が発見された。

そして、遺留品の鑑定結果より、警察は小原容疑者が佐藤さんを殺害した犯人と断定した。

小原容疑者は現在も逮捕されておらず、警察はこの事件を捜査特別報奨金制度に指定し、事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

宮古警察署捜査本部

0120-243-852(フリーダイヤル)

0193-64-0110(代表)

 

しかし、一方で小原容疑者の父親は国や県に対し、指名手配の差し止めと損害賠償を求める訴訟を2010年6月30日に起こしている。

それはなぜかと言うと、この事件には冤罪疑惑があるからである。

盛岡地裁は2014年4月11日に、父親のこの請求を棄却し、原告側が控訴しなかったため、そのまま確定している。

では、この事件にはどのような冤罪疑惑があるのだろうか。

 

「冤罪が疑われる点」

・殺害された佐藤梢さんには、佐藤梢さんという同姓同名の友人女性がおり、この佐藤さんは小原容疑者と以前交際していた。

そして、この佐藤さんは、殺害された佐藤さんが自分の身代わりになったのではないかと話している。

どういう事かと言うと、小原容疑者は以前にX氏という先輩に仕事を紹介してもらっていたが、その仕事を勝手にバックレたため、X氏に謝罪しに行った際に日本刀で脅され「俺の面を汚した慰謝料を払え」と言われ、120万円の借用書にサインさせられた。

その時、連帯保証人の欄にもサインしろと言われ、交際していた佐藤梢さんの名前を書いてしまった。

その後、小原容疑者はX氏に金を払わず逃げ続けていたが、交際相手の佐藤さんにも電話が掛かってくるようになり、6月3日に2人は警察に恐喝の被害届を提出した。

しかし、小原容疑者はX氏に脅されたからなのか、急に被害届を取り下げたいと交際相手の佐藤さんに連絡し、警察に同行してくれるよう頼んだが、佐藤さんはそれを断った。

それで追い詰められた小原容疑者は、交際相手の佐藤さんではなく、殺害された同姓同名の佐藤さんを電話で呼び出したのではないかという事だ。

 

・6月29日午前9時頃、小原容疑者は車で4時間ほど離れた田野畑村に住む弟の家に向かっている。

その時、小原容疑者は右手の小指と薬指あたりにケガをしており、弟には壁を殴ったと話している。

小原容疑者を診察した医師によると、箸も持てないくらいのケガとの事で、あの手で誰かの首を絞めて殺害するのは不可能だとしている。

佐藤さんは首を絞められた後に橋から投げ捨てられたと見られており、仮に首を絞めて殺害できたとしても、体重が52kgある佐藤さんを左手だけで橋から投げ捨てられるのかという疑問が残る。

実際に男性1人で52kgの物を片手で持ち上げる事ができるかという検証が行われているが、全く持ち上げられなかった。

 

・小原容疑者は、6月29日から30日の2日間は弟の家に宿泊しており、30日の午後と7月1日の午前9時以降は友人宅に居た。

佐藤さんの死亡推定日時は、6月30から7月1日にかけてなので、小原容疑者が犯人だとすれば、いつ佐藤さんを殺害し、いつ遺体を遺棄したのかという疑問が残る。

小原容疑者の幼馴染の友人は、小原容疑者にはアリバイがある事を全部警察に話しているが、警察は小原容疑者を犯人と決めつけたような話ぶりだったという。

 

・元刑事の検証によると、小原容疑者の弟が住む田野畑村から佐藤さんの遺体が発見された川井村までは、車で片道2時間かかるため、6月29日から7月1日の間、弟と友人の家に居た小原容疑者が佐藤さんを殺害して死体を遺棄するのは、時間的にも距離的にも不可能だという。

 

・小原容疑者には佐藤さんを殺害する動機がない。

小原容疑者と知り合ったのは、2人の佐藤さんが一緒にいる時に、小原容疑者に声を掛けられた事がきっかけだそうだ。

その後、3人は友人関係になり、もう1人の佐藤さんが小原容疑者と交際するようになった。

 

・警察がこの事件を組織ぐるみで隠蔽しようとした可能性がある。

小原容疑者から恐喝の被害届が提出された後、恐喝事件を警察がきちんと捜査していれば、佐藤さんは殺害されなかった可能性もある。

恐喝事件をきちんと捜査しなかった事が原因で、佐藤さんが殺害されたとなれば、警察は大きなダメージを受ける事になる。

その後、恐喝の被害届自体が提出されていない事にされているようで、これはどう考えてもおかしい。

これは推測だが、もしかすると警察は小原容疑者を犯人に仕立て上げようとしているのかもしれない。

小原容疑者の家族や元交際相手の佐藤さんは、記者会見まで行い、事件の再捜査を訴えているが、きちんとした捜査は行われていないらしい。

 

「小原容疑者はどこに消えたのか」

小原容疑者は7月2日に、鵜の巣断崖から飛び降りて自殺しようとしていたが、遺体は発見されていない。

翌7月3日に、鵜の巣断崖に残されたサンダル・財布・免許証などの小原容疑者の遺留品が発見されているが、自殺していないとすれば、小原容疑者は裸足でどこに向かったのだろうか。

鵜の巣断崖は国道から約2.5km離れた所にあり、国道まで歩くと約35分かかる。

元刑事によると、鵜の巣断崖から裸足で歩いて国道まで出るのはまず不可能で、利用できる交通機関もない。

車を盗んで逃走する方法もあるが、そのような形跡や痕跡は全くない。

小原容疑者のその後の足取りや存在している痕跡なども一切見つかっていない。

小原容疑者は一体どこに消えたのだろうか。

 

「宮古警察署が作成したポスター」

川井村17歳女性殺人事件のポスター
出典:宮古警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です