【未解決事件】川西市栄根男性殺人事件 白い車の男とトラブルか

【川西市栄根男性殺人事件】

 

川西市栄根男性殺人事件は、2002年(平成14年)に兵庫県川西市で発生した殺人事件である。

2002年5月23日午後11時40分頃、兵庫県川西市栄根2丁目の路上で塗装工をしていた小瀬秋雄さん(当時30歳)が、バイクにまたがった状態でぐったりしているのを車で通り掛かった会社員が発見した。

小瀬さんはその後病院に搬送されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

小瀬さんは、胸を鋭利な刃物で1ヶ所刺されており、それが致命傷となり死亡した。

 

発見時、小瀬さんのバイクのエンジンは停止していたが、ライトはついたままになっており、カギもついたままで、小瀬さんのポケットには現金数千円入りの財布が入っていた。

小瀬さんは発見される約4分前に、一緒に食事をしていた知人と別れたばかりで、知人と別れた直後に別の知人に携帯電話で電話を掛け、「川西市内で後輩が白い車に乗った男に殴られて怪我をしたが、見つけたら連絡して欲しい」と話したという。

その後、電話を受けた知人は電話越しに小瀬さんが誰かに向かって、「おーい、ちょっと待て」と言っているのを聞き、その直後に電話が切れたという。

 

事件発生頃、近所の住民が「こら待て」などの複数の男の声や叫び声、バイクの発進音を聞いており、小瀬さんが何らかの事件に巻き込まれた可能性もある。

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、川西警察署はこの事件の情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

川西警察署捜査本部

072ー755-0110

 

「現場の地図」

川西市栄根男性殺人事件の現場の地図
出典:川西警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です