【未解決事件】江東橋1丁目マンション殺人・死体遺棄事件

【江東橋1丁目マンション殺人・死体遺棄事件】

 

江東橋1丁目マンション殺人・死体遺棄事件は、2002年(平成14年)に東京都墨田区で発生した殺人・死体遺棄事件である。

2002年2月12日午前9時20分頃、東京都墨田区江東橋1丁目にあるマンションのゴミ置き場内から、ビニール袋に包まれ切断された胴体の一部が発見された。

発見したのはマンションの管理人の女性で、連休で溜まっていたゴミの分別を行っていたところ、中から人間の胴体のようなものが出てきたため、交番に駆け込んだ。

管理人の女性は最初、とても思いゴミだったため、解体したマグロか何かかと思っていたが、近所の人に頼んで一緒に中身を確認してみると、中身は人間の胴体のようなものだった。

発見された胴体は、死後1日くらいが経過していると見られている。

更に、約2ヶ月後の4月17日午後4時12分頃には、千葉県船橋市海神町3丁目の京葉道路脇の市道の側溝から左足首が発見され、DNA鑑定の結果、墨田区江東橋のマンションで発見された胴体と同一人物のものである事が判明した。

 

現場マンションは、JR錦糸町駅から西に数百mのところにある11階建ての「錦糸町ダイヤモンドパレス」で、近くに都立両国高校や児童相談所もある日頃は静かな地域。

 

「胴体発見時の状況」

胴体は、5枚の半透明のゴミ袋で包まれていた。

外側の2枚は東京都指定のゴミ袋で、胴体を直接包んでいた内側のゴミ袋は千葉県内の自治体が指定しているゴミ袋だった。

下画像は、胴体が包まれていたゴミ袋と同じゴミ袋。

江東橋1丁目マンション殺人・死体遺棄事件の胴体が包まれていたゴミ袋
出典:本所警察署

 

「胴体が発見された現場の地図」

江東橋1丁目マンション殺人・死体遺棄事件の胴体発見現場の地図
出典:本所警察署

 

「情報提供」

警視庁本所警察署は、殺人死体遺棄事件として千葉県警察と共同捜査本部を設置し、被害者の身元を捜査しているが、未だ身元は判明しておらず、この事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

本所警察署

電話:03-5637-0110(署代表)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です