【未解決事件】豊明母子4人殺人放火事件 女性だけを執拗に攻撃か!

【豊明母子4人殺人放火事件】

 

豊明母子4人殺人放火事件は、2004年(平成16年)に愛知県豊明市で発生した殺人放火事件である。

2004年9月9日午前4時25分頃、愛知県豊明市沓掛町の民家が火事になっていると近所の住民から119番通報があった。

焼け跡からは母親(当時38歳)と長男(当時15歳)、長女(当時13歳)、次男(当時9歳)の4人の遺体が発見された。

父親は仕事で家を空けていたため無事だった。

当初は事件性のない火災だと思われたが、室内には灯油を撒いた跡があり、遺体には刃物で刺されたような損傷が見られた事から、愛知県警は殺人放火事件として捜査を開始した。

犯人は4人を殺害した後、建物に放火し逃走したと見られている。

父親は前日8日の午前11時頃に残業で遅くなる事を電話で母親に連絡しているが、その時には異変は見られなかった。

犯人は現在も逮捕されておらず、愛知県警は情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

愛知警察署 特別捜査本部

電話:0561ー39ー0110(代表)

 

「遺体の状況など」

・母親と長女は刃渡り約20cmのサバイバルナイフで、顔や背中などを十数ヶ所刺されて殺害されていた。

母親には肺まで達している深い刺し傷があり、長女は刺された時の衝撃で肋骨が折れていた。

 

・長男と次男の2人には刺し傷はなく、いずれも金属製の鈍器のような物で殴られて殺害されていたが、何度も殴られた形跡は無かった。

頭部には陥没骨折が見られ、急性クモ膜下出血と脳挫傷が死因となっている。

 

・遺体に抵抗した形跡がない事から、寝ている間に襲われた可能性が高い。

また、肺に溜まった煤(すす)の状況から、4人は放火後もある程度生きていた可能性があり、次男・母親・長女・長男の順に死亡したと見られている。

 

・午前4時頃、女性の悲鳴を聞いたという報道もあり、犯行は短時間の間に行われた可能性がある。

 

・母親と長女は刃物で執拗に何度も刺されて殺害されているのに対し、長男と次男は鈍器のような物で殴られているが何度も殴られた形跡はなく、性別で殺害方法が異なるという特徴が見られる。

 

「現場の状況」

・被害者宅では犬を飼っており、普段はよく吠えていたようだが、事件発生時は犬の鳴き声や吠える声は聞かれていなかった。

また、犬の首輪が何者かによって外されており、事件時は被害者宅の車の下に隠れていて無事だった。

 

・1階の窓は全てカギが掛かっており、唯一開いていたのが2階の長男の部屋の窓だったが、犯人が2階から侵入した形跡はなく、侵入経路ははっきり分かっていない。

また、被害者宅の車庫内にはいつも決まった場所に勝手口のカギを隠していたが、カギはいつも隠していた場所から発見されており、犯人が侵入・逃走時に使用したかどうかは分かっていない。

 

・灯油は遺体の周辺をはじめ広範囲に渡って撒かれていたが、被害者宅には元々灯油が無かった事から、犯人が持ち込んだものと見られている。

 

・散乱したマッチの燃えカスや新聞紙が発見されており、犯人が火をつけてから逃げるまでの時間稼ぎをした可能性がある。

 

・犯人は殺害時に返り血を浴びているハズだが、庭先や逃走したと思われる道路などから犯人の血液反応は一切検出されていない。

この事から犯人が着ていた衣服なども一緒に焼却した可能性がある。

また、犯人の遺留品などは発見されていない。

 

・犯人が被害者宅の預金通帳や貴金属などに触れた形跡は無かったが、被害者宅にあった財布には現金が入っていなかった。

しかし、犯人が抜き取ったかどうかは分かっていない。

 

「不審者などの情報」

・2003年7月下旬の午後8時30分頃、何者かが被害者宅の玄関のドアノブをガチャガチャして無理矢理開けようとしていたのが目撃されている。

 

・2004年、被害者宅の方を見ていた不審者が目撃されている。

 

・事件当時、消火作業をしていた消防団員が、現場付近で不審なワゴン車を目撃している。

車は緑色のトヨタのハイエース・スーパーGLの尾張小牧ナンバーで、30~40歳くらいの男が運転していたという。

 

「現場建物の写真」

豊明母子4人殺人放火事件の現場建物の写真
出典:愛知警察署

 

建物は、2006年(平成18年)9月に解体されているため現在はない。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です