【未解決事件】青森県の3つの迷宮入り事件と時効成立事件

【八戸市女子中学生刺殺事件】

 

八戸市女子中学生刺殺事件は、1993年(平成5年)に青森県八戸市で発生した女子中学生刺殺事件である。

1993年10月27日、青森県八戸市城下4丁目に住んでいた中学2年生の女子生徒(当時14歳)が自宅で何者かによって刺殺された。

遺体を発見したのは病院での仕事を終え帰宅した母親で、母親が帰宅した際、玄関と居間、風呂場の脱衣所の3ヶ所の窓が開いたままになっていた。

女子生徒は口に粘着テープを貼られ、両手は後ろ手に粘着テープで縛られ、仰向けの状態で発見された。

上半身には学校のジャージとパーカーを着ていたが、下半身は裸で、その上に座布団がかけられていた。

しかし、乱暴されたような形跡は無かった。

下半身に身に着けていたと思われるトレーナーのズボンと下着は頭の右横に落ちており、右足の横には自宅で使用していた包丁が落ちていたが、包丁には血痕も犯人の指紋も付いていなかった。

室内に物色された形跡は無かったが、玄関のガラス戸が割れ、ガラスの破片が外に向かって飛び散っていた。

 

女子生徒の自宅は住宅密集地の細い路地を入った所にあり、犯行は短時間のうちに行われたと見られる。

青森県警は12万人の捜査員を投入し、重要参考人を含めた約600人を事情聴取した。

当初、犯人は直ぐに逮捕されると思われていたが、犯人に結び付くような有力な情報を得る事はできなかった。

そして、2008年10月27日午前0時、殺人罪の公訴時効が成立し、未解決事件となった。

 

「女子生徒の遺体状況や死因」

・左足や右ふくらはぎ、左膝などに数ヶ所の傷があった。

・心臓を貫通する刺し傷が致命傷となった。

・死因は失血死だった。

 

「犯行の状況」

・女子生徒は午後6時頃に帰宅し、母親は午後6時23分に帰宅しているので、犯行は20分ほどの間に行われている。

 

・女子生徒は犯人から逃げるために玄関まで行き、膝で玄関のガラス戸を割った後に犯人に捕まり、部屋まで引きずり戻されたと見られている。

 

・殺害場所となった寝室と玄関近くの廊下の1ヶ所だけに血痕が付いていた。

廊下の血痕は、犯人が部屋に引きずり戻す際に女子生徒の心臓を刺した時に付いたと見られている。

 

・午後6時15分から午後6時20分頃に、近所の住民がガラスの割れる音と「助けて」という叫び声を聞いているため、午後6時15分から午後6時23分の短時間の間に殺害された可能性がある。

 

「遺留品」

マイルドセブンライトのタバコの吸い殻が2本と缶コーヒーの缶が1本、布製粘着テープが残されており、いずれも遺体が発見された寝室の隣の部屋のコタツの上にあった。

女子生徒の家族は誰もタバコを吸わないため、犯人が吸ったものと思われる。

青森県警は1995年度までDNA型鑑定を導入していなかったため、タバコの吸い殻に付着した犯人の唾液からDNAを検出する事は出来なかった(47都道府県の中で導入が最も遅い部類)。

缶コーヒーの缶は灰皿代わりに使われており、犯人の指紋は検出されなかった。

布製粘着テープは女子生徒の口に貼られていた物と同じで、日東電工社製の布製粘着テープと見られている。

 

「目撃情報」

・犯行時刻頃に現場付近から走り去る中年の男を近所の住民が目撃している。

 

・午後6時30分頃、女子生徒宅の斜め後ろにある駐車場から軽自動車が走り去るのが目撃されている。

車種は1990年から1993年型の三菱の黄色のミニカトッポ。

この車は同年8月頃から無断で駐車されていたが、事件後は全く見られなくなり、所有者も分かっていない。

 


【むつ市女性殺人事件】

 

むつ市女性殺人事件は、2005年(平成17年)に青森県むつ市で発生した殺人事件である。

2005年6月16日午後3時20分頃、青森県むつ市川内町に住んでいた女性(当時77歳)が自宅で何者かによって殺害された。

遺体を発見したのは被害女性の弟(当時48歳)で、被害女性は1階にある寝室の布団の上でうつ伏せの状態で倒れていた。

司法解剖の結果、死因は窒息死で、首には紐のようなもので絞められた跡が残っていた。

殺害に使用された紐は室内にあった電気コードではないかと見られている。

また、体の一部には擦り傷があり、室内からは血痕も発見されている。

室内には物色した形跡などはなく、現金や財布も残されていた。

 

被害女性は子供の頃から聴力障害があり、国民年金の障害基金の給付を受けていた。

大人しい性格で優しいと評判で、近所のトラブルなども無かった。

 

被害女性が住んでいた場所は、山に囲まれた50世帯ほどが住む閑静な集落で、地縁や血縁が強い地域だった。

地縁や血縁が強い地域では、事件について何かを知っていても隠す事は珍しくないようで、警察の情報収集が困難になる場合もあるようだ。

これまで犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、むつ警察署は情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

むつ警察署

電話:0175-22-1321

 

「事件現場の地図」

むつ市女性殺人事件の現場の地図
出典:むつ警察署

 


【つがる市男性殺人事件】

 

つがる市男性殺人事件は、2007年(平成19年)に青森県つがる市で発生した殺人事件である。

2007年2月19日午後2時45分頃、つがる市下牛潟町に住んでいた、現職のつがる市議会議員で消費者金融会社などを経営していた男性(当時55歳)が、自宅で何者かによって殺害された。

被害男性は、寝室で鈍器のような物で頭を殴られた後に首を絞められて殺害されていた。

凶器は見つかっておらず、押し入れなどには物色された形跡が残っていた。

 

警察はこれまでに10万人以上の捜査員を投入して捜査をしているが、犯人に結び付くような有力な情報は得られていない。

つがる警察署は情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

つがる警察署

電話:0173-42-3150

 

「事件現場の地図」

つがる市男性殺人事件の現場の地図
出典:つがる警察署

 


【おいらせ町コンビニ強盗事件】

 

おいらせ町コンビニ強盗事件は、2013年(平成25年)に青森県上北郡おいらせ町で発生したコンビニ強盗事件である。

2013年10月24日午前0時10分頃、青森県上北郡おいらせ町緑ヶ丘3丁目にあるコンビニエンスストアに、刃物のような物を持った覆面の男が押し入り、金を要求する事を書いた紙を見せて店員を脅し、何も取らずに逃走した。

犯人は現在も逮捕されておらず、三沢警察署は情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

三沢警察署

電話:0176-53-3145

 

「犯人の特徴と防犯カメラの映像」

・年齢:不明

・身長:170~175cmくらい

・体型:中肉

・当時の服装など:灰色のパーカー、黒色のジャージズボン、灰色の布様で覆面、肩掛けのショルダーバッグ

おいらせ町コンビニ強盗事件の犯人の画像
出典:三沢警察署

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です