【未解決事件】千葉県御宿町白骨死体遺棄事件

【千葉県御宿町白骨死体遺棄事件】

 

千葉県御宿町白骨死体遺棄事件は、2014年(平成26年)に千葉県夷隅郡(いすみぐん)で発生した死体遺棄事件である。

2014年5月6日、千葉県夷隅郡御宿町(おんじゅくまち)の国道128号線沿いで、段ボール箱に入れられた男性の白骨死体が発見された。

見つかった段ボール箱は2つで、1つの箱には頭蓋骨などが、もう1つの箱には胴体部などが入れられており、共に半透明の衣装ケースに入れられていた。

いすみ警察署は、死体遺棄事件として捜査しているが、被害者の身元は現在も分かっていない。

 

「被害者の復顔イラストを作成」

イラストは、県警科捜研と鑑識課が協力して作成したもので、2人の専門家からお墨付きを得ている。

イラストは、髪型が違う2種類を作成している。

千葉県御宿町白骨死体遺棄事件の被害者の復顔イラスト1
出典:いすみ警察署
千葉県御宿町白骨死体遺棄事件の被害者の復顔イラスト2
出典:いすみ警察署

 

骨格から被害男性の年齢は50歳以上、身長は150cm代と見られている。

いすみ警察署は、この被害男性に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

いすみ警察署

電話:0470-62-0110

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です