【未解決事件】鯖江市女性殺人事件

【鯖江市女性殺人事件】

 

鯖江市女性殺人事件は、2002年(平成14年)に福井県鯖江市で発生した殺人事件である。

2002年4月8日午前6時55分頃、福井県鯖江市上戸口72-32の県道沿いにある空き地で、鎌谷香央里さん(当時28歳)の遺体が発見された。

発見したのは近所に住む男性で、鎌谷さんは頭部の他に上半身の服も焼けており、仰向けで横たわった状態で倒れていた。

紺色のトレーナーとトレーニングパンツを着用していたが、トレーナーは胸までめくれており、靴は片方が脱げ、頭部付近にあった。

目立った外傷は見られなかったが、司法解剖の結果、死因は窒息死と判明し、食後3~4時間後に殺害されたと見られている。

鎌谷さんは夫と子供2人の4人暮らしで、現場から約5.5km離れた所に住んでいた。

8日午前0時過ぎ、鎌谷さんの高校の男性同級生のところに、鎌谷さんの妹から「姉が行方不明になっている」と連絡があった。

この男性によると、鎌谷さんは7日午後10時頃、「友達が待っているから出掛ける」と夫に言い残して自宅を出てから戻らなかったという。

家族からは8日午前2時頃に、今立署に捜索願いが出されていた。

捜索願いを受けた警察は、9日から殺人と死体遺棄の疑いで本格的に捜査を開始し、遺体発見現場や自宅周辺を調べた。

事件後、鎌谷さんの携帯電話が見当たらなかった事から、警察が携帯電話の通話記録を調べたところ、7日の夕方以降、発信した形跡がなかった事が分かった。

10日午前10時からは鎌谷さんの告別式が行われたが、参列した人達は突然の死にショックを受けたのか、一様に硬い表情を見せていたという。

鎌谷さんは温厚な性格で交友関係は広かったが、トラブルなどはなかった。

軽装で出掛けている事から、親しい友人と待ち合わせ、出会った直後に殺害されたと見られている。

この事件の犯人は、現在も逮捕されていないようだ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です