【未解決事件】群馬県で発生した横山ゆかりちゃん誘拐事件の概要

【横山ゆかりちゃん誘拐事件の概要】

 

横山ゆかりちゃん誘拐事件は、1996年(平成8年)に群馬県太田市で発生した誘拐事件である。

1996年7月7日午後、群馬県太田市内にあるパチンコ店の店内で、当時4歳だった横山ゆかりちゃんが行方不明になった。

ゆかりちゃんはこの日、父親の保雄さんと母親の光子さん、そして生後7ヶ月の次女の4人でパチンコ店に来店していた。

 

「事件当日の経過」

・午前10時30分過ぎ

午前10時30分過ぎ、ゆかりちゃんは、父親の保雄さんと母親の光子さん、生後7ヶ月の次女の4人でパチンコ店に来店した。

ゆかりちゃん家族は、この日、七夕感謝デーのハガキを見て来店したという。

保雄さんによると、当時、店内にはゆかりちゃんの他に4、5人の子供がいたという。

当時は、子供連れでパチンコ店に来るのは珍しくない時代だった。

その後、下画像のように、保雄さんは入り口付近の列でパチンコを打ち始め、光子さんはそこから一列隔てた場所でパチンコを打ち始めた。

横山ゆかりちゃんの父親と母親がパチンコを打っていた場所
引用:最強FBI緊急捜査SP

時間を持て余していたゆかりちゃんは、店内で遊んでいたという。

 

・正午過ぎ

正午過ぎ、母親とゆかりちゃんは店内で弁当を買い、駐車場に停めてあった車の中で昼食をとった。

しかし、ゆかりちゃんに食欲がなかったため、2人は程なくして店内に戻った。

 

・午後1時27分頃

犯人と思われるサングラスの男が来店した。

しかし、男はパチンコを打たず、他に何か目的があるかのように店内を歩き回っていた。

そして、男はゆかりちゃんの姿を追い始めた。

 

・午後1時30分過ぎ

サングラスの男が入店してから約5分後の午後1時30分過ぎ、ゆかりちゃんが「もう1回食べる」と光子さんに言ってきたため、光子さんはゆかりちゃんを入り口付近の長椅子に座らせ、食べかけの弁当を手渡した。

これが悲劇の始まりだった。

光子さんによると、この時、ゆかりちゃんの隣にサングラスの男が座っていたという。

この長椅子は保雄さんがいる列の延長線上にあったが、保雄さんの場所からはサングラスの男は隠れてしまい、ゆかりちゃんしか見えなかった。

サングラスの男は、保雄さんの死角の見えない所でゆかりちゃんに話しかけ、何度も外を指差し、何かを訴えるような仕草をしていた。

 

・午後1時40分頃

ゆかりちゃんが光子さんの所にやってきて「優しいおじちゃんがいるよ」と言い、その場を去って行った。

光子さんは、この時、ゆかりちゃんに「ちゃんと座ってなさい。付いていっちゃダメよ。」と言った。

 

・午後1時43分頃

不安を覚えた光子さんは、ゆかりちゃんを捜したが、この時、ゆかりちゃんは長椅子に座っていた。

光子さんは一旦、席に戻ったものの、胸騒ぎが収まらなかった。

 

・午後1時50分頃

光子さんが再びゆかりちゃんを見に行くと、長椅子に座っていたはずのゆかりちゃんの姿はなく、食べかけの弁当だけが残されていた。

両親は、慌ててゆかりちゃんを捜したが、どこにも見当たらなかった。

保雄さんは、ゆかりちゃんが店の外に出たのではと思い、駐車場なども探し回ったが、それでもゆかりちゃんを見つける事はできなかった。

 

・午後2時10分頃

駐車場なども探し回った保雄さんは、そのまま近くにあった交番に駆け込み、そこから太田警察署に通報した。

通報直後、群馬県警本部と太田警察署は150人以上の捜査員を動員し、ゆかりちゃんの捜索に当たった。

聞き込み捜査では、ゆかりちゃんが失踪した同時刻に白い乗用車に4歳くらいの女の子が乗り込んでいたという目撃証言が得られたが、手掛かりはそこで途絶えてしまい、結局ゆかりちゃんを発見する事はできなかった。

 

その後、店内の防犯カメラ映像を確認すると、サングラスの男が席を立った2分後に、ゆかりちゃんが席を立ち、店の外に出て行く姿が映っていた。

ゆかりちゃんの行方は現在も分かっていない。

群馬県警はこの事件を捜査特別奨励金制度の対象(懸賞金上限額600万円)とし、情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

太田警察署

電話:0276-33-0110

フリーダイヤル:0120-889-324

 

「犯人と思われる人物の情報」

横山ゆかりちゃん誘拐事件の犯人と思われる人物の画像
出典:群馬県警察

 

・身長:158cmくらい

・当時の服装など:ニッカズボン様、サンダル様、サングラス

・歩き方:ガニ股歩き

 

パチンコ店の防犯カメラに犯人と思われるサングラスの男が映っていた。

男は、午後1時27分頃に来店した後トイレに入った。

3分後、トイレから出てきた男はパチンコのカードを購入する訳でもなく、台の前で立ち止まるでもなく、店内を徘徊し始めた。

この時、男はゆかりちゃんとすれ違っている。

午後1時33分頃、男はゆかりちゃんが座っていた長椅子に座り、ゆかりちゃんに話しかけるような素振りをしていた。

午後1時42分頃、男は席を立ち店を出ている。

この後、ゆかりちゃんは母親のところに行き「優しいおじちゃんがいるよ」と言った後、午後1時45分頃に店の出入り口方向に向かっている。

 

「ゆかりちゃんの情報」

失踪当時の横山ゆかりちゃんの写真1
出典:群馬県警察
失踪当時の横山ゆかりちゃんの写真2
出典:群馬県警察

 

・名前:横山ゆかりちゃん

・当時の年齢:4歳

 

両親によると、ゆかりちゃんは恥ずかしがり屋で、人見知りだったという。

恥ずかしがり屋で人見知りだったゆかりちゃんがなぜ、知らない男に付いて行ってしまったのだろうか。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です