【未解決事件】札幌市中央区タクシー運転手強盗殺人事件

【札幌市中央区タクシー運転手強盗殺人事件】

 

札幌市中央区タクシー運転手強盗殺人事件は、1999年(平成11年)に北海道札幌市で発生した強盗殺人事件である。

1999年7月26日午後11時30分頃、北海道札幌市中央区北4条西17丁目の通称「ミニ大通」で、大和交通のタクシー運転手をしていた赤堀慶克さん(当時48歳)が、タクシーの車内で死亡しているのが発見された。

発見したのは通りかかった別のタクシー運転手で、赤堀さんは上半身をハンドルにもたれかけるように倒れ、左胸にナイフが刺さったままの状態で死亡しており、タクシー内にあった売上金が入った集金バッグが無くなっていた。

中央警察署の調べによると、赤堀さんは犯人と見られる男を札幌ファクトリー周辺から札幌グランドホテル付近までの間にタクシーに乗せたと見られており、現場となった札幌市中央区北4条西17丁目で襲われたと見ている。

また、事件直後、犯人と見られる男が現場から逃走するのが目撃されている。

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、中央警察署は情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

中央警察署

011-242-0110

 

「犯人と見られる男の特徴」

・当時の年齢:20~40歳代くらい

・身長:160~170cmくらい

・当時の服装:白色のTシャツのような半袖シャツ、黒っぽいズボン

 

「現場の地図」

札幌市中央区タクシー運転手強盗殺人事件の現場の地図
出典:中央警察署

 

「現場付近の写真と犯人が乗車したと思われる場所付近の写真」

・現場付近の写真

札幌市中央区タクシー運転手強盗殺人事件の現場付近の写真
出典:中央警察署

 

・犯人が乗車したと思われる場所付近の写真

札幌市中央区タクシー運転手強盗殺人事件の犯人が乗車したと思われる場所付近の写真
出典:中央警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です