【未解決事件】つくば市高田女子大生殺人・死体遺棄事件

【つくば市高田女子大生殺人・死体遺棄事件】

 

つくば市高田女子大生殺人・死体遺棄事件は、1999年(平成11年)に茨城県つくば市で発生した殺人・死体遺棄事件である。

1999年5月3日午後8時50分頃、茨城県つくば市大字高田の山林内で、一部白骨化した女性の遺体が発見された。

発見したのは近くに住む男性で、遺体は靴下とパンティーだけを身に付け、首にはブラジャーが巻き付けられた状態で仰向けに倒れていた。

また、靴下を履いているなどの状況から、他の場所で殺害された後、この場所に遺棄されたと見られている。

 

司法解剖の結果、遺体は死後2週間以上が経過していると見られ、死因は窒息死と判明し、頭部の一部は白骨化していた。

その後の調べで、遺体の身元は4月10日から行方不明になっていた筑波大基礎工学類1年の川俣智美さん(当時19歳)と判明した。

川俣さんは神奈川県藤沢市出身で、1998年に県立高校を卒業し、1999年に筑波大学に入学したばかりで、性格は真面目だったという。

入学式前日の4月6日に学生宿舎に入寮し、入寮した夜には先輩が開いたコンパに顔を出し、楽しそうに他の寮生らと話していたという。

 

4月10日、川俣さんは新入生を歓迎するコンパに出席する予定だったが、午後5時半頃に「イタリア人と食事に行くから、コンパには行けない。」と、同級生に断りの電話を入れ、その後、筑波大学の学生宿舎を出たと見られている。

そして、同級生に電話を入れてから約30分後に、長身の外国人男性と歩いているのを目撃されたのを最後に行方が分からなくなっていた。

行方が分からなくなる3日前にも、大学の近くでイタリア人に話し掛けられたと同級生に話していた事から、警察は最後の目撃時に一緒に歩いていた外国人男性か、彼女に話し掛けたイタリア人男性が何らかの事情を知っていると見て、筑波大学のイタリア人留学生全員を調べた。

ところが、大学の中に該当する人物はいなかった。

当時、筑波大学周辺では、女子大学生が外国人に声を掛けられるというケースが10件ほどあったため、留学生を名乗った付近に住む外国人の犯行の可能性も考えられたが、捜査はすぐに暗礁に乗り上げてしまった。

 

「犯人像」

・遺体発見現場周辺の土地勘のある人物?

川俣さんの遺体が発見された場所は、彼女が最後に目撃された筑波大学の周辺から車で約30分かかる場所だったが、この場所はこの辺りで数年間暮らした人間が辿り着ける所ではなく、この土地で長い間暮らした人間でないと、まず足を運ぶ事がない場所だった。

現場の近くに住む男性は、「普段から地元の人間ぐらいしか来ないところだからな。まさかこんなところで事件が起きるとは思わなかったよ。」と話していた。

警察は、ある程度この周辺で暮らした人間が犯人の可能性が高いと見て、当時、つくば市に正規登録されていた外国人5,580人を調べたが、その中に不法滞在者は含まれていなかった。

すぐに土地から土地へと流れていく不法滞在者を全て調べるのは難しく、捜査は行き詰ってしまった。

 

・最後の目撃時に一緒に歩いていた外国人男性が怪しい?

川俣さんが最後に目撃された時に一緒に歩いていた外国人男性は、4月6日から9日にかけても、学生宿舎周辺で川俣さんと一緒にいる所を複数の学生に目撃されている。

この外国人男性は自称イタリア人で、年齢は20代後半、身長約190cm、スラッとした体型、髪は短髪の濃い茶色だったという。

胸の部分に水色の横線が1本入った薄い灰色の長袖シャツに、ジーンズという格好だった。

事件後、この外国人男性は行方が分からなくなっており、足取りは掴めていない。

また、当時、学生宿舎では約1,400人の学生が暮らしており、内300人が外国人で、1人だけイタリア人留学生がいたが、事件とは無関係な事が判明した。

 

「情報提供」

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、つくば中央警察署はこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

つくば中央警察署

電話:029-851-0110

茨城県警察本部 捜査第一課

電話:029-301-0110

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です