【未解決事件】鹿児島高齢夫婦殺害事件 老夫婦をスコップで滅多打ち

【鹿児島高齢夫婦殺害事件】

 

鹿児島高齢夫婦殺害事件は、2009年(平成21年)に鹿児島県鹿児島市で発生した殺人事件である。

2009年6月19日の夜、鹿児島県鹿児島市下福元町の民家で、老夫婦が滅多打ちにされ殺害された。

司法解剖により死因は夫婦共に、顔や頭を強打された事による脳障害と判明した。

傷跡から凶器はスコップであると断定し、現場に残された残留指紋から元大工の男が容疑者に浮上した。

そして警察は、6月29日にこの元大工の男を逮捕し、7月20日に鹿児島地検は強盗殺人・住居侵入罪で起訴した。

 

しかし、元大工の男は一貫して容疑を否認し、弁護にあたった弁護士は指紋を採取した際の写真がない事、そして指紋は転写が可能で元大工の男は事件現場には行っていないと主張した。

また、別の不審者の目撃情報や被害者宅にあった現金が手付かずだった事、被害者への攻撃が執拗だった事から、怨恨による犯行であり、元大工は被害者と接点がないので犯人ではないと主張した。

これに対し検察側は、現場の残留指紋や元大工の男が金に困っていた事などを動機に挙げた。

この事件は裁判員裁判にかけられ、審理は40日間にも及んだ。

 

そして、2010年12月10日、鹿児島地裁は元大工の男に死刑求刑に対し無罪判決を言い渡した。

判決理由は次のようになっている。

・現場から採取された指紋やDNAの採取時の写真が一切ない事

・検察側の立証の甘さを指摘

・元大工の男が被害者宅に行った事があるのは事実だが、殺害に関わったとは断定できず、凶器と見られるスコップから指紋が検出されていない事

・犯人が金品などには手を付けず、執拗に被害者を攻撃している事から怨恨が疑われ、強盗殺人にするには疑いが残る事

・凶器と見られるスコップには何回も殴った跡が見られるが、当時約70歳だった元大工の男が、何十回もスコップを振り下ろせるのかという疑問

 

その後、2011年12月22日に検察側が控訴し、福岡高裁宮崎支部で審理が行われその判断が待たれていたが、2012年3月10日に元大工の男が自宅で心肺停止状態で発見され、その後死亡が確認された。

大工の男が死亡した事で同年3月27日に、刑事訴訟法に基づき公訴棄却される事となり、この事件は事実上未解決となった。

この事件は裁判員裁判では初の死刑求刑の無罪判決事件となり、死刑求刑に対し1審で無罪判決となった数少ない事件である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です