未解決事件 宮城県編

【志津川夫婦殺人事件】

 

志津川夫婦殺人事件は、2002年(平成14年)に宮城県志津川町で発生した殺人事件である。

2002年5月3日早朝、宮城県志津川町(現在の南三陸町)竹川原地内にある住宅に住んでいた工務店経営者の佐藤茂義さん(当時61歳)と妻のたけ子さん(当時59歳)の2人が自宅で死亡しているのが発見された。

発見したのは牛乳配達の男性で、夫の茂義さんは1階居間のソファーに座ったまま血まみれで死亡しており、妻のたけ子さんは1階の勝手口の外で血まみれで死亡していた。

たけ子さんの近くには、コードが引きちぎられた電話機の本体が転がっており、そのコードが首に巻き付いた状態で、激しく殴られた跡も見られた。

2人とも首や胸などを刃物で数回刺されており、茂義さんの首には刃物で脅された時についたと見られる浅い傷があり、あごにも複数の切り傷があった。

茂義さんは、妻のたけ子さんと2人暮らしで、茂義さんはこの事件の4年前に脳梗塞を患い車椅子生活となり、一時は話す事も不自由になっていた。

そして、2ヶ月前に鳴子町にあるリハビリ施設から退院し、10日ほど前から仕事に復帰したばかりで、工務店の実質的な経営は近くに住む次男が常務として行っていた。

病気の影響で普段から居間のソファーで寝ており、入院中はたけ子さんが送迎するなど熱心に看護していた。

 

司法解剖の結果、死亡推定時刻は3日の午前3時から午前5時くらいと見られ、茂義さんの死因は腹部に背中に突き抜けるほどの致命傷を負った事による失血死で、たけ子さんの死因は窒息死だった。

凶器に使用された刃物は、鋭利で刃渡りが20cmくらいの物と見られているが、刃物は発見されなかった。

また、遺体発見時、台所と洗面所の水が出っぱなしになっており、犯人が返り血を洗い流したと見られている。

 

犯人は、堀や垣根で外からは死角になる1階の納戸の、高さが1.5mある窓ガラスを割り、そこから侵入し、たけ子さんが普段使用していた草刈り機を使用してガラスを割ったと見られている。

犯人が侵入した窓の真下には、茂義さんの母親が使用していたベッドが置いてあったが、半年前に歌津町にある老人ホームに入所していたため、母親が一時帰宅した時以外はほとんど使用されていなかった。

この部屋は居間から一番離れた所にあるが、警察は犯人がこの部屋が普段使用されていなかった事を知っていたのではないかと見ており、この家の事情に詳しい人物の犯行ではないかという見方もある。

納戸から居間に行くまでの廊下には、犯人が履いていたと見られる運動靴の足跡が残されており、その足跡は迷う事なく茂義さんがいた居間まで続いていた。

足跡が1種類しかなかった事から、警察は単独犯による犯行と見ている。

また、家の裏にある空き地にも同じ運動靴の足跡が残されていた。

 

「犯人の遺留品や盗まれた物」

・自宅の外で犯人が使用したと見られる軍手の片方が発見された。

また、犯人が窓ガラスを割る時に使用したと見られる草刈り機は、窓の近くで発見された。

 

・たけ子さんがいつも貴重品を入れて持ち歩いていた手提げ袋が無くなっていた。

この手提げ袋は、黒地の柔らかい合成皮革製で、金色のリボンの模様が全体に描かれている。

中には財布が入っていたが、財布ごと無くなっていた。

この他に無くなっていた物はなかった。

 

「捜査の状況」

これまで数百人が捜査対象となっているが、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られていない。

南三陸警察署は、この事件のポスターを作成し、情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

宮城県警察本部捜査第一課

022ー221ー7171

南三陸警察署

0226ー46ー3131

 

「南三陸署が作成したポスターと現場の地図」

志津川夫婦殺人事件のポスター
出典:南三陸警察署
志津川夫婦殺人事件の現場の地図
出典:南三陸警察署

 


【岩沼市女性殺人事件】

 

岩沼市女性殺人事件は、2012年(平成24年)に宮城県岩沼市で発生した殺人事件である。

2012年3月30日午前11時25分頃、宮城県岩沼市字梶橋に住んでいた長田クニ子さん(当時65歳)が、自宅玄関内のたたき部分で死亡しているのが発見された。

長田さんは、首の右側を3~4回切られ、座り込むように死亡していた。

長田さんの姿が最後に目撃されたのは、遺体が発見される前々日の3月28日午後5時半頃で、それから遺体が発見されるまでの間に被害に遭ったと見られている。

 

玄関周辺には血痕の他に、犯人が運動靴で血を踏みつけたと見られる足跡が複数残されており、その足跡は玄関先から外に向かう途中で消えていた。

血液反応は玄関のドアノブや室内からも検出されており、犯人が28日の夕方以降に長田さん宅を訪れ玄関で殺害後、部屋に侵入し、玄関の外側からカギをかけ逃走した可能性もあると見られている。

発見時、玄関は施錠されていたが、カギは発見されていない。

室内を物色した跡は見られず、長田さんが外出時に使用していたバッグもあった。

 

近所の住民によると、長田さんは貸金業を営んでいた夫を1999年に亡くして以降、1人暮らしだったそうだ。

長田さんは、仙台市若林区でスナックを経営していたが、数年前に店を閉め、生活に困っていたという情報もある。

岩沼警察署は、顔見知りによる犯行の可能性が高いと見て、金銭トラブルの有無も含め捜査を続けているが、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られていない。

岩沼警察署は、長田さんの顔写真や現場の地図を公開し、情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

岩沼警察署捜査本部

0223ー22ー4341

岩沼市女性殺人事件の被害者写真と現場の地図画像
出典:岩沼警察署

 


【仙台市路上刺傷事件】

 

仙台市路上刺傷事件は、2008年(平成20年)に宮城県仙台市で発生した刺傷事件である。

2008年11月18日午前1時頃、宮城県仙台市若林区古城2丁目の歩道で、会社員の男性(当時39歳)が2人組の男に襲われ、左目を刺され意識不明の重体になるという事件が発生した。

被害男性は一命は取り留めたものの、現在も過酷な闘病生活を強いられている。

2人組の男は被害男性が持っていたショルダーバッグを奪い、二手に分かれて逃走し、1人は現場付近に停めていた車に乗って逃走したと見られている。

 

110番通報があった午前1時前、現場付近で男らが言い争っている声が聞かれており、その後現場から西の方向に向かって走る男の姿が目撃されている。

その男は被害男性が持っていたショルダーバッグに似たバッグを肩から提げていたという。

被害男性は勤務先を出る際、ビニール傘も持っていたが、この傘は発見されていない。

警察は2人組が被害男性を襲った際に、傘が左目に刺さり、ショルダーバッグと一緒に傘も持ち去った可能性があると見ている。

被害男性は午前0時過ぎまで勤務先で残業をしており、帰宅途中だった。

特にトラブルを抱えているような様子もなかったという。

現在も犯人に結び付くような有力な情報は得られていない。

一刻も早い犯人逮捕を願う被害男性の家族は、犯人に結び付くような有力な情報に対し、最高300万円の謝礼金を支払うようだ。

<連絡先>

若林警察署刑事第一課

0120-886-603(フリーダイヤル)

022-390-7171(代)

宮城県警察本部捜査第一課

022-221-7171(代)

 

「若林警察署が作成したポスターと犯人の特徴」

仙台市路上刺傷事件のポスター
出典:若林警察署

 

犯人の特徴

・当時の年齢:10歳代後半から20歳代くらい

・身長:170~180cmくらい

・体格:中肉

・当時の服装:作業服の上着、ダブダブの作業ズボン、頭に白いタオルを巻いていた

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です