未解決事件 宮崎県編

【都城市老女殺人・死体遺棄事件】

 

都城市老女殺人・死体遺棄事件は、1997年(平成9年)に宮崎県都城市(みやこのじょうし)で発生した老女殺人・死体遺棄事件である。

1997年5月、宮崎県都城市安久町の山林で、老女が殺害され遺体が遺棄された。

そして、事件発生から1年10ヶ月経った1999年3月、遺体が発見された場所に花輪と缶ビールが供えられていたが、誰が供えたのかは分かっていない。

宮崎県警は事件解決のために情報提供を呼び掛けている。

 

「遺体発見現場に供えられていた花輪と缶ビールの画像」

画像1は花輪の全体を写した画像で、画像2はそれを拡大した画像である。

花輪の直径は約40~45cmで、鳩が上部に取り付けられているのが特徴である。

この花輪は相当古いもので、供えた人が自宅で保管していたと思われる。

都城市老女殺人・死体遺棄事件の遺体発見現場に供えられていた花輪の画像1
出典:宮崎県警察

画像1

 

都城市老女殺人・死体遺棄事件の遺体発見現場に供えられていた花輪の画像2
出典:宮崎県警察

画像2

 

画像3は花輪の上に取り付けられている鳩を拡大したものである。

都城市老女殺人・死体遺棄事件の遺体発見現場に供えられていた花輪の画像3
出典:宮崎県警察

画像3

 

画像4は花輪と一緒に供えられていた、長野オリンピックで発売された記念の缶ビールである。

都城市老女殺人・死体遺棄事件の遺体発見現場に供えられていた缶ビールの画像
出典:宮崎県警察

画像4

 

 

「遺体が遺棄され花輪と缶ビールが供えられていた場所の画像」

都城市老女殺人・死体遺棄事件の花輪と缶ビールが供えられていた現場の写真
出典:宮崎県警察

 


【宮崎市MRTミック前爆発物使用事件】

 

宮崎市MRTミック前爆発物使用事件は、2003年(平成15年)に宮崎県宮崎市で発生した爆発事件である。

2003年6月4日午前7時5分頃、宮崎市橘通西4丁目にある商業施設「MRTミック」前の1階南側出入口付近で、清涼飲料水のアルミ缶が爆発する事件が発生した。

犯人がネットカフェで爆弾製造に関する情報を入手していた事までは分かっているが、それ以上の情報は得られておらず、未だ犯人逮捕には至っていない。

宮崎県警は現在も捜査を続けており、情報提供を呼び掛けている。

 

「爆発したアルミ缶の情報」

・高さ:約20cm

・直径:約6cm

・内容量:500ml

・青いラベルを巻いていた

宮崎市MRTミック前爆発物使用事件で爆発したアルミ缶のイメージ画像
出典:宮崎県警察

 

「アルミ缶が置かれていた場所」

宮崎市MRTミック前爆発物使用事件のアルミ缶が置かれていた場所図
出典:宮崎県警察

 


【日南市元石材店従業員殺人事件】

 

日南市元石材店従業員殺人事件は、2002年(平成14年)に宮崎県日南市で発生した殺人事件である。

2002年6月26日早朝、宮崎県日南市油津4丁目にある油津港海上で、宮崎県東諸県郡綾町に住んでいた神代輝之(こうじろ てるゆき)さん(当時55歳)の射殺死体が発見された。

司法解剖の結果、神代さんは遺体発見の1~2日前に、左胸を至近距離から拳銃で撃たれ殺害された事が判明した。

神代さんは以前、福岡県と鹿児島県にも住んでいた事があり、謎が多い人物だという噂もあるようだ。

現在まで犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、宮崎県警は情報提供を呼び掛けている。

 

「神代さんの画像」

殺害された神代輝之さんの画像
出典:宮崎県警察

 

「神代さんの所持品などの情報」

・皮製の茶色のバッグ

神代輝之さんが所持していたバッグの簡略図
出典:宮崎県警察

 

・自転車

色は紺色で、後部泥よけ部分に白色の大きなカタカナ文字が3~4文字程度記入されている。

神代輝之さんが乗っていた自転車の画像
出典:宮崎県警察

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です