【未解決事件】疑わしい点が多い長野県24歳カップル変死事件

【長野県24歳カップル変死事件】

 

長野県24歳カップル変死事件は、2002年(平成14年)に長野県塩尻市で発生した変死事件である。

2002年10月12日午後9時頃、長野県塩尻市広丘郷原にある奈良井川河川敷で、ワンボックスカーが炎上し、車内とその近くから男女2人の焼死体が発見された。

発見されたのは塩尻市内で会社員をしていた酒井宏樹さん(当時24歳)と、東京都内から遊びに来ていた男性の交際相手でAV女優をしていた桃井望さん(芸名・当時24歳)だった。

酒井さんは車の後部座席付近で発見され、桃井さんは車から約7m離れた場所で発見された。

2人は共に長野県伊那市の出身で、酒井さんが1つ先輩で高校も同じだった。

高校時代、酒井さんは桃井さんの事を知らなかったが、桃井さんはその頃から酒井さんに憧れていた。

桃井さんは酒井さんと親しくなるにつれ、だんだんAVの仕事に気持ちがなくなり、今後は演劇をしたいと親しい友人に話していたという。

 

長野県警は無理心中と他殺の両面で捜査するとしていたが、捜査本部も立ち上がっておらず、事実上、他殺の捜査はストップしている状態になっている(2007年には民事裁判で他殺と認定されている)。

消火活動で現場周辺が踏み荒らされ、検証が困難になっている事も原因の一つなのかもしれない。

この事件には極めて怪しい人物がおり、他殺の可能性が高いという噂があるが、警察の動きは鈍いようだ。

 

「他殺が疑われる点」

・桃井さんの死因が数ヶ所にも及ぶ刺し傷によるものであった事。

・発見時は2人とも裸足で、靴が自宅に残されていた事。

・自宅のパソコンの電源が入ったままになっていた事。

・運転者及び車の所有者の酒井さんが後部座席で発見された事(桃井さんは運転免許証を持っていなかった)。

・酒井さんは車内、桃井さんは車外で発見された事。

・灯油を撒いて火をつけたにもかかわらず、灯油の容器が発見されなかった事。

・2人とも事件以降に友人と会う約束をしていた事。

・2人とも煙をほとんど吸い込んでおらず、焼死である可能性が低い事。

・酒井さんは事件の数ヶ月前に80万円を貸しているが、借用書に記載された名前の人物が存在しない事。

・酒井さんは右利きだが、桃井さんを刺したと思われる包丁が酒井さんの左手に握られていた事。

 

このようにこの事件には疑わしい点が幾つもあり、無理心中とするには無理があるように思えてならない。

現在も犯人は逮捕されておらず、捜査が続いているのかも分からない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です