【未解決事件】長野県生坂ダム殺人事件、松本市女性社員強盗殺人事件

【生坂ダム殺人事件】

 

生坂ダム殺人事件は、1980年(昭和55年)に長野県東筑摩郡で発生した殺人事件である。

1980年3月29日、長野県東筑摩郡生坂村にある生坂ダムの湖底から会社員男性(当時21歳)の水死体が発見された。

遺体が発見される数日前、この会社員男性は立ち寄った先に女性の友人を残したまま別の車に乗り、その後行方不明になっていた。

遺体はビニールの紐で縛られた状態で発見されたが、長野県警はこの事件を自殺として処理した。

事件発生時、被害男性の知人女性は被害男性を連れ去ったのは黒色の大型の乗用車と証言していたが、警察はこの車を特定できていなかった。

 

事件発生から約20年経った2000年4月14日、覚せい剤取締法違反で服役していた男から「人を殺したので話をする」という内容の手紙が、豊科警察署長宛に送達された。

この男によると1980年3月1日、知人と2人で車に乗っていたところ、女性の友人と松本市内にある運動公園の駐車場に来ていた被害男性と知人との間でトラブルになり、被害男性を自分達の車に乗せ紐で縛り、生きたままダムに投げ込んだという。

その後、犯行に使用されたと見られるビニール紐を購入した店も特定された。

しかし、この時点で事件発生から20年が経過しており、捜査資料なども保存期間切れで廃棄されていたため、男の供述だけでは即断ができなかった。

そして2003年10月6日、この男を長野地方検察庁へ書類送検したが、殺人罪の時効が成立していたため起訴できず事実上、未解決事件となった。

 

「長野県警が自殺として処理した理由」

・被害男性が争う事なく自ら他の車に乗り込んだ事。

・紐が被害者自身でも縛れる状態になっていた事。

・遺体には頸部の索条痕以外に目立った外傷が無かった事。

・死因が水による溺死と推定される事。

 

 


【松本市女性社員強盗殺人事件】

 

松本市女性社員強盗殺人事件は、1994年(平成6年)に長野県松本市で発生した強盗殺人事件である。

1994年3月9日午前9時40分頃、長野県松本市でパチンコ景品納入会社の女性社員(当時47歳)が、ワゴン車でパチンコ店に向かう途中に対向車に乗っていた男に車を止められ襲われた。

男は額面総額約3,000万円の小切手6枚と現金40万円が入っていたショルダーバッグを奪い、女性社員の首を刃物で切りつけ殺害した。

長野県警は目撃情報などから、白い乗用車に乗っていた20~40歳くらいの男が犯人と見て捜査したが、結局犯人を特定できず、2009年3月9日に公訴時効が成立し、未解決事件となった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です