【未解決事件】堺市母娘殺傷事件 犯人の目的は何だったのか?

【堺市母娘殺傷事件】

 

堺市母娘殺傷事件は、2006年(平成18年)に大阪府堺市で発生した殺傷事件である。

2006年1月10日午後2時頃、大阪府堺市西区神野町(こうのちょう)の民家で、玄関のベルが鳴り母親(当時51歳)が出ると、そこにいた男にいきなり刺された。

トイレで母親の悲鳴を聞いた次女(当時22歳)が玄関のドアを開けると、そこにいた男にいきなり刃物で切りつけられた。

次女はトイレに逃げ込み、物音がしなくなった事を確認しトイレから出ると、玄関に血まみれになって倒れている母親を発見した。

その後母親は死亡が確認され、次女は重傷を負った。

 

母親の遺体から約10m離れたところには凶器と見られる包丁が落ちており、玄関から室内、そして窓から出て庭先を1周するように血痕が発見された。

現場には犯人の短パンが残されており、次女の証言によると、犯人は知らない男だったという。

怨恨と通り魔の両面から捜査をしているが、現在までに犯人は特定できていない。

大阪府警は情報提供を呼び掛けているが、手掛かりすら得られない状況が続いている。

<連絡先>

西堺警察署強行犯係

電話:072-274-1234(内線:341)

ファックス番号:072-273-2230

 

「犯人情報」

・年齢:20~30歳くらい

・身長:170cmくらい

・体型:痩せ型

・髪型:ボブカット

・犯人の特徴など:色白、ヒゲが濃い、頬がこけている

 

(犯人の似顔絵や遺留品情報)

堺市母娘殺傷事件の犯人の似顔絵
出典:西堺警察署
堺市母娘殺傷事件の犯人の全身のイメージ画像と遺留品の画像
出典:西堺警察署

 

(犯人の服装の特徴)

・ベージュのような薄手のジャンパー

・ジャンパーの袖を絞っていた

・スウェットのようなズボン

・ラフな運動靴

・現場に残された短パンのサイズ:Mサイズ(上記写真)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です