【未解決事件】佐賀女性7人連続殺人事件

【佐賀女性7人連続殺人事件】

 

佐賀女性7人連続殺人事件は、1975年(昭和50年)~1989年(平成元年)の間に、佐賀県北方町、白石町、北茂安町、武雄市の半径20kmの地域で発生した連続殺人事件である。

 

・1人目の被害者

1975年8月27日(水)、北方町に住んでいた中学1年生の女性(当時12歳)が、自宅で1人で留守番をしていたところ突如行方が分からなくなった。

そして、約5年後の1980年6月27日、白石町小学校のプール横にあるトイレの中で遺体で発見された。

 

・2人目の被害者

1980年4月12日(土)、白石町に住んでいた女性(当時20歳)が、自宅で1人で留守番をしていたところ突如行方が分からなくなった。

そして、約2ヶ月後の6月24日、白石町にある小学校のトイレの中で遺体で発見された。

 

・3人目の被害者

1981年10月7日(水)、白石町に住んでいた工場従業員の女性(当時27歳)が、突如行方不明になり、10月21日に中原町にある空き地で首を絞められて殺害されているのが発見された。

 

 

・4人目の被害者

1982年2月17日(水)、北茂安町に住んでいた小学5年生の女性(当時11歳)が、下校途中に何者かに首を絞められて殺害され、翌日18日に遺体で発見された。

 

・5人目の被害者

1987年7月8日(水)、武雄市で飲食店の従業員をしていた女性(当時48歳)が突如行方不明になり、約1年半後の1989年1月27日に北方町大峠の崖下で遺体で発見された。

 

・6人目の被害者

1988年12月7日(水)、北方町に住んでいた主婦の女性(当時50歳)が行方不明になった。

 

・7人目の被害者

1989年1月25日(水)、北方町に住んでいた会社員の女性(当時37歳)が行方不明になった。

 

5~7人目の被害者の遺体は1989年1月27日に北方町大峠の崖下で同時に発見されており、3件の事件をまとめて「北方事件」と呼んでいた。

 

この7人の被害者には次のような共通点がある。

・2人目の被害者以外は全員、水曜日に失踪している。

・全員夕方から夜にかけて失踪している。

・5人の死因が絞殺であること。残りの2人は遺体が白骨化していたため死因が不明。

 

「容疑者」

1989年11月、別の事件で拘留されていた男(当時26歳)が任意の取り調べで犯行を認める供述をしたが、直ぐに否認し始めた。

2002年6月11日、佐賀県警は鹿児島刑務所に服役中の男を7人目の被害者殺害の容疑で逮捕した。

更に、同年7月2日には5人目の被害者殺害の容疑で逮捕し、7月9日には6人目の被害者殺害の容疑で逮捕した。

そして、5人目の被害者殺人事件の時効が成立する6時間前の7月7日に起訴した。

2002年10月22日から始まった公判で、検察側は死刑を求刑したが、2005年4月10日、佐賀地方裁判所で行われた公判では、物証の乏しさや上申書の証拠価値の無さなどにより、男に無罪が言い渡された。

その後、検察側は公訴したが、2007年3月19日、福岡高等裁判所でも同様に無罪が言い渡された。

2審では検察側が新たな証拠としてミトコンドリアDNAの鑑定結果を提出したが、男を有罪にする根拠としては認められなかった。

そして、その後、男の無罪が確定し、北方事件と関連が疑われていた1~4人目の殺人事件についても公訴時効が成立し、未解決事件となった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です