【未解決事件】徳島県で起きた不可解な3つの事件

【徳島自衛官変死事件】

 

徳島自衛官変死事件は、1999年(平成11年)に発生した自衛官変死事件である。

1999年12月25日、広島県江田島市にある海上自衛隊第1術科学校に勤務していた海上自衛官(当時33歳)が、実家のある徳島県に帰省中に行方不明になり、2日後の27日に徳島県阿南市の河川敷で遺体で発見された。

25日、この自衛官は交際相手の女性と一緒にドライブに出掛けていた。

そしてその後、交際相手を自宅に送り届けた後に行方が分からなくなっていた。

自衛官が失踪した直後、徳島県警は路上に放置された自衛官の車を発見していたが、事件だとは思わず、自衛官の実家に連絡しただけだった。

そして、警察は橋からの飛び降り自殺と断定し、捜査は打ち切りとなってしまった。

 

しかし、遺族やマスコミの調査で不審な点が見つかり、2000年8月18日に遺族は殺人事件として県警に捜査申し入れを行った。

そして、2001年6月27日に徳島地検に告訴し、2003年2月21日に県警に告訴した。

その後、県警は2度の再捜査を行ったが、2003年11月19日に県警は自衛官が誰かに殺害された疑いがないと再度断定した。

遺族側は県警の判断に納得がいかず、2004年10月8日に徳島検察審査会に審査の申立てを行ったが、2005年4月20日に不起訴相当であると議決された。

遺族はその後も、この事件について調査し続けている。

 

「この事件の不審な点」

・自衛官の車の屋根に傷が付いていたが、警察は車をレッカー移動する際に付いた傷だとした。

しかし、その傷はレッカー移動時に付く事はまずない傷だとされている。

 

・自衛官の遺体発見現場は、自衛官が飛び降りたとされる橋から4m以上離れており、橋からジャンプして飛び降りたとしても、これだけ遠くに飛ぶ可能性は低い。

また、この橋には人が落ちないように高さ85cmの欄干が付けられており、助走を付けて飛び降りる事は不可能に近い。

更に、橋の欄干から自衛官の指紋も発見されていない。

もし彼が橋から飛び降りたのなら、手を使わず飛び越えるのが不可能に近い85cmの欄干を飛び越えた事になる。

 

・自衛官の車が停車していた位置から橋までの間に自衛官の足跡がなかった。

 

・徳島大学の司法解剖では、死因は転落前に受けた胸部大動脈の損傷によるものと考えられている。

しかし、警察の当初の発表は、自衛官が帰宅途中に事故に遭い、事故時に作動したエアバッグにより大動脈が損傷したというものだった。

だが、衝突事故現場は自衛官が帰省する方向とは逆方向で、衝突事故現場と遺体発見現場は8kmも離れている。

もし、エアバッグにより大動脈が損傷したのであれば、エアバッグが作動するほど損傷した車を、大動脈が損傷した体で遺体発見現場まで運転した事になる。

この警察の発表には多くの問題点が指摘されている。

また、遺族が依頼した医師の見解では、自衛官は背中からではなく、尻から落ちた可能性もあるようだ。

 

・警察の発表した内容では、自衛官の自殺の原因は車が壊れた腹立たしさによるものとされているが、車が壊れたくらいで自殺するだろうか。

 

・遺体の司法解剖を行う前に、県警から自衛隊側に自殺と断定されたと連絡が入っていた。

 

・自衛官が着用していたと思われる上着に、丸い圧痕があったのを遺族が発見していたが、警察が上着を鑑定した後、遺族に返却された時には圧痕は消えていた。

しかし、警察側はそのような圧痕は初めからなかったと発表している。

この件については、証拠品の取り扱いに問題がなかったか疑問視されている。

 

・現場付近では暴走族による暴力行為が度々目撃されており、事件発生当日も自衛官の車によく似た白いセダンが、鉄パイプのような棒を持った暴走族に追い回されていたのが目撃されている。

その暴走族のメンバーの1人が、徳島県警本部に勤務する人物の息子ではないかという噂もある。

 


【徳島県貞光町神隠し事件】

 

徳島県貞光町神隠し事件は、1989年(平成元年)に徳島県貞光町(現在のつるぎ町)で発生した神隠し事件である。

1989年3月7日、徳島県貞光町で当時4歳だった少年が突然姿を消した。

失踪前日の6日、少年の一家は徳島県小松島市で行われた親戚の葬儀に参列した後、貞光町にある親戚の家に泊まった。

そして、7日の午前8時頃、少年は姉と弟、父親、従兄弟の5人で散歩に出掛けたが、朝食前だった事もあり、父親は10分ほどで親戚宅に戻る事にした。

子供達は父親の後を付いて行き、親戚宅に着いたが、少年はまだ遊び足りなかったのか家の中に入らず玄関先に留まっていた。

そして、少年の弟を抱いていた父親が母親に弟を預けて玄関先に戻ってみると、少年の姿はどこにも無かった。

この間わずか40秒ほどだった。

父親は、親戚宅から10mほどの所までは少年の姿を確認していた。

 

父親はすぐさま付近を探したが、少年を発見する事は出来なかった。

その後、地元の消防団の協力も得て付近の捜索を続けたが、結局少年を発見できず、午前10時に警察に通報した。

 

警察は親戚宅が山間部にある事から、少年が山で迷子になっているのではないかと考え、山間部を中心に捜索した。

捜索には警察の他、県警機動隊や消防署員、消防団員、地元住民なども集まり、総勢100人近くが動員されたが、少年を発見する事は出来なかった。

 

この事件は父親が目を離した40秒ほどの間に、玄関先に居たはずの少年が音もなく消えた不可解な事件だったため、世間では「神隠しのようだ」という声も上がった。

しかし、不可解な出来事はこれだけでは終わらなかった。

3月16日、親戚宅で少年の捜索を続けていた家族の元に奇妙な電話が掛かってきた。

電話の相手は「ナカハラマリコの母親」を名乗り、「〇〇幼稚園の父兄です、幼稚園で見舞金を集めたので送り先を教えて欲しい。もう帰って来ますか?」と尋ねてきた。

〇〇幼稚園は、少年の姉の幼稚園だった事から少年の母親は翌日に自宅に帰る旨を伝えた。

しかし、数日経っても相手からの連絡は無かった。

不思議に思った母親が幼稚園に連絡を取ると、「ナカハラマリコ」という園児は存在しない事が判明した。

この奇妙な電話は事件の手掛かりにならず、どういう意図があったのかも分かっていない。

 

その後、少しでも少年の捜索に時間を割きたいと考えた父親は、会社を辞め自営業を始めた。

そして、事件の情報収集のため自宅の電話番号を公表したところ、全国各地から少年を見かけたという目撃情報が寄せられた。

しかし、有力な情報を得る事は出来なかった。

 

また、2018年1月31日にテレビで放送されたTBS系の「緊急!公開大捜索’18春~今夜あなたが解決する!記憶喪失・行方不明スペシャル~」に出演していた記憶喪失の男性が少年に似ているという情報が、放送終了後に徳島県警に多数寄せられ、ネット上にも同様の書き込みが相次ぐ事となった。

この反響を考慮した徳島県警は、少年の両親と連絡を取り、両親のDNAを採取する事にした。

しかし、鑑定の結果、その記憶喪失の男性と両親のDNAが一致しない事が判明した。

少年の行方は2019年の現在も分かっておらず、真相も闇に包まれたままとなっている。

 


【徳島公園女性殺害事件】

 

徳島公園女性殺害事件は、1980年(昭和55年)に徳島県徳島市で発生した殺害事件である。

1980年3月18日早朝、徳島県徳島市城ノ内にある徳島公園(現在の徳島中央公園)のお堀の水面の中央付近に、うつ伏せになって浮いている女性の遺体を、ラジオ体操の指導に来ていた会社員が発見した。

女性は20歳前後と見られ、身長160cmくらいで、ピンク色のカーディガンに花柄のスカート、黒色のストッキング、紫色のハイヒールを履いていた。

カーディガンの下にはブラウスを着用していたが、胸下辺りが破れており、ストッキングの先端部分も破れ、左太ももには約10cmの切り傷を負っていた。

遺体のあったお堀の西側にある公衆トイレにはショッピングバッグがあり、その床面とトイレの入り口、お堀への通路、お堀の橋には血痕や遺体を引きずった形跡が残されていた。

ショッピングバッグや財布などには物色した形跡はなく、遺体にもいたずらされた形跡は無かった。

ショッピングバッグの中に入っていた洋服の仕立て直しの注文書により、徳島市に住む家事手伝いをしていた女性(当時22歳)だと判明した。

 

その後の捜査で、被害女性は何者かに公衆トイレで出刃包丁で襲われた後、公衆トイレから引きずられ、お堀に投げ捨てられたと見られている。

しかし、切りつけられた形跡はあるものの、死因は溺死だった。

 

女性は17日の午後6時頃、「ちょっと買い物に行く」と家族に言い、家を出ていた。

そして、徳島駅前で衣類や本などを購入し、現場近くの喫茶店で午後7時過ぎから午後9時頃まで過ごしていた事が分かっている。

その後、徳島公園の公衆トイレで事件に巻き込まれた可能性がある。

 

その後も捜査は続いたが犯人特定には至らず、1995年3月17日、公訴時効が成立し、未解決事件となった。

 

「捜査状況」

・お堀から発見された出刃包丁には使い古した跡があった。

 

・女性が身につけていた腕時計が午後10時52分を指して止まっていた。

この腕時計は無防水で、水に浸かると20~30分で止まる時計だった事から、犯行時間は午後9時から午後10時30分頃だと見られている。

 

・女子中学生の3人組が午後11時頃、現場のトイレを利用している。

その時トイレに少量の血痕があったため、別のトイレに入り直している。

その際、被害女性や犯人は目撃していない。

 

・午後11時前、会社員の男性が男と立ち話をしている女性を目撃している。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です