【未解決事件】東大井5丁目貴金属店店主強盗殺人事件

【東大井5丁目貴金属店店主強盗殺人事件】

 

東大井5丁目貴金属店店主強盗殺人事件は、1998年(平成10年)に東京都品川区で発生した強盗殺人事件である。

1998年9月7日午前10時15分頃、東京都品川区東大井5丁目にある開店準備中のディスカウントショップに刃物を持った3人組の男が押し入り、店主の男性(当時51歳)が刃物で刺される事件が発生した。

騒ぎに気付いた近隣住民が店に近付いた時、逃走する3人組の1人に刃物で刺され、店内でも店主が刺されているのに気付き、この住民が警察に通報した。

店主の男性はその後、病院に搬送されたが、収容先の病院で死亡が確認された。

 

現場は、JR京浜東北線と東急大井町線のターミナル大井町駅東口、すずらん通り商店街の一角にある貴金属店「ディスカウントショップ有限会社アライ」で、隣には当時、パチンコ店「ニューワールド」があった。

犯人たちは開店準備中の店に押し入り、指輪などの貴金属を奪おうとしたと見られ、店から飛び出した後、商店街の路地を抜けゼームス坂通りに出て、刃物を持ったまま逃走したが、その後の足取りは分かっていない。

店主の男性は、2人の子供を持つ良い父親だった。

未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、大井警察署はこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

大井警察署

電話:03-3778-0110(代表)

 

「犯人の特徴と遺留品」

犯人の特徴

・1人目:25~30歳くらいで身長が170~175cmくらいの男。

・2人目:25~30歳くらいで身長が170~175cmくらいの男で、刈り上げ頭、くさり付の黒色ポシェット風のものを付けていた。

・3人目:20~25歳くらいで身長が165~170cmくらいの男で、デニム長袖シャツ、チノパン風の薄茶色のズボン

東大井5丁目貴金属店店主強盗殺人事件の犯人のイメージ画像
出典:大井警察署

 

犯人の遺留品

事件当日は雨が降っており、犯人たちは白っぽい婦人用傘と黒い紳士用傘を差し、犯行後、雨の中傘を置き去りにして逃走した。

また、犯人たちは持っていた鞄も現場に残していった。

東大井5丁目貴金属店店主強盗殺人事件の犯人が現場に残していった傘の画像
出典:大井警察署
東大井5丁目貴金属店店主強盗殺人事件の犯人が現場に残していった鞄の画像
出典:大井警察署

鞄の大きさは、縦42cm、横30cm、幅10cm。

 

「現場の地図」

東大井5丁目貴金属店店主強盗殺人事件の現場の地図
出典:大井警察署

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です