【未解決事件】仁保事件 山口市で発生した重大冤罪事件

【仁保事件】

 

仁保事件(にほじけん)は、1954年(昭和29年)に山口県山口市で発生した殺人事件である。

1954年10月26日午前0時頃、山口県山口市仁保中郷にある国鉄(現在のJR西日本)山口線仁保駅から、北東に約2km行った山あいの中腹で農業を営んでいた一家が、就寝中に襲われ殺害された。

殺害されたのは、農業を営む男性(当時49歳)とその妻(当時42歳)、母親(当時77歳)、三男(当時15歳)、四男(当時13歳)、五男(当時11歳)の6人。

6人は、襖で隔てられた3つの部屋で布団に入って寝ていたところを何者かに頭部や顔面を鈍器で殴打されたり、頸部と胸部を鋭利な刃物で刺されたりされ、布団の上で血まみれになって死亡していた。

後の捜査で頭部を鍬で割り、頚動脈を切り心臓を刺すというような執拗な殺害方法である事が分かった。

この一家は裕福な一家で、近隣に8反もの農地と山林を所有しており、女性関係も派手だったという。

事件が発覚したのは26日の午前7時頃で、この一家の家はいつも雨戸を開けていたが、この日は開いていなかった。

それを不審に思った隣に住む主婦が、家の中を覗きに行ったところ6人の遺体を発見し、警察に通報した。

 

山口県警は当初、怨恨と物盗りの両方を想定して捜査を進め、現場近辺の前科者約160人を容疑者としてリストアップし、一人一人しらみ潰しに当たっていった。

そして、怨恨の疑いで隣の家に住む男性を逮捕したが、証拠不十分で23日間の勾留で釈放した。

その後、山口県警はリストを徹底的に洗い直し、当時37歳だった男が新たな容疑者として浮上した。

しかし、この男はリストから消去法で選ばれただけで、確固たる証拠がある訳ではなかった。

この男は、事件発生の1年半前から郷里を出奔していた事からリストから外されていた男だった。

山口県警はこの男を、以前友人と2人で商店に侵入した窃盗未遂容疑で全国に指名手配した。

窃盗未遂容疑で全国に指名手配するのは、当時としては異例の事だった。

そして、1955年10月19日、大阪市天王寺区の天王寺駅で、住居侵入の容疑でこの男を逮捕し、翌20日に山口警察署に移送した。

 

1955年10月31日、この男は仁保事件とは別の窃盗未遂事件で起訴され、12月10日には別件のマンホールの蓋の窃盗の罪状で起訴された。

男は、ひいきにしていた弁護士の弁護を要求したが、警察が取り合わなかった事で男は弁護士が付かないまま、取り調べを受ける事となった。

同年11月2日、仁保事件の取り調べが始まったが、確固たる証拠のない状態での取り調べだった。

男はアリバイを主張し、犯行の関与を否定した。

その後、男の供述は自供したりしなかったりと迷走し、自供が最終的な形になったのは検察の取り調べが行われる1956年3月22日の事だった。

1956年2月1日、男は山口拘置所に移管され、同年3月23日には男を連れて現場検証が行われた。

そして、同年3月30日に起訴の運びとなった。

 

「裁判」

1956年3月30日、男を山口地方裁判所に起訴した。

同年5月2日には山口地裁で初公判が行われ、男は取り調べ時とはうってかわって犯行を全面否定した。

1962年6月15日、山口地裁は検察に対する自供の任意性は認めたものの、「警察の取調べでの拷問の事実は否定したものの被告の自供には無理がある」とし、男に死刑判決を下したが、男は広島高等裁判所に控訴した。

1968年2月14日、広島高裁は控訴を棄却し、山口地裁の第1審の死刑判決を支持した。

1970年7月31日、最高裁判所は自供の任意性への判断は保留したが、自供の変遷に対して少なからず信用できない点があるとし、第2審の判決を破棄し広島高裁へ差し戻した。

また、弁護側は最高裁で、現場には最低でも3人分の足跡があり、創傷を分析すると鍬・出刃包丁以外の凶器が使用されているという2点から、男の無罪を主張した。

そして、同年9月22日、男の釈放が決定した。

1972年12月14日、広島高裁は別件のマンホールの蓋の窃盗で懲役6ヶ月の判決を下したが、仁保事件での殺人に対しては無罪判決を下した。

そして、同年12月27日、検察は上告を断念し、男の殺人に対する無罪が確定し、事実上、未解決事件となったが、この事件は重大な冤罪事件でもある。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です