【時効成立】須玉町デパート女性店員殺人事件

【須玉町デパート女性店員殺人事件】

 

須玉町デパート女性店員殺人事件は、1982年(昭和57年)に山梨県須玉町で発生した殺人事件である。

1982年2月18日、山梨県昭和町西条に住んでいたデパート店員の角野智子さん(当時22歳)が突如行方不明になった。

角野さんはこの日、甲府市内にある勤務先のデパートから退社後、同僚の女性と一緒に甲府駅バスターミナルに向かい、午後6時30分発の鰍沢行きのバスに乗った。

国母小学校前のバス停で同僚の女性が先にバスから降りて以降、角野さんの行方が分からなくなった。

そして、行方不明になってから約5ヶ月後の7月24日、山梨県須玉町(現在の北杜市)上津金にある大門ダムの建設中現場の廃土置き場から白骨化した角野さんの遺体が発見された。

角野さんは全裸で埋められており、遺留品の衣類やバッグなどは現場周辺から発見されなかった。

死因は特定できなかったが、死亡推定時期は行方不明になった時期と一致した。

山梨県警は殺人事件として捜査したが、物証や目撃情報などはなく、交友関係や仕事上のトラブルなどもなかったため、捜査は難航した。

そして、1997年2月18日、公訴時効が成立し、未解決事件となった。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です