【未解決事件】茂原市町保で発生した宮司殺人事件

【茂原市町保宮司殺人事件】

 

茂原市町保宮司殺人事件は、1999年(平成11年)に千葉県茂原市で発生した殺人事件である。

1999年8月2日午前8時頃、千葉県茂原市町保6番(ちばけん もばらし まちぼ)にある金刀比羅神社・金刀比羅本教茂原教会所の駐車場の草むらで、同神社の宮司・鵜沢秀胤さん(当時56歳)が死亡しているのが発見された。

発見したのは長生消防本部職員をしていた鵜沢さんの弟の良さん(当時52歳)で、良さんが出勤途中に血を流してうつ伏せで倒れている鵜沢さんを見つけ、110番通報した。

司法解剖の結果、死因は背中を刺された事による失血死と判明した。

茂原署の調べによると、鵜沢さんは外出用のグレーの縦じまの甚平姿だった事から、帰宅直前に被害に遭ったと見られる。

遺体の近くには自転車と白いサンダル、タバコやライターなどが入った黒い小さなセカンドバッグが落ちていた。

セカンドバッグの中には現金がなく、ズボンのポケットの中に220円の小銭が残されていただけだった。

凶器は発見されていない。

 

事件前日の1日午後6時過ぎ、鵜沢さんは次女(当時25歳)に「仲間の集まりに行く」と言い残して自転車で外出し、JR茂原駅前にある居酒屋で知人16人との飲み会に参加していた。

そして、同日午後8時頃、鵜沢さんは1人で居酒屋を出て近くのフィリピンパブに行き、カラオケなどをしていた。

その後、2日午前1時頃まで飲み、ポケットから2万円を出して代金1万8,500円を支払い店を出て、帰宅したところを襲われたと見られる。

フィリピンパブを出てから、遺体が発見された午前8時頃までの足取りは分かっていない。

 

鵜沢さんは、事件の12年前に妻に先立たれ、長女(当時27歳)と次女の3人で暮らしていた。

神社は戦前に創建され、鵜沢さんは父の跡を継いだ2代目で、1970年に宗教法人を設立した。

鵜沢さんは、1993年に自宅脇の敷地が市道用用地として買収され、約4億2,000万円の売却益を得ており、被害に遭う前年にも自宅周辺の土地を売却して大きな利益を得ている。

近所の住民によると、鵜沢さんは、普段から数十万単位の現金を持ち歩いていたという。

フィリピンパブの女性には「たくさんのお金があるから貸しているんだ。」と話していたようで、知人にも「100万円単位で金を貸すので、いつでも言ってくれ。」と話していたという。

鵜沢さんは、事件前年の8月24日午前1時10分頃にも、外国人のいるスナックでカラオケを楽しんだ後、自宅前で襲われ、現金30万円や印鑑の入ったポシェットなどを奪われている。

同署は、金銭トラブルによる犯行と見て捜査を続けているが、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、この事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

茂原警察署

電話:0475-22-0110

 

「現場の地図」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です