【未解決事件】謎が多い名古屋市西区主婦殺害事件

【名古屋市西区主婦殺害事件】

 

名古屋市西区主婦殺害事件は、1999年(平成11年)に愛知県名古屋市で発生した殺人事件である。

1999年11月13日午後2時30分頃、愛知県名古屋市西区稲生町のアパートに住んでいた主婦の高羽奈美子(たかば なみこ)さん(当時32歳)が、自宅で死亡しているのが発見された。

発見したのはアパートの大家とその妻で、奈美子さんは刃物で首を何度も刺されて殺害されていた。

大家が発見した時点で、既に死後2~3時間は経過していたと見られている。

犯行時、奈美子さんの近くには2歳になる長男の航平くんがおり、奈美子さんは航平くんの目の前で殺害された。

午前11時過ぎ、奈美子さんは航平くんと共に病院に出掛けており、その後、帰宅した後に殺害されたと見られている。

犯人は、航平くんには危害を加えておらず、室内に物色された形跡や盗まれた物も無かった。

玄関には、犯人のものと見られる血痕と足跡が残されており、現場からは指紋やDNAも次々と採取された。

 

奈美子さんは、不動産会社に勤める夫の悟さんと長男の航平くんと3人で暮らしていた。

当時、奈美子さんは悟さんに新車を買ってもらったばかりで、近々、新築のマンションに転居するのを楽しみにしていたという。

周囲には「怖いくらい幸せ」と語るなど、殺人事件の被害者になる要素は見当たらなかった。

奈美子さんは普段から用心深く、家に誰か来た場合は、必ず誰なのかを確認してからドアを開けていたという。

そんな彼女が、なぜ自宅で殺害されたのだろうか。

 

事件発生の夜、愛知県警は警察犬を使い、犯人の血痕を追っていた。

しかし、この血痕を一部の報道機関が追い始めたため、捜査を一時中断した。

すると、その夜に雨が降った事で血痕が消えてしまい、犯人を追う事が出来なくなってしまったようだ。

未だ犯人は逮捕されておらず、犯人に結び付くような有力な情報も得られていない。

西警察署は、この事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

西警察署 刑事課

電話:052ー531ー0110(代表)

内線:332

 

「事件当日の経過と空白の2時間」

・午前9時頃

13日は土曜日だったが、悟さんは土曜日も毎週出勤していたため、午前9時頃、家を出た。

この時、奈美子さんはママ友と電話をしており、「これから航ちゃんを病院に連れて行くところ」などと話していた事から、悟さんは奈美子さんが前日から体調を崩して熱が上がっていた航平くんを、これから病院に連れて行くものだと思っていた。

 

・午前9時30分頃

宅配便業者が荷物を届けに奈美子さん宅を訪れたが、不在だったため荷物を持ち帰っている。

 

・午前10時20分頃

ママ友が奈美子さん宅に電話を掛けたが、誰も出なかった。

ママ友は、午前9時に奈美子さんが「病院に行く」と言っていたため、まだ病院から帰ってきていないのだと思った。

 

・午前10時40分頃

ママ友は再び奈美子さん宅に電話を掛けたが、応答はなかった。

ママ友は、病院が混んでいるのだと思ったという。

しかし、実際に奈美子さんが病院を訪れたのは、午前11時10分頃だった。

午前9時から病院を訪れるまでの約2時間、奈美子さんがどこで何をしていたのかは分かっていない。

 

・午前11時40分頃

奈美子さんと航平くんが帰宅した(航平くんのかかりつけの病院は、自宅から自転車で5分ほどの距離にあった)。

この時、同じアパートに住む住人が奈美子さんを見かけたが、挨拶もなく部屋に向かったという。

これが最後の目撃証言となった。

 

・午後2時30分頃

隣に住むアパートの大家の妻が、自宅で採れた柿を奈美子さん宅におすそ分けに持ってきた。

しかし、チャイムを鳴らしても応答がなかった。

ドアにカギが掛かっていなかったため、大家の妻がドアを開けると、上半身が血まみれになって倒れている奈美子さんを発見し、妻の叫び声を聞いた大家もそこに駆け付けた。

この時、航平くんはキッチンでおとなしく座っており、大家が保護した。

連絡を受けた悟さんは、15分後に帰宅した。

この時、キッチンのテーブルの上に見慣れない乳酸飲料があったため、悟さんは違和感を覚えたという。

玄関の床には血以外にも白い液体がこぼれており、後の捜査で、こぼれた白い液体はキッチンのテーブルの上にあった乳酸飲料と同一成分である事が分かった。

 

「目撃情報など」

・午前9時頃に悟さんが出勤した後、午前中に奈美子さん宅で人が争うような大きな物音を近所の住人が聞いている。

 

・正午頃まで近所の住人が外で車の手入れをしていたが、その間、不審者などは見ていない。

 

・正午から午後1時の間、車の手入れをしていた住人とは別の住人が、奈美子さん宅からタンスを動かすような大きな物音を聞いている。

また、その直後に階段を駆け下りる音を聞いている。

 

・午後0時30分から午後2時頃までの間に、奈美子さんの友人が奈美子さん宅に3回電話を掛けているが、いずれも応答はなかった。

 

「犯人の情報」

現場に残された足跡や血痕から分かる犯人の特徴は以下のようになっている。

 

・当時40~55歳くらいの女で、血液型はB型で身長は160cmくらいと見られている。

髪型は肩まで伸びた黒髪で、パーマが伸びたような感じ。

 

・犯人は犯行時、かかとの高い韓国製の婦人靴を履いていたと見られ、サイズは24cm。

 

・奈美子さん宅の洗面所と稲生公園手洗い場付近に、犯人が手を洗った形跡がある事から、犯行時に奈美子さんと揉み合いになり、左右いずれかの手にケガをしていると見られる。

犯人は犯行後、しばらく周辺の様子を伺った後に、稲生公園近くに走って逃げたと見られている。

 

・奈美子さん宅には飲みかけの乳酸飲料があったが、奈美子さんの家族にはこの残されていた乳酸飲料を飲む習慣がない事から、犯人が持ち込んで飲んだ可能性が高い。

奈美子さん宅の周辺では、この乳酸飲料は配達・販売されておらず、奈美子さん宅から約35kmも離れた西三河地区で販売されている物だった。

しかし、犯人と見られる女が西三河地区に関係があるかどうかは分かっていない。

 

「犯人のイメージ画像と靴の画像」

名古屋市西区主婦殺害事件の犯人のイメージ画像
出典:西警察署
名古屋市西区主婦殺害事件の犯人が履いていたと思われる靴の画像
出典:西警察署

 

「現場の地図」

名古屋市西区主婦殺害事件の現場の地図
出典:西警察署

 

地図中の赤線は、犯人の逃走経路を示している。

 

「奈美子さんの情報」

高羽奈美子さん
引用:最強FBI緊急捜査SP

 

・名前:高羽奈美子(たかば なみこ)さん

・当時の年齢:32歳

・住所:愛知県名古屋市西区稲生町

 

奈美子さんは、写真を撮るのが好きだったという。

夫の悟さんは、今も事件のあったアパートを借り続けており、当時の状況のまま残しているようだ。

悟さんと成長した航平くんは、事件発生の日にビラを配り、これまで情報提供を呼び掛けてきた。

しかし、ここまで犯人像が絞られているにも関わらず、未だ犯人は逮捕されていない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です