【未解決事件】新潟市タクシー強盗殺人事件 料金精算時に襲われた?

【新潟市タクシー強盗殺人事件】

 

新潟市タクシー強盗殺人事件は、2009年(平成21年)に新潟県新潟市で発生した強盗殺人事件である。

2009年11月2日午前1時30分頃、新潟県新潟市東区空港西一丁目の路上に停車しているタクシーの車内から運転手をしていた阿部次男さん(当時63歳)の遺体が発見された。

阿部さんは刃物で胸などを刺され上半身から血を流し、運転席のシートにもたれ掛かるように倒れていた。

新潟東警察署(現在の新潟警察署)は、料金メーターなどの状況から阿部さんは料金精算時に襲われたと見ている。

また、タクシー内にあった売上金は無くなっていた。

警察は、JR新潟駅からこのタクシーに乗った最後の客と見られる男の行方を追っている。

 

1日午後10時40分過ぎ、阿部さんがJR新潟駅南口で客を乗せ、そこから約6km離れた場所に向かった事が分かっている。

そして、午後11時前にタクシーの支払いボタンが押されているが、阿部さんはこの時刻とほぼ同時刻に殺害されたと見られている。

警察がJR新潟駅周辺の防犯カメラを調べた結果、最後の客と見られる男以外に阿部さんのタクシーに乗った可能性のある人物はいない。

未だ犯人は逮捕されておらず、新潟県警はこの最後の客の映像を公開し、情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

新潟東警察署

025-279-0110

0120-39-1105(フリーダイヤル)

 

「新潟県警が公開している画像と最後の客の特徴」

新潟市タクシー強盗殺人事件のチラシ
出典:新潟県警察

 

最後の客の特徴

・身長:165cmくらい

・体型など:痩せ型、小顔

・当時の服装など:黒っぽい長袖の服、縦に白い線が入った黒っぽいジャージ、サンダル、手には透明のビニール傘と黒っぽい袋を持っていた

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です