認知症のうちの大部分を占める三大認知症とは?

認知症には、三大認知症と呼ばれる「アルツハイマー型認知症」、「レビー小体型認知症」、「血管性認知症」の3つの認知症がある。

「アルツハイマー型認知症」は認知症全体の約半数を占め、続いて多いのが「レビー小体型認知症」、「血管性認知症」となっている。

この3つの認知症は、認知症全体の85%を占めている。

 


【アルツハイマー型認知症とは?】

 

「アルツハイマー型認知症」は、全ての認知症の約半数を占める認知症で、新しい事を記憶できない、思い出せない、時間や場所が分からなくなるなどの記憶障害から始まる場合が多い。

記憶障害以外の主な症状は、段取りが立てられない、気候に合った服が選べない、薬の管理が出来ないなど、今まで出来ていた事が少しずつ出来なくなっていく。

 

「原因」

「ベータタンパク」や「タウタンパク」という異常なタンパク質が脳に溜まる事で、神経細胞が死んでしまい、脳が萎縮してしまう。

記憶を担う大脳辺縁系の一部である海馬(かいば)という部分から萎縮が始まり、だんだん脳全体に広がっていく。

最初は物忘れから始まり、年単位で緩やかに進行していく。

 


【レビー小体型認知症とは?】

 

「レビー小体型認知症」は、「アルツハイマー型認知症」の次に多い認知症で、幻視や寝ている間に怒鳴ったり、奇声をあげたりするなどの異常言動、筋肉のこわばり(パーキンソン症状)などを伴う。

 

「原因」

脳の神経細胞の中に「レビー小体」と呼ばれる異常なタンパク質の塊が見られ、「レビー小体」が大脳に広く現れると、その結果、認知症になる。

時間帯や日によって認知機能が変動するが、次第に認知機能は低下していく。

 


【血管性認知症とは?】

 

「血管性認知症」は、脳梗塞や脳出血、脳動脈硬化などにより発症する認知症で、脳の場所や障害の程度によって症状が異なる。

そのため、出来る事と出来ない事が比較的ハッキリと別れている事が多く、手足の麻痺などの神経症状が起きる事もある。

また、「アルツハイマー型認知症」に比べ、早いうちから歩行障害も出やすくなる。

 

「原因」

脳梗塞や脳出血などで脳血管に障害が起きると、その周りの神経細胞がダメージを受ける。

脳梗塞や脳出血の後、急激に発症し、その後も脳梗塞や脳出血に伴い、症状が階段状に進行していく。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です