【未解決事件】西尾市鵜ケ池町死体遺棄事件 身元は中国籍女性か

【西尾市鵜ケ池町死体遺棄事件】

 

西尾市鵜ケ池町死体遺棄事件は、2019年(令和元年)に愛知県西尾市で発生した死体遺棄事件である。

2019年10月2日午後1時50分頃、愛知県西尾市鵜ケ池町(あいちけん にしおし うがいけちょう)にある矢作古川(やはぎふるかわ)の河川敷で草刈りをしていた作業員の男性(当時78歳)から、「異臭がするスーツケースを見つけた。」と110番通報があった。

駆け付けた警察官がスーツケースを確認したところ、中から白骨化した遺体が発見され、愛知県警は死体遺棄事件として捜査を開始した。

発見時、スーツケースにはカギが掛かっており、開かない状態だった。

同県警によると、遺体は服を着た状態で発見され、成人と見られるが、年齢や性別は不明だという。

 

現場は、名鉄西尾線福地駅から東に約2kmのところにある矢作古川の河川敷で、周辺には住宅と田畑が混在している。

スーツケースは、土手上の車道から約10m下の法面(のりめん)の草むらで発見された。

近くで釣りをしていた中年の男性は、「昨日も来たが、異変には気付かなかった。こんな静かなところで事件が起きるなんて。」と驚いた様子だった。

近くに住む男性は、「物騒な事件。早く(真相が)明らかになってほしい。」と困惑した表情で話していた。

 

遺体発見から数日後、スーツケースの中から中国籍の女性(当時37歳)の身分証が見つかっていた事が明らかになった。

この身分証の女性は、2019年6月に来日し、東京の池袋周辺に滞在した後、7月から行方が分からなくなっており、8月に女性の弟が東京都内の警察署に行方不明者届を提出していた。

弟は遺体の身元について「恐らく私の姉だと思う。頭が混乱している。本当に悲しい。」と話していた。

西尾署は、遺体がこの身分証の女性の可能性が高いと見て、身元確認を進めると共に、女性が何らかのトラブルに巻き込まれたと見て、捜査を続けている。

しかし、未だ犯人に結び付くような有力な情報は得られておらず、被害女性やこの事件に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

西尾警察署

フリーダイヤル:0120-110-443

 

「現場付近の地図」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です