【未解決事件】沖縄市警官2名射殺事件 犯人1人は現在も逃亡中

【沖縄市警官2名射殺事件】

 

沖縄市警官2名射殺事件は、1990年(平成2年)に沖縄県沖縄市で発生した射殺事件である。

1990年11月23日午後11時過ぎ、沖縄県沖縄市で暴力団抗争を警戒していた警察官2人が、暴力団員と見られる2人組の男に射殺された。

射殺されたのは、沖縄署防犯少年課主任の比嘉正雄巡査部長(当時43歳)と同課勤務の拝根正吉巡査(当時42歳)の2人。

事件当時、比嘉巡査部長はパトカーの運転席、拝根巡査は助手席に乗っていた。

2人とも至近距離から拳銃で撃たれ、比嘉巡査部長は胸、首、顔面に3発、拝根巡査は左こめかみに1発銃弾を受け、ほぼ即死状態だった。

また、事件を目撃した主婦(当時49歳)も左足を撃たれて重傷を負ったが、命に別条はなかった。

更に、この事件の前日には、アルバイト中の高校生が組員と間違えられて射殺される事件も発生していた。

 

2人の警察官を射殺した2人組の暴力団員は、三代目旭琉会錦一家組員の座間味秀雄容疑者と同会幹部の又吉建男容疑者で、2人は対立する組員の殺害を計画していた。

そして、私服姿で職務質問してきた比嘉巡査部長と拝根巡査を組員と間違えて射殺してしまった。

座間味容疑者は、事件翌月の12月12日に沖縄県内で逮捕されたが、又吉容疑者は現在も逮捕されていない。

本来ならば時効が成立している事件だが、「共犯者の裁判中は時効の進行が停止する」という刑事訴訟上の規定により、又吉容疑者の時効は2015年2月まで延長され、2010年4月の法改正により時効廃止となった。

 

又吉容疑者は、逃亡中の2000年10月に腰の痛みを訴え、暴力団関係者と共に京都市伏見区内の病院を訪れ検査を受けている。

そして、検査の結果、脊髄に腫瘍の転移巣が見られたため、早期入院を勧められたようだ。

この時、病院に付き添った暴力団幹部は犯人隠匿罪で逮捕されている。

一部では、又吉容疑者の死亡説も取り沙汰されているが、真偽は定かでない。

 

2002年3月、射殺された警察官2人の遺族ら10人が、実行犯の暴力団組員とその使用者の暴力団最高幹部ら4人に対し、約4億4千万円の慰謝料などを求めた。

そして、那覇地裁沖縄支部は、被告側に3億2千万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

又吉容疑者の行方は現在も分かっておらず、沖縄警察署は又吉容疑者に関する情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

沖縄警察署

電話:098-932-0110

 

「事件のチラシと又吉容疑者の情報」

事件のチラシ

沖縄市警官2名射殺事件のチラシ
出典:沖縄警察署

 

又吉容疑者の情報

・名前:又吉建男(またよし たけお)

・生年月日:1949年(昭和24年)10月13日

・当時の年齢:41歳

・身長:172cmくらい

・顔の特徴:下画像のように顔の3ヶ所にホクロがある

又吉建男
出典:沖縄警察署

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です