【未解決事件】大阪市西成区飲食店店主殺人事件 計画的犯行か

【大阪市西成区飲食店店主殺人事件】

 

大阪市西成区飲食店店主殺人事件は、2012年(平成24年)に大阪府大阪市で発生した殺人事件である。

2012年4月23日午前5時45分頃、大阪府大阪市西成区萩之茶屋3丁目3番24号所在のうどん店「うどん・そば大国屋」で、店主の奥川信一さん(当時51歳)が血を流して倒れているのが発見された。

発見したのは食材を配達した60代の男性で、発見時、奥川さんは調理台にもたれ掛かるような格好で仰向けに倒れていた。

奥川さんは、左胸を2ヶ所、背中を1ヶ所刺されていた他、左手の親指も切断されていた。

その後、病院に搬送されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

凶器の刃物は発見されていない。

奥川さんは、1人で店を経営しており、事件当時は1階のシャッターは閉まっていたという。

 

午前4時50分頃、散歩をしていた住民が店の前で奥川さんとやり取りしていた中年くらいの男を目撃しており、約10分後には店の中から物音や悲鳴のような声を聞いている。

その後、男が店から出てきて自転車で走り去ったという。

男は午前4時20分頃、自転車で店を訪れたが、一旦店を離れている。

そして、午前4時47分頃、奥川さんが阿倍野区阪南町にある自宅から店に出勤した約1分後に店に入っている。

この男の様子は、付近の防犯カメラにも映っていた。

また、別の不審な男が十字路のところで奥川さんを待ち伏せし、奥川さんが来たところを話しかけ、奥川さんが店に入った瞬間に後ろからついて行ったという話もあるようだ。

現場は、昼間は人通りの多い繁華街だが、大阪市西成区は治安の悪い場所だと言われている。

当初は物取りによる犯行と見られたが、犯行に計画性がある事から、怨恨の可能性もあると見られている。

未だ犯人は逮捕されておらず、犯人に結び付くような有力な情報も得られていない。

西成警察署は、防犯カメラに映っていた犯人の男の画像を公開し、情報提供を呼び掛けている。

<連絡先>

大阪府 西成警察署 刑事課強行犯係

電話:06-6648-1234(内線341)

 

「犯人の情報」

犯人の画像

大阪市西成区飲食店店主殺人事件の犯人画像1
出典:西成警察署
大阪市西成区飲食店店主殺人事件の犯人画像2
出典:西成警察署
大阪市西成区飲食店店主殺人事件の犯人画像3
出典:西成警察署
大阪市西成区飲食店店主殺人事件の犯人画像4
出典:西成警察署

 

犯人の特徴

・当時の年齢:30~50歳くらい

・身長:165~170cmくらい

・体格:中肉

・当時の服装:黒っぽいフード付き上衣、黒色のニッカポッカ、ニット帽、白っぽい靴、白色のマスク、黒っぽいリュックサック

・犯人が乗っていた自転車:黒っぽい折りたたみ式の自転車(20インチくらい)

 

「現場の地図」

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です